以下、本文
1.会長より
特別寄稿~お釈迦様その1~
会長 伊藤 和男
 「あなたの宗教は?」と問われて、答えられる日本人は少ない。
一般に、無宗教であることを力説する人が目立つ。しかし、お盆時の帰省やお彼岸の墓参りを見れば、決してそんな状況ではないことがよく分かる。私たち日本人は、生来空気のように仏教に親しんできている。最も本当の意味での帰依とはいえないのであろうが、宗派は色々あるにせよ、仏教にどっぷり浸かっていることは間違いない。そこで、彼岸の季節である今月号と次号において、仏教の立教者お釈迦様について、その生涯を簡単に紹介してみることにした。
 お釈迦様は、釈迦族出身の聖者の意で釈迦牟尼とも呼ばれ、また略して釈尊ともいわれる。更に仏教界では仏陀と呼ばれることも多い。生まれは、当時の釈迦族の中心地であったカピラヴァスツで、今のインドのネパール国境付近のタラーイ盆地といわれている。父は、この国の王でシュッドーダナ(浄飯王)(ジョウボンオウ)といい、母は、お妃のマーヤー(摩耶夫人)(まやぶにん)である。お釈迦様の出家前の名前は、姓を、
ゴータマ(最良の牛の意。インドでは、牛を神聖視し、しばしば姓に用いた。)、名を、シッダールタ(願いを成就した人の意。)といった。
 お釈迦様は、母マーヤーが出産のために実家へ帰る途中立ち寄った美しい果樹園「ルンビニー園」で生まれたとされるが、その際生まれたばかりのお釈迦様が、7歩歩いて右手で天を指し左手で地を指して、「天上天下唯我独尊」と言われたという逸話はあまりにも有名である。
現在、4月8日に花祭りとして、誕生を祝って釈迦仏像に甘茶をかける行事が伝わっているが、その伝説にちなんだものである。出産の状況が悪かったのか、母マーヤーはお釈迦様を生んだ後7日にして亡くなってしまった。
そのためお釈迦様はその後、その妹、マハープラジャーパティーに養育されることになり、16歳に成長してお妃、ヤショーダラーを迎えるまで、叔母の優しい愛情に包まれて成長していったのである。 幼少年期のシッダールタは、小さくとも1国の王子として何不自由のない生活を送っていた。しかし、彼の感受性は並外れて強く、小動物の生きるための殺し合いにも動揺してしまうという側面を見せていたようである。
そうした性格は、成長とともに明確になっていったが、出家の動機としてよくあげられている「4門出遊(シモンシュツユウ)」の説話にもそのことがよく現れている。
 ある日、シッダールタは彼の御者と共にお城の東門を出た。その折、出会った見るからに年老いてよぼよぼした老人について、御者に「あの人はどうしたのか?」と質問したが、御者から「誰も老いるとよぼよぼになること」を告げられて考え込み、遊び心も失せて城内に戻ったという。その後南門から出て病人に、また西門から出た際には死者を弔う葬列にそれぞれ出会って、人生における苦しみに気付きそれらを乗り越えるための修行の問題を考えるようになった。
最後に北門から出た際には、出家修行者に出会って、彼の修行への決意が固まったと仏典は伝えている。
 29歳になったシッダールタには一子ラーフラ(ラゴラ)が誕生する。生来瞑想しがちであったシッダールタは、この出来事を機に出家することを本格的に考え、ある日の深夜御者チャンダカを従え愛馬カンタカに乗って城を出た。
明け方国境に到着したシッダールタは、父王をはじめ、叔母やヤショーダラ妃に対してお別れを言付けると共に、身に付けていた装身具を全て御者に託し一人修行の旅に出発したのである。
 彼の仏陀への道はこうして始まった。今の私たちにその時のシッダールタの気持ちを知るよしはないが、世界宗教誕生の幕は切って落とされたのであった。


2.所長より
今年の残暑はどこへ
所長 川崎 弘
 暑かった7月から一転し、8月は9日に37度の最高気温を観測したものの、その後は雨続きで、肌寒ささえ覚えた日もありました。皆様お変わりございませんでしょうか。
 8月は6日の広島、9日の長崎、15日の終戦記念日と戦争と平和を考える機会が多い月でした。私は長崎の出身ですので9日には感慨深いものがあります。皆様にもそれぞれに思いがあるのではないでしょうか。ところで、気になる数字があります。この6日、9日に何があったかを知らないと答えた方が70%もいるというのです。若い世代へ伝えてこなかった私たちの世代の責任も感じます。
 さて、今回はセンター1階右奥の事務室にある同行援護事業所のぞみをご紹介します。「情報提供と代筆・代読をサービス提供メニューに」、「全国一律のサービスを」との鳴り物入りでスタートした同行援護事業も開始から6年が経とうとしております。のぞみも開設以来3年3ヶ月が経過しました。登録利用者が100名を超え、ヘルパーも70名を超える規模になりました。今年はお盆の期間も切れ目なく利用が入っていました。
利用目的は役所や通院はもとより余暇活動もおおきなウェートを占めています。
介護保険の通院介助と比較されることがよくありますが、院内での情報提供ができるのは同行援護のみです。利用にあたっては、身体介護なしの場合、独自のアセスメント表のみによりますので、身体障害者手帳の有無に関係なく受けられる福祉サービスです。身体介護ありの場合は障害程度区分認定が必要です。制度開始から6年が経過し、厚生労働省から通達が出されてもなお自治体に於いて通院等での誤解が多く、私どもが直接やりとりをするケースもあります。利用者の思いが詰まった制度ですので皆で育てていきたいものです。皆様の安心安全な移動の保障と豊かな生活のお手伝いができればと思います。ご利用お待ちしております。お問い合わせは電話043-308-7007へお願いします。同行援護従業者の研修事業も制度創設以来行っています。お知り合いの方へご紹介いただけましたら幸いです。
 職員一同これまで以上に皆様に利用していただける施設づくりを目指しますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


3.支援センターからのお知らせ

「わくワークちばてんフェスタ2017」について
 施設公開行事「わくワークちばてんフェスタ2017」を次のとおり開催します。
入場は無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

日時:10月27日(金)~28日(土)
会場:視覚障害者総合支援センターちば(イベント会場:5階 会議室)
 四街道市四街道1-9-3(JR四街道駅 北口より徒歩3分)

イベントプログラム:
10月27日(金)
10:00 受付開始
10:30~開会式(場所:5階 イベント会場)
10:45~12:00 文化講演会
演題:「行動することでじぶんを変え、世界を変える~視覚障害が教えてくれたこと~」
講師:初瀬(はつせ) 勇輔(ゆうすけ) 氏
(株式会社 ユニバーサルスタイル代表取締役、NPO法人 日本視覚障害者柔道連盟 理事、一般社団法人 全日本テコンドー協会 理事、一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会 理事、一般社団法人 障害者武道協会 事務局次長)

<その他>
☆ファンケル「見えない・見えにくい方の為のメイクセミナー」(各回 90分)
場所:3階 会員活動室
第1部 12:15~13:45 事前予約(定員:10名)
第2部 14:00~15:30 先着順(当日、開始1時間前に、1階事務室で、「整理券」を配布)

内容:口紅、アイカラーなど、講師の説明の元、ご自身で実践するセミナーです。
ベースメイクの状態からスタートします。素顔(化粧なし)、もしくは薄いベースメイクで
お越しください。
※当日は髪留め(ヘアターバンでも可)をご用意ください。

10月28日(土)
9:30~ 受付開始
10:00~12:00 バリアフリー映画体験会「クイール」(副音声付)100分
 場所:5階 イベント会場
 監督: 崔(さい) 洋一(よういち)
 出演: 小林薫、 椎名桔平、 香川照之、 戸田恵子、 寺島(てらじま)しのぶ
<ストーリー>
 生まれて間もない子犬のクイールは、すぐに親元を離れてパピーウォーカー(香川照之、寺島しのぶ)のもとで1年間育てられ、そして盲導犬となるべく訓練センターでの生活を始め、多和田訓練士(椎名桔平)の訓練を受ける。やがて、盲導犬を断固拒否していた渡辺(小林薫)が、クイールのパートナーに決まったが……。

<その他>
☆「チャレンジド・ヨガ」(各回 60分)
場所:5階 イベント会場
第1部 13:00~14:00 事前予約(定員:18名)
第2部 14:30~15:30 先着順(当日、開始1時間前に、1階事務室で、「整理券」を配布)
内容:「ゆっくり!安全に!楽しく!」をモットーに
 わかりやすい言葉で、弱視の方に見やすい環境で行います。
持ち物・服装など:
1.動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
※ヨガは裸足で行うのをおすすめしていますが、裸足に抵抗がある方は、五本指ソックスをご用意ください。
(足裏に滑り止め付きがおすすめです。)
2.汗拭きタオル
3.水分など
4.着替えなど
 ※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。
☆盲導犬体験歩行(日本盲導犬協会)10:00~15:30

・千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」が28日(土)に来場します。
・各フロアで様々な体験コーナー、小学生以下のスタンプラリー、バザー、模擬店などを予定。

≪ファンケルとヨガの事前受付について≫
 10月27日(金)ファンケルメイクセミナー(第1部)および、10月28日(土)チャレンジド・ヨガ(第1部)について、電話による事前予約を受け付けます。
受付期間:9月15日(金)9:00 開始 ~ 9月22日(金)17:00 締切
※期間中の受付時間:9:00~17:00
電話:043-424-2582(定員になり次第、締め切り)

当フェスタについてのお問い合わせは、電話(総合窓口) 043-421-5199 まで、お願いします。


「第65回千葉県視覚障害者福祉大会並びに第21回白い杖の文化祭」のご案内

期日:9月30日(土)午前10時から午後3時10分(予定)
会場:市川市八幡市民会館(全日警ホール)
交通アクセス:JR総武線本八幡駅北口から徒歩約8分、京成八幡駅から徒歩約5分
日程:
受付:9:30~
<第1部>
大会式典 10:00~11:30
昼食およびふれあいタイム 11:30~13:00

<第2部>
第21回白い杖の文化祭 13:00~15:00
・ハンドベル演奏
 出演:ハンドベルリンガーズあかね
・朗読劇:演劇結社ばっかりばっかり
 出演:美月めぐみ氏、鈴木大輔氏
閉会 15:10

参加費:一人500円(付添は無料)
昼食代:一人800円でご用意します。(付添いの方も同類)
申込み・問い合わせ先:申込みは9月15日締切
TEL:043-421-5199 まで お願いします。


図書整理日について
 毎月第1金曜日は「図書整理日」のため、貸出業務は休止となります。
また、電話でのお問い合わせも休止とさせていただきます。
皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 *9月の図書整理日:9月1日(金)
なお、9月2日(土)は開館しておりますのでご利用ください。

 

寄贈資料のご案内
 次の資料が寄贈されました。貸出を希望される方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。

・千葉県文書館 発行 『千葉県文書館 利用案内』点字1冊
・日本盲人会連合 発行
『語り継ぐ未来への友歩道(ゆうほどう)~災害からのメッセージ(創刊号~第3号)』点字 各1冊
『点字 厚生(第262号)』点字1冊
『日本盲人会連合会歌――日盲連の歌』一般CD

・君津市立中央図書館 製作
『第42回全国盲人文芸大会作品集』音声デイジー
・吉田勇 氏 製作
『エマージェンシー サインバトン エア ケーン audio マルチガイド』一般CD

次の資料は差し上げます。
・弱視者問題研究会 発行 『弱問研つうしん(2017年9月号)』拡大文字1冊


4.新入図書の紹介
書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。
 (点字図書)
<一般書>
188*禅マインドビギナーズ・マインド(鈴木 俊隆(しゅんりゅう) 著,松永 太郎 訳)3冊 サンガ  2012年
〔アメリカに坐禅をもたらした鈴木俊隆による禅の入門書。初めて禅の修行に触れ、
坐禅を組むアメリカ人に向けて、誰にもわかる平易な表現で、禅の神髄、悟りの世界を語った法話集。〕


291 京都さんぽ――ド定番から予想外まで、東西南北みっちりと。(散歩の達人MOOK編集部 編)3冊 交通新聞社 2016年
〔京都を23エリアに分けて、おすすめのさんぽコースを紹介するほか、町家フレンチ&
イタリアン、京都肉料理、京みやげなどテーマ別に名店をピックアップする。〕


292*冒険歌手――珍・世界最悪の旅(峠 恵子 著)5冊 山と渓谷社 2015年
〔幸せな人生を送り、「自分は苦労を知らない」がコンプレックスのシンガーソングライター・峠恵子。冒険家・藤原一孝が指揮するニューギニア探検隊に加わった彼女が体験した、1年1カ月に及ぶ奇想天外の冒険物語。〕


366 私たちの挑戦――企業で働く視覚障害者の事例集 上巻・下巻
(東京都盲人福祉協会青年部会 編) 各1冊 東京都盲人福祉協会青年部会 2016年
〔一般事務職や専門職で働く12人(男性7人、女性5人)が、担当業務や使用している補助機器・ソフトなどの現状のみならず、就職するまでの過程、将来に向けた抱負、視覚障害者が働くにあたり必要と思うことなどをまとめたもの。音声デイジーもあります。〕


369 移動時に視覚障害者が必要とする情報に関する調査事業――報告書
(日本盲人会連合[編])1冊 日本盲人会連合 2012年
〔当事者はガイドヘルパーの同行を伴った移動において、ガイドヘルパーにどのような情報を求めているか、あるいは、ガイドヘルパーがどのような情報を提供すれば、当事者はより安心して安全な移動ができるようになるかを、調査研究した報告書。音声デイジーもあります。〕


369 公的機関における視覚障害者の情報提供に関する実態把握のための調査研究事業――報告書(日本盲人会連合[編])2冊 日本盲人会連合 2015年
〔全国の地方自治体における広報などの点字化や音声化、あるいは拡大文字版の実態を明らかにするとともに、視覚障害者にとって望ましい広報などの点字化や音声化、拡大文字版のあり方を探るための調査報告書。〕


369 視覚障害者の同行援護事業に関する実態把握と課題における調査研究事業――報告書 (日本盲人会連合[編])2冊 日本盲人会連合 2014年
〔視覚障害者の外出保障の同行援護事業は、本来、全国一律でサービスを受けられる前提になっているが、現状では地域格差が生じている。そのような格差の実態を正確に把握するための、調査報告書。〕


369 まちを歩くために――目の見えない人・見えにくい人の外出を助けるために
 視覚障害者のための歩行支援系機器に関する啓発事業(日本盲人会連合[編])1冊 日本盲人会連合 2011年
〔「第1章 見えないということ」「第2章 目の見えない人のための機器の必要性について」「第3章 目の見えない人のための機器の紹介」等を収録。〕


378 点訳のしおり HE改訂(日本点字図書館[編著])1冊 日本点字図書館 2013年
〔基本的な点訳規則、点字図書製作の実際を、コンパクトに解説。「日本点字表記法2001年版」完全準拠。パソコン点訳の現状に合わせた改訂版。〕


378 点字技能検定試験の対策 過去問題(第16回)の正答と解説(日本点字技能師協会 編) 1冊 日本点字技能師協会 2016年

378 点字技能検定試験の対策 過去問題(第17回)の正答と解説 (日本点字技能師協会 編)1冊 日本点字技能師協会 2017年
〔点字技能検定試験の学科試験・実技試験(点字化・校正問題)の正答と解説のほか、受験者のために、「点字技能チャレンジ講習会の紹介」「合格者の声」「点字技能検定試験の受験者数と合格者数の推移」などを掲載。点字化・校正問題の原文を収録した一般CD付き。〕


378 UEBベーシックマスター ――英語点訳の基礎(福井 哲也 著)4冊
 日本ライトハウス点字情報技術センター 2016年
〔本書は、UEB(統一英語点字)による英語点訳を基礎から学べるテキスト。第1章はアルファベットから始め、句読符・数字などを順に解説。第2章では、182ある縮約(単語の綴りを縮める点字記号)を15段階に分けて学ぶ。第3章では、さらにいろいろな記号の用法について解説。英語の教科書や試験問題等の特別の表記にも触れている。解答集付き。〕


484*イカはしゃべるし,空も飛ぶ 新装版――面白いイカ学入門(奥谷 喬司 著)3冊 講談社 2009年
〔トビウオのように海面上を飛んで、体色の七変化で求愛! 身近な存在イカのイカした話が満載。ヤリイカ、ホタルイカなどさまざまなイカの魅力的な生態を余すところなく伝える「イカ学」の入門書。〕


778*黒澤明と『七人の侍』――“映画の中の映画”誕生ドキュメント(都築 政昭 著)3冊 朝日ソノラマ 1999年
〔世界映画史上に燦然と輝く映画の中の映画「七人の侍」はいかにして誕生したか。その制作プロセスを豊富な写真と資料で徹底的に検証し、黒澤明が何を狙い、どう描こうとしたのかを解明。〕


<文学書>
913*青い鳥(重松 清 著)5冊 新潮社 2010年
〔先生はうまく話せない。だから“たいせつなこと”しか言わない。いじめ、自殺、虐待。
吃音の教師を通して答えのない問題に向き合い、伝えたい思いを描く感動作。〕


913*紙蝶の舞――仕組人必殺剣(増田 貴彦 著)3冊 学習研究社 2004年
〔江戸の裏社会に生き、決して御定法では裁けぬ者たちを闇に葬る仕組人。
対立する刺客請負人組織との死闘を制した、立花屋藤兵衛率いる仕組人たちだったが、恨みを抱く残党による反撃は凄まじく、逆に壊滅寸前にまで追い込まれてしまう。〕


913*天空のミラクル――夏の魔法(村山 早紀 著)3冊 ポプラ社 2016年
〔風早の街に拡散した「吸血鬼」の伝説は、かつて外国人居留地で起こった悲劇から生まれた噂に過ぎない。けれど、その「吸血鬼」がこの夏、復活するという。
異能の少女さやかは、友人たちとともに謎の解明に挑むが…。〕


933*フランケンシュタイン(リアノー・フライシャー 著,日暮 雅道 訳)5冊
ギャガ・コミュニケーションズ 1994年
〔「新しい生命を創り出す」という、人間にとって最も野心的な行為の果てに生まれた、
フランケンシュタイン。原作を忠実にたどりながら、「怪物の悲哀」という心理描写を多く
盛り込んだ作品。〕


音声デイジー図書)
<一般書>
210*1★9★3★7(辺見 庸 著)(13:50)金曜日 2015年
〔ニッポンジンはなにをし、なにをしなかったのか? 歴史にわだかまる大いなる恥と責任を体内深くに問い、1937年から今日まで、連綿とつづく「ニッポンの妖気」を射る。
『週刊金曜日』掲載を修正、大幅補充し、単行本化。〕


288*長宗我部 復活篇(長宗我部 友親 著)(7:37)文芸春秋 2016年
〔大坂の陣で豊臣方は敗北し、長宗我部家も歴史の表舞台から姿を消す。
しかし、「下士」へ転落するも姓を改め、その血脈は連綿と続いた。名門一族は、いかにして甦ったのか。血を繋ぐことの重さを問う歴史ノンフィクション。〕


291*総武線さんぽ――浅草橋~千葉間20駅を徹底案内!(交通新聞社[編])(11:30)交通新聞社 2016年
〔江戸の情緒を感じる下町、ザ・昭和な商店街や飲食店、超現代的なベイエリアと新都心など、さまざまな情景を見ることができる総武線の浅草橋~千葉駅のグルメや見どころなどを案内。データ:2015年11月現在。〕


292*謝々!チャイニーズ――中国・華南、真夏のトラベリング・バス(星野 博美 著)(11:40)情報センター出版局 1996年
〔――国も法律も軽々と飛び越えていく。そんな生き方の秘密を知りたくて旅に出ました。ベトナム国境から上海まで、改革開放・海外流出のメッカ、華南をバスで行く。こんな中国みたことない、聞いたことない!超新鋭のアジアン・ノンフィクション。〕


302*「全身病巣」国家・中国の死に方――蝕まれた虚像の大国が悲鳴を上げる(石(せき)平(へい)著)(5:15)宝島社 2014年
〔機能不全に陥った大国、中国。シャドー・バンキング問題、権力闘争による混乱、無能な恫喝外交、民衆たちによる暴動…。中国に何が起きているのか、経済・政治・民衆・外交・倫理観に分けて解説し、真の姿を描き出す。〕


327*道徳感情はなぜ人を誤らせるのか――冤罪、虐殺、正しい心(管賀 江留郎 著)(22:08)洋泉社 2016年
〔すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった! 戦時の難事件「浜松事件」を解決した名捜査官が戦後に起こした冤罪事件の内の一つ「二俣事件」。彼に立ち向かった刑事が遺した書から、昭和史の裏に隠された謎を解明する。〕


369 移動時に視覚障害者が必要とする情報に関する調査事業――報告書(日本盲人会連合[編])(2:02)日本盲人会連合 2012年
〔当事者はガイドヘルパーの同行を伴った移動において、ガイドヘルパーにどのような情報を求めているか、あるいは、ガイドヘルパーがどのような情報を提供すれば、当事者はより安心して安全な移動ができるようになるかを、
本事業で調査研究した。点字もあります。〕


699*仕事人間、55歳からの元気のすすめ(鈴木 文弥 著)(7:32)講談社 1989年
〔定年、再就職、突然の病魔、そして再びの元気一杯の毎日!!NHKの人気スポーツアナだった著者が、自らの泣き笑いの体験を踏まえ、仕事人間が55歳からのもうひと山をどう登るかを綴る。〕


726*とても温かでとてもせつないきみの絵本(ジュヌヴィエーヴ・カスターマン 原作,
さだ まさし 文)(0:32)千倉書房 2016年
〔長く幸せにくらしてきたカンガルーの夫婦。でも、ある日、妻はそんな日々の記憶を失いはじめ…。擬人化したカンガルーの夫婦をモチーフに紡ぐ、夫から認知症になった妻へのラブレターを、さだまさしが翻訳。〕


<文学書>
913*情愛の奸――御広敷用人大奥記録10(上田 秀人 著)(8:33)光文社 2016年
〔御広敷用人・聡四郎は名古屋で尾張徳川の「秘事」に触れる。御三家筆頭の運命を決める事実を握った聡四郎に、新たな刺客が放たれた。未曾有の危難を乗り越えるために聡四郎がとった秘策とは――。〕


913*織田武神伝10 一期一会 篇(桐野 作人 著)(7:33)ベストセラーズ 2002年
〔織田信忠政権に不満を持つキリシタン勢力の挙兵。天下を賭けた織田と徳川、三度の対決。勝つのはどちらか?〕


913*強欲な羊(美輪 和音 著)(8:52)東京創元社 2012年
〔とある屋敷で暮らす美しい姉妹。2人の間に起きる陰湿で邪悪な事件の数々。ついには妹が姉を殺害するに至ったのだが…。女性ならではの狂気と恐怖を描いた連作集。〕


913 深川鞘番所シリーズ(吉田 雄亮(ゆうすけ) 著)祥伝社 2008~2010年

2 恋慕舟(れんぼぶね)(6:06)
3 紅燈川(こうとうがわ)(5:54)
4 化粧堀(けわいぼり)(6:28)
5 浮寝岸(うねぎし)(6:32)
6 逢初橋(あいぞめばし)(7:19)
8 涙絵馬(なみだえま)(6:20)
〔江戸の無法地帯を舞台に、鉄心夢想流「霞十文字」が悪を斬る!〕


915*人生のことはすべて山に学んだ――沢野ひとしの特選日本の名山50(沢野 ひとし 著)(7:26)海竜社 2015年
〔いつもの仲間との山、私をつくった山、通いたくなる山…。10代の頃から山登りに興味を持ってすでに50年近く。イラストレーター・沢野ひとしが、日本の名山と登山の思い出を、4コママンガやイラストを交えて綴る。〕


916*認知症の私からあなたへ――20のメッセージ(佐藤 雅彦 著)(1:05)大月書店 2016年
〔記憶が消えても、記録は残る――。51歳のときにアルツハイマー病と診断されながら、知恵と工夫で一人暮らしを続けてきた著者による、勇気と励ましに満ちたメッセージ。メッセージの英訳も掲載。〕


916*うわわ手帳と私のアスペルガー症候群――10歳の少女が綴る感性豊かな世界(高橋 紗都,高橋 尚美 共著)(5:40)クリエイツかもがわ 2008年
〔「私のような子どもたちや私のことを変と思わないで、きちんと理解、応援してほしいです」 10歳の少女がありのままを綴った、アスペルガー症候群の世界。〕


933*ジキルとハイド(ロバート・L.スティーヴンソン 著,田口 俊樹 訳)(3:50)
新潮社 2015年
〔ロンドンの高名な紳士、ジキル博士の家に出入りし始めたハイドという男は、
人に嫌悪や恐怖を抱かせるうえ、ついに殺人事件まで起こしてしまう。
しかし、実はジキルが薬物によって邪悪なハイドへと姿を変えており…。〕
以上

 

 

 

 

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1709.doc)図書館だより1709.doc[ ]179 kB
このファイルをダウンロード(図書館だより1709.txt)図書館だより1709.txt[ ]21 kB