情報支援機器コーディネーター養成講座は、主に視覚障害者に対する特別なニーズを支援する情報支援機器に精通したコーディネーターを養成します。

平成28年度の講座の募集案内・最新情報につきましては こちら でご案内いたします。

平成28年4月1日、船橋市において相談支援事業所「アイサポート」を開設しました。

「アイサポート」は視覚障害者特化型の相談支援事業所で、船橋市在住の視覚障害のある方を対象としています。

視覚障害に関する専門職員がご相談に応じますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

【指定特定相談支援事業所 アイサポート】

  • 住所 : 千葉県船橋市西習志野1-50-1 藤原ハイツ101
  • TEL・FAX : 047-462-3301
  • MAIL : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • 営業日 : 火曜日~金曜日 10:00~16:30 (土・日・月曜日、祝祭日、年末年始はお休みです。)
  • 利用対象 : 船橋市在住の視覚障害のある方

「ロービジョン(弱視)者のためのパソコン活用セミナー」ご案内

主催:視覚障害者総合支援センターちば

日時:2016年2月6日(土) 13:20~16:30(受付:12:50~)

会場:視覚障害者総合支援センターちば (千葉県四街道市四街道1-9-3)
   (JR四街道駅から徒歩5分)

定員:50名

参加費:2,000円

申込先・問合せ:視覚障害者総合支援センターちば内
TEL:043-424-2501 /e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
担当:御園(ミソノ)

【趣旨】

私ども視覚障害者総合支援センターちばは、このたび「ロービジョン(弱視)者
のためのパソコン活用セミナー」を開催いたすことになりました。本セミナーの
前半は、ロービジョン当事者の外部講師をお招きし、ロービジョン者に対する合
理的配慮をテーマに講演会を開催します。後半は、ロービジョンで事務的作業を
する際のIT機器の活用の仕方についてご紹介します。

つきましては、企業等の人事担当者様、教育機関等の進路指導担当者様、就労支
援施設の担当者様等、ぜひ関心を持っていただきご参加いただきますようお願い
申し上げます。

 

視覚障害者総合支援センターちば(以下、当センター)は、従来より情報提供施設として、点字や録音図書の製作を行っています。製作した図書は、点字冊子やカセットテープ・CDの形での貸出に加えて、視覚障害者情報総合ネットワーク・サピエを通して全国の視覚等の障害のある方へ提供しています。

サピエには、現在当センターで主に製作している点字・音声デイジーのほかに、マルチメディアデイジー・テキストデイジーのデータが登録され、利用者の需要も高まっています。また、テキストデータを求める利用者も増えています。
このたび、当センターでは、マルチメディアデイジーやテキストデイジーを製作するためのボランティアと、紙原本からテキストデータへ変換する(テキストデータ化)ボランティアを募集します。
パソコンが得意で何かボランティア活動をしてみたいという方に、ぜひご協力いただきたいです。これまで点訳・音訳に携わってこられた方も歓迎します。

5月11日はまず、製作の概要をご説明します。

その後のグループ作業は、今後、私たちと一緒に製作に携わっていただける方との今後の進め方のご相談をさせていただきます。

お申し込み・詳細リンク先:
申し込みページ

 当センター主催による「文化講演会」を次の日程で開催します。

講師には、元NHKチーフディレクターで、瞽女(ごぜ)や琵琶盲僧をテーマにした番組や、CD・DVD等を製作した、川野楠己(くすみ)氏をお招きします。また、講演に先立ち、点訳・音訳ボランティアの方へ感謝状の贈呈を行います。

日時:平成27年11月27日(金)午後1時30分~午後4時(午後1時より受付開始)
会場:視覚障害者総合支援センターちば 5階会議室
 (JR総武本線・成田線「四街道駅」下車、北口 徒歩5分)

講師: 川野 楠己氏
演題:「伝統文化を守った瞽女と琵琶盲僧」

内容:日本の古典音楽を現代に伝承してきたのは、各時代の視覚障害者たちの努力によるものです。
その間の先人たちの労苦を偲び、現代にまで大きな影響を残した、琵琶盲僧・瞽女の実態を解説します。
その他:盲導犬・介助犬使用の方、車いす使用の方、駅からセンターまで送迎の必要な方、
またその他の配慮が必要な方は、事前にお知らせください。
講演会についてのお問い合わせは、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお願いします。