相談

福祉制度・年金制度・施設利用・就労・就学といった、生活上の諸問題についてのご相談をお受けします。また、専門的な事柄については関係機関をご紹介します。

歩行指導

まずは、生活の場である自宅等において、壁や手すりを利用した屋内歩行を学びます。次に手引きによる歩行、自宅付近を一人で安全に歩くための白杖歩行を学びます。必要に応じて、バスや電車などの公共交通機関の利用、また、商店や病院など日常よく使う場所へ一人で安全に歩くための白杖歩行を学びます。

コミュニケーション指導

◆点字
点字は、縦3点・横2点の6つの点を指先で触って読みます。一人で読み書きできる視覚障害者のための文字です。読み書きの習得を目指します。
◆ワープロ
画面読み上げソフトや拡大ソフトを使い、文書作成のための技術を習得します。また、マウスを使わないでキーボードから操作する方法についても支援します。
◆手書き文字
文字が曲がったり重なったりするのを防ぐため補助具等を使用し、読みやすい文字を書くための技術を学びます。

日常生活指導

残存した視覚や、触覚・聴覚などの視覚以外の感覚を利用し、日常生活をおくるうえで必要な身辺管理(身だしなみ、整理整頓、金銭管理、電話の使用など)、家事管理(掃除、洗濯、調理、買物、裁縫など)に関する知識と技術について支援します。