以下、本文
1.所長より
暑中お見舞い申し上げます
所長 川崎 弘
 今年は梅雨が明ける前から暑い日が続いています。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。7月5日からの九州豪雨では多くの方が被災されました。謹んでお見舞い申し上げます。千葉県はここのところ幸い大きな災害に見舞われておりませんが、災害はいつ起きるかわかりません。地震や大雨をとめることはできませんが、日ごろの備えと過去の教訓で減災(災害を減らす)に努めたいものです。
 さて、最近、センター1階がにぎやかになりました。用具の販売・展示スペースを訪れる方が少しずつですが増えてきたようです。こんなものがほしいと貴重なご意見もいただいております。そのすべてにお応えはできていませんが、新たに仕入れを行い提供したものもございます。一例をあげますと音声体重計や音声電波時計などです。
取扱い説明書の点字版をサピエ図書館から取り寄せるなど情報提供部門総がかりで取り組んだ事例もありました。IT支援で取り組んでいるパソコン斡旋、設定サービスも、ソフトの販売は用具とのタイアップが不可欠です。日常生活用具はお住いの自治体へ申請することにより少ない自己負担金で手に入ります。白杖など補装具の取り扱いも増えてきました。センターへお越しの際は是非用具部門へお立ち寄りください。
 シナノケンシ社から発売予定のプレクストークPTR3(録音再生機)につきましては、
先月もお知らせしましたとおり不具合解消のため発売時期未定の連絡が入っております。ただ、利用者の皆様にさらにお待たせするわけにはいきませんので、PTN3(再生専用機)を含め7月3日(月)から用具担当にて予約受付を開始しております。各自治体への申請や見積書の発行はまだできませんが、購入希望の把握をさせていただき、時期がきましたらご案内ができる体制を整えたいと思いますのでよろしくご協力ください。
 これから夏本番を迎えます。この時期が皆様にとりまして有意義なものとなりますようお祈り申し上げます。
 職員一同これまで以上に皆様に利用していただける施設づくりを目指しますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
2.支援センターからのお知らせ
 
図書整理日および休館のお知らせ
 8月4日(金)は図書整理日のため、貸出業務を休止します。電話での受付も休止となります。なお、8月5日(土)は開館しておりますのでご利用ください。
 8月18日(金)は、職員研修・会議のため、13時から休館とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
 
 
プレクストークPTN3、PTR3予約受付について
 シナノケンシ株式会社から、7月31日に発売される新しいプレクストーク、
PTN3(再生専用機)の予約を受け付けしています。また、録音機能のあるPTR3は不具合解消のため、発売が延期されていますが、こちらも予約を受け付けします。各自治体への申請や見積書の発行は、まだできませんが、購入希望の把握をさせていただき、時期がきましたら、ご案内ができる体制を整えたいと思いますので、よろしくお願いします。
 ご予約・お問い合わせは 電話 043-424-2501 用具担当までお願いします。
 
 
補装具・日常生活用具に関する研修会について
日時:平成29年8月28日(月)13:30~15:30
講師(予定):
(1)厚生労働省 自立支援振興室 職員
(2)日本盲人会連合 役員・職員
会場:視覚障害者総合支援センターちば 5階
 JR総武本線・成田線 四街道駅下車 徒歩5分
日程:
 13:00~ 受付
 13:30~14:20 補装具費支給制度の適切な理解と運用について
 14:30~15:10 日常生活用具の支給に係る現状と運用について
 15:10~ 質疑応答
 15:30 閉会
※参加を希望する方は、平成29年8月17日(木)までに、
千視協事務所(電話 043-421-5199)にお申し込みください。
 
 
「わくワークちばてんフェスタ2017」について
 昨年度、好評をいただいた施設公開行事「わくワークちばてんフェスタ」を、今年度も開催します。
日程は10月27日(金)・28日(土)です。講演会、バリアフリー映画会、盲導犬歩行体験などを予定しています。詳細が決まりましたら、お知らせしますので、皆様のご予定に入れていただければ幸いです。
 
 
「千葉点字図書館利用案内 改訂版」のご案内
 「千葉点字図書館利用案内 改訂版」の点字版、一般CD版、墨字版が完成いたしました。ご希望の方には差し上げますので、貸出担当(TEL:043-424-2588)まで、ご連絡ください。
 
 
点字情報誌「点字日本」・音声情報誌「日盲連アワー」のご案内
 社会福祉法人日本盲人会連合発行の、点字情報誌「点字日本」と、音声情報誌「日盲連アワー」(音声デイジー版・カセットテープ版)の貸出ができます。
 内容は「日盲連及び加盟団体の活動状況」、「障害者関連の文化・スポーツ行事」、
「国内外の障害者福祉関係の最新情報」等が、掲載されています。貸出をご希望の方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)まで、ご連絡ください。
 
 
寄贈資料のご案内
 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
 ご希望の方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
・国立国会図書館関西館 図書館協力課 発行
 『国立国会図書館製作 録音図書目録2016』点字1冊・墨字1冊
・日本あん摩マッサージ指圧師会 発行
 『日本マッサージ新報(第82号)』点字1冊
・NTT西日本 発行
 『点字電話帳 京都府版(平成29年6月)』点字1冊
 『点字電話帳 京都市版(平成29年6月)』点字1冊
 『点字電話帳 奈良県版(平成29年5月)』点字1冊・墨字1冊
・千葉県文書館 発行  『千葉県文書館ミニ企画展リーフレット』点字・墨字併記1冊
次の資料は差し上げます。ただし、部数に限りがあります。
・内閣府政府広報室 発行
 『点字・大活字広報誌 ふれあいらしんばん(Vol.55)』1冊
 『明日への声(Vol.55)』一般CD1枚
 
 
3.新入図書の紹介
書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。
 (点字図書)
<一般書>
116 論理トレーニング101題 (野矢 茂樹 著)4冊 産業図書 2001年
〔生き生きした文章を問題として取り上げ、実践的な論理の力を鍛え上げることをめざす。〕
 
 
159*なぜあの人は余裕があるのか。――大人の佇まいを感じさせる人がしていること(中谷 彰宏 著)2冊 PHP研究所 2015年
〔信頼が厚く一目置かれる人に共通しているのが「大人の余裕」。
あくせくする毎日から抜け出して、余裕のある人になるための習慣とは。〕
 
 
210 自由民権運動――〈デモクラシー〉の夢と挫折(松沢 裕作 著)4冊 岩波書店
2016年
〔維新後、各地で生まれた民権結社。それはさまざまな理想と幻想が渦巻く
〈デモクラシー〉の拠点であった。明治政府を揺るがした未曾有の国民運動における
人びとの熱意と希望のゆくえを追い、その栄光と悲惨をえがく。〕
 
 
361*日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか(黄 文雄 著)3冊 徳間書店 2012年
〔絶対に謝らない中国人、韓国人のウリナラ起源自慢…。理解不能な中韓のメンタリティ・考え方に、日本人はどう対抗すべきか? 日中韓の根本的な違いを、歴史・文化・文明などの観点から徹底的に検証する。〕
 
 
369 視覚障害者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方に関する 調査研究事業――報告書(日本盲人会連合[編])2冊 日本盲人会連合 2017年
〔全国の機能訓練事業所の実態把握と、機能訓練事業所で視覚障害者への歩行訓練・生活訓練を広めていく可能性を検討する目的で、機能訓練事業所へのアンケート調査を行った結果等を収録。音声デイジーもあります。〕
 
 
369 白杖安全デー50周年記念誌 白杖安全デー50年のあゆみ――視覚障害者のよりよい 暮らしの実現を目指してKYO(京・今日)から未来(あす)へ
(第50回白杖安全デー実行委員会[編])1冊 [第50回白杖安全デー実行委員会]2017年
〔視覚障害者の移動環境に対する課題を、現在から過去にさかのぼって提示し、
先人から受け継いできた活動の記録をまとめる。音声デイジーもあります。〕
 
 
369 読み書きが困難な弱視(ロービジョン)者の支援の在り方に関する調査研究事業――報告書(日本盲人会連合[編])1冊 日本盲人会連合 2016年
〔読み書きに困難を抱えている、弱視(ロービジョン)者の現状と課題を把握し、
弱視(ロービジョン)者が真に求める支援や、必要な配慮について調査した結果等を収録。音声デイジーもあります。〕
 
 
393*日本は本当に戦争する国になるのか?(池上 彰 著)3冊 SBクリエイティブ
 2015年
〔「安保関連法」って、いったいなに?日本の防衛、憲法の扱いについて、改めて論点を整理し、今後どのように考えればいいのか、そのヒントを与える。〕
 
 
493*熱中症、脱水症に役立つ経口補水療法ハンドブック――脱水症状を改善する「飲む点滴」の活用法 改訂版(谷口 英喜 著)3冊 日本医療企画 2013年
〔経口補水療法の基礎から臨床現場における活用方法までを、具体的にわかりやすく解説。災害対策、経口補水液の作り方などの項をさらに充実させた改訂版〕
 
 
645*小さな命を守る法律、知っていますか?――『動物の愛護及び管理に関する法律』について(猫の手帖編集部 編集,青木 貢一 レポート)2冊 どうぶつ出版 2008年
〔平成11年と15年の2回にわたって改正された、「動物の愛護及び管理に関する法律」を掲載。また、どのような変遷を経て改正に至ったのかを詳細にレポートする。〕
 
 
796*将棋魔法陣――二上達也詰将棋作品集(二上 達也 著)6冊 日本将棋連盟 2015年
〔日本将棋連盟会長を、過去最長の14年にわたって務めた、二上達也九段の詰将棋作品集。〕
 
<文学書>
913*エクソダス症候群(宮内 悠介 著)4冊 東京創元社 2015年
〔亡くなった父親がかつて勤務した、火星で唯一の精神病院。青年医師カズキは、この過酷な開拓地の、薬もベッドもスタッフも不足した病院へ着任する。そして彼の帰郷と同時に、隠されていた不穏な歯車が動きはじめる。〕
 
 
913*岳――映画ノベライズ版(石塚 真一 原作,涌井 学 著)3冊 小学館 2011年
〔山の楽しさ、厳しさ、美しさを知り尽くした男・島崎。彼はいま日本アルプスで山岳救助ボランティアを続けていた。要救助者ありの連絡が入ると、すぐに現場にかけつけ、
事も無げに遭難者の命を救う。そこに北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの新人がやってくる。〕
 
 
913*神変――役小角絵巻(山本 兼一 著)7冊 中央公論新社 2011年
〔中央集権の国造りを着々と進める女帝・持統天皇と藤原不比等。この天と地は一体誰のものなのか?役小角は鬼神を操り強大な支配者に挑む!〕
 
 
(音声デイジー図書)
<一般書>
167*イスラームを学ぼう――実りある宗教間対話のために(塩尻 和子 著)(9:14)秋山書店 2007年
〔同時多発テロ以降、「ジハード」という言葉が独り歩きし、イスラームが歪曲されて流布されている。イスラーム社会と聖典クルアーンを虚心に学ぶことから、対話による平和的共存への第一歩を踏み出そうと呼びかける。〕
 
 
219*僕の島は戦場だった――封印された沖縄戦の記憶(佐野 眞一 著)(10:40)
 集英社インターナショナル 2013年
〔あの夏、沖縄で何が起きたのか?約20万人の戦死者を出した沖縄戦。当時子どもだった世代が、60余年の沈黙を破って“戦争”を語る〕
 
 
368*大人たちはなぜ、子どもの殺意に気づかなかったか?――ドキュメント・少年犯罪と 発達障害(草薙 厚子 著)(8:50)イースト・プレス 2010年
〔「殺意がないのに人を殺してしまう子どもたち」に、大人はどうすれば気づくことができるのか。その行動を未然に防ぐためには何が必要だったのか。実際に起こった事件を通して、子どもの心との向き合い方を探る。〕
 
 
369 白杖安全デー50周年記念誌 白杖安全デー50年のあゆみ――視覚障害者のよりよい暮らしの実現を目指してKYO(京・今日)から未来(あす)へ(第50回白杖安全デー実行委員会[編])(2:23)[第50回白杖安全デー実行委員会]2017年
〔視覚障害者の移動環境に対する課題を、現在から過去にさかのぼって提示し、
先人から受け継いできた活動の記録をまとめる。点字もあります。〕
 
 
369 視覚障害者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方に関する 調査研究事業――報告書(日本盲人会連合[編])(6:06)日本盲人会連合 2017年
〔全国の機能訓練事業所の実態把握と、機能訓練事業所で視覚障害者への歩行訓練・生活訓練を広めていく可能性を検討する目的で、機能訓練事業所へのアンケート調査を行った結果等を収録。点字もあります。〕
 
 
369 読み書きが困難な弱視(ロービジョン)者の支援の在り方に関する調査研究事業――報告書(3:28)日本盲人会連合 2016年
〔読み書きに困難を抱えている、弱視(ロービジョン)者の現状と課題を把握し、弱視(ロービジョン)者が真に求める支援や、必要な配慮について調査した結果等を収録。点字もあります。〕
 
 
766*オペラに連れてって!――お気楽極楽オペラ入門(許 光俊 著)(5:40)青弓社 1997年
〔オペラに興味があっても行ったことのない人、日常に飽きた人に贈る、最小の労力でオペラに通じる秘術を徹底紹介。〕
 
 
<文学書>
913*殺し屋刑事(デカ)(南 英男 著)(8:42)祥伝社 2016年
〔新宿署の百面鬼竜一は、管内の暴力団から金品をたかり、押収品の麻薬や銃を横流しする小悪党の刑事だった。だが、捜査で知り合い、関係を結んだ能塚亜由を拉致され、犯人に難民救援活動家の暗殺を命じられる。〕
 
 
913*殺し屋刑事(デカ) 女刺客(南 英男 著)(8:17)祥伝社 2016年
〔新宿署の悪徳刑事・百面鬼竜一は、歌舞伎町で偽の入管Gメンに追われる金髪娘を救った。ヤクザが入管を騙り不法滞在者から金を奪っていたのだ。事件を追うと、意外な仕掛人の名が。だが、仕掛人は女殺し屋に射殺される。〕
 
 
913 みかづき(森 絵都 著)(14:33)集英社 2016年
〔昭和36年。小学校用務員の吾郎は、勉強を教えていた児童の母親・千明に誘われ、
学習塾を立ち上げる。千明と結婚し、家族になった吾郎。塾も順調に成長するが、予期せぬ波瀾が2人を襲う。〕
 
 
914*四次元時計は狂わない――21世紀文明の逆説(立花 隆 著)(8:25)文藝春秋 2014年
〔世の中が前より一層よく見えるようになった――。がんを患いながらも、飽くなき好奇心で精力的な取材を続けるジャーナリスト・立花隆。震災後の日本について何を思うのか?〕
 
 
933*魔女の血族 上・下(デボラ・ハークネス 著,中西 和美 訳)上(14:51)・
 下(13:35)ヴィレッジブックス 2015年
〔16世紀ロンドンで、幻の写本の恐るべき秘密に触れたダイアナとマシュー。現代へ戻り愛する者の非業の死を知らされたふたりは、迫り来る戦いのため写本に隠されたクリーチャーの種の起源を読み解くべくDNA解析に着手する。〕
 
 
953*何度でも、おかえりを言おう(バルバラ・コンスタンティーヌ 著,堀内 久美子 訳)(7:09)ポプラ社 2015年
〔フランスの田舎を舞台に、平凡に暮らしながら、何かしら問題を抱えて行きづまった人たちが、ちょっとしたきっかけから一緒に暮らしはじめる姿を、ユーモアたっぷりに描く。〕
 
 
<児童書>
次の図書は、第63回青少年読書感想文全国コンクール課題図書です。
E すばこ(キム ファン 文,イ スンウォン 絵)(0:35)ほるぷ出版 2016年
〔森の木々がへっているなか、小鳥たちのいのちを守り、人々に楽しみを与えてくれる「すばこ」。もともとはドイツのある小鳥好きの男爵がはじめたものです――。すばこのはじまりと楽しみ方を描いた、美しいノンフィクション絵本。〕
 
 
E ばあばは、だいじょうぶ(楠 章子 作,いしい つとむ 絵)(0:39)童心社 2016年
〔つばさはばあばが大好き。逆上がりができなくても、計算問題が解けなくても、ばあばは「つばさは、だいじょうぶだよ」って言ってくれる。そんなばあばが、「わすれてしまう」病気になってしまい…。〕
 
 
E アランの歯はでっかいぞこわーいぞ(ジャーヴィス 作,青山 南 訳)(0:35)BL出版 2016年
〔アランはこわーいワニの一族。ジャングルのみんなはアランをこわがるけど、それはアランの努力のたまもの。うろこを磨き、爪をとがらせ、歯を1本につき、最低10分磨いて、ジャングルに出かけます。でもアランの歯は…。〕
 
 
E 耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ(ナンシー・チャーニン 文,
 ジェズ・ツヤ 絵,斉藤 洋 訳)(0:23)光村教育図書 2016年
〔ストライクなどの審判のジェスチャーやチーム内のサインを考案した、聴覚障がいをもつメジャーリーガー、ウィリアム・ホイの伝記。少年時代からメジャーリーグで活躍するまでを描く。〕
 
 
E 干したから…(森枝 卓士 写真・文)(0:53)フレーベル館 2016年
〔私たちのまわりには、干した食べものがたくさん。でも、どうして干すのでしょう?干すことで、何が変わるのでしょう? 世界中を歩いた著者が紹介する、ふしぎなふしぎな「干したもの」のおはなし。〕
 
 
J494 転んでも、大丈夫――ぼくが義足を作る理由(臼井 二美男 著)(3:39)ポプラ社 2016年
〔足を失い、心に傷を負った人々を、心身ともに支え続けている臼井二美男。患者のどんな願いにも真摯に向きあい、前向きに挑戦するよろこびを伝えつづけてきた著者が、人のいのち・生活を支える仕事のやりがいを語る。〕
 
 
J538 月はぼくらの宇宙港(佐伯 和人 作)(4:48)新日本出版社 2016年
〔人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。月探査計画SLIMなど、複数の将来月探査プロジェクトの立案に参加している理学博士が、最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介する。ミニ実験コーナーも収録。〕
 
 
J913 チキン! (いとう みく 作,こがしわ かおり 絵)(3:01)文研出版 2016年
〔トラブルをできるだけ避けて生きてきたぼく、日色拓。転校生の真中凛さんは気が強く、言いたいことをはっきり言うタイプで、他人につっかかってばかりなので、クラスで浮いてしまっている。関わりたくはないんだけれど…。〕
 
 
J913 くろねこのどん(岡野 かおる子 作,上路 ナオ子 絵)(2:54)理論社 2016年
〔えみちゃんが留守番している時、遊びに来るくろねこのどん。来たい時に来る、自由なねこと女の子の関係を描いた連作童話。1982~83年刊行の「あめの日のどん」「かぜの日のどん」など4冊をまとめて加筆し書籍化。〕
 
 
J913 なにがあってもずっといっしょ(くさの たき 作,つじむら あゆこ 絵)(0:25)
金の星社 2016年
〔オレはサスケ。イヌだ。サチコさんの家の庭に住んでいる。だが、ある日、サチコさんが帰ってこない。サチコさんを探しに出たオレに、いつも家の庭に来るネコが「サチコさんを信じて待てばいいじゃないか」と言い…。〕
 
 
J913 フラダン(古内 一絵 作)(6:23)小峰書店 2016年
〔女子率100%のフラダンス愛好会“アーヌエヌエ・オハナ”に集められた4人の男子高校生。その目的は男女混合によるフラガールズ甲子園出場だった! 震災から5年後の福島を舞台に描くとびきりの笑顔と涙の青春ストーリー。〕
 
 
J913 空にむかってともだち宣言(茂木 ちあき 作,ゆーち みえこ 絵)(1:37)国土社 2016年
〔あいりの家の隣に、ミャンマーから一家五人が引っ越してきた。その家の女の子・ナーミンは、あいりの同級生になった。あいりはすぐに仲良くなるが、給食のときにちょっとした事件が起きて…。〕
 
 
J933 ホイッパーウィル川の伝説(キャシー・アッペルト,アリスン・マギー 共著,
 吉井 知代子 訳)(5:42)あすなろ書房 2016年
〔もっと速く、もっともっと速く…! なぜシルヴィは、あんなに速く走ろうとしたの?
特別な絆で結ばれた二人の姉妹と子ギツネの魂が響きあうスピリチュアル・ファンタジー。〕
 
 
J933 霧のなかの白い犬(アン・ブース 著,杉田 七重 訳,橋 賢亀 絵)(5:43)
 あかね書房 2016年
〔真っ白いシェパードの子犬〈スノーウィ〉がやってきて、ジェシーは大喜び! けれど、子犬を飼った理由には、謎につつまれた祖母の過去が関係していて…。少女の悩みと戦争の歴史が交差する、深い悲しみと寛容を描いた物語。〕
以上
添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1708.doc)図書館だより1708.doc[ ]159 kB
このファイルをダウンロード(図書館だより1708.txt)図書館だより1708.txt[ ]18 kB