以下、本文
1.所長より
ボランティアの皆様へ感謝申し上げます
所長 川崎 弘
 突然の選挙、突然の台風に振り回された10月でした。皆様、被害はございませんでしたか。常日頃から災害への備えの大切さは語られますが、いざという時にあわてないためにも点検は欠かせませんね。衆議院議員選挙にあたっては、千葉県13選挙区分の小選挙区と比例南関東ブロックの音声版「選挙のお知らせ」の製作を行いました。音声版をお取りの皆様にはこれに最高裁判所裁判官国民審査と投票方法を加え、4種類のカセットまたはCD(デイジー)を、点字版ご希望の方には上記4種類を発送させていただきました。今回も墨字版が新聞に折り込まれる日程に間に合わせることができました。当然の情報提供なのですが、この選挙公報、視覚障害者用は音声版が日盲連発行の愛盲時報号外、点字版が毎日新聞社点字毎日編集部発行の点字毎日号外として、名称も「選挙のお知らせ」として発行されています。内容はまったく同じなのに選挙公報と名乗れないところに割り切れなさを感じます。皆様はどう思われますか。
 さて、今回は私たちの事業を支えていただいているボランティアの方々のご紹介です。誘導、作業、行事等多くの方々にお世話になっていますが今号では点訳と音訳のボランティアについてご紹介します。点訳ボランティアは厳しい養成講座を終えられ、図書やプライベートサービスの点訳はもちろん、当事者の職員との触読校正、製本作業等に150名を超える方に携わっていただいております。音訳ボランティアも厳しい養成講座を終えられ、図書や雑誌(週刊朝日等)の音訳、校正、作業等に150名を超える方に携わっていただいています。5年以上携わっていただいた方には毎年法人からささやかですが感謝状の贈呈を行っております。これまでは文化講演会の席上でおこなっていましたが、新法人設立を機に今年度から千葉県視覚障害者福祉大会の席上で会長から贈呈することにしました。9月30日(土)市川市八幡市民会館で行われた第65回大会において300名以上の参加者の前で点訳4名、音訳4名の方が表彰を受けられました。法人としましてはその他功労のあった5名を含め合計13名に贈呈しました。本当にありがとうございます。今後もお世話になります。
 多くの皆様に支えられ、私たち職員一同これからも、これまで以上に皆様に利用していただける施設づくりを目指しますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


2.支援センターからのお知らせ

休館のお知らせ
 11月17日(金)は、職員研修・会議のため、13時から休館とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。


図書整理日について
 毎月第1金曜日は「図書整理日」のため、貸出業務は休止となります。
また、電話でのお問い合わせも休止とさせていただきます。
皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 なお11月は、11月3日(金)が祝日と重なり、休館となるため、図書整理日はありません。
 *12月の図書整理日:12月1日(金)


「見えにくさで お困りの方へ   ~ロービジョン用具展示会~」のご案内
 見えにくさでお困りの方へ、拡大読書器、拡大鏡(ルーペ)、遮光眼鏡、
便利グッズなどのロービジョン用具の展示及び説明を行わせていただきます。
当事者の方だけでなく、ご家族の方や支援者の方も是非ご来場ください。
(当日販売はありません。事前の申し込みは不要です。)

日時:平成29年12月10日(日)10:00~16:00
場所:松戸市健康福祉会館(ふれあい22)3階研修室(松戸市五香西3―7―1)
アクセス:
 ・新京成五香(ごこう)駅より徒歩13分。
 ・新京成八柱(やばしら)駅、JR新八柱(しんやはしら)駅、新京成常盤平(ときわだいら)駅から
新京成バス「牧の原団地」行きに乗車し、「牧の原団地」下車、徒歩3分。
主催:社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会 視覚障害者総合支援センターちば

お問い合わせ先:視覚障害者総合支援センターちば 生活支援担当

 TEL 043-424-2582


寄贈資料のご案内
 次の資料が寄贈されました。貸出を希望される方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。

・内閣府政府広報室 発行
『点字・大活字広報誌 ふれあいらしんばん Vol.57』1冊
『明日への声 Vol.57』一般CD
・日本盲人会連合 発行 『点字 厚生(第263号)』1冊
・日本盲人会連合 青年協議会 発行 『音声版 いぶき(2017年1月)』音声ファイルCD
・日本盲人会連合 女性協議会 発行 『会報 あかね(第105号)』音声デイジー
・全国盲導犬施設連合会 発行 『盲導犬情報(第19号)』点字1冊
・全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第282号)』点字1冊
・東京大学大学院経済学研究科 松井研究室[発行]
『障害者の日常・経済活動調査(追跡調査)調査報告書』
点字版・音声デイジー版・テキスト版 各1部

次の資料は差し上げます。ただし、部数に限りがあります。
・すこやか食生活協会 発行
 ※いずれも点字・拡大文字併記(音声コード付き)各1冊
『岸朝子の旬の食材で簡単料理 上・下』
『季節の料理レシピ集』
『健康な食生活のための献立レシピ集 上・下』
『調理の基本知識』
『作ってみたい私の料理』
『みんなでミートクッキング 1~2』
『よりよい食生活のために 実践の手引き 上・下』
『和・洋・中華のお菓子作り基本レシピ』


3.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書)
<一般書>
007*Python(パイソン)入門(エスキュービズム[ほか]著)21冊 秀和システム 2010年
〔Pythonの基本から高度な計算までを、頻出パターンを試しながら学べる実践的テキスト。Django等のフレームワーク、Google App Engineといった実用レシピも多数収録。2&3対応。〕


069*現代に活きる博物館(君塚 仁彦,名児耶(なごや)明) 共編)6冊 有斐閣 2012年
〔博物館学を初めて学ぶ人のための実践的入門テキスト。基礎理論や歴史、法制度から、管理や展示といった実務まで、現場で必要となる一連の知識をやさしく解説。具体的な仕事の実際も紹介。〕


498*「砂糖」をやめれば10歳若返る!(白澤 卓二 著)2冊 ベストセラーズ 2012年
〔精製された砂糖や油、塩は、濃度と量が度を超えると、麻薬のような常習性を脳に引き起こす。ジャンクフードが「麻薬」になるメカニズムを詳しく解説し、老けない、ボケない、病気にならない「白沢式ケトン食」を紹介。〕


686*「証言」日本国有鉄道02――国鉄OBインタビュー集 いま明かされる現場あのとき 九州ブルートレイン1980([イカロス出版][編])4冊 イカロス出版 2013年
〔国鉄を思い起こすとき、そこには多くの人がいる――。東京・宮原・熊本機関区のブルートレインの元機関士、食堂車のコックなどのインタビューを収録。ほか、関連配置表なども掲載。〕


783*閃(ひらめ)きを信じて――Don’t think too much!!(川﨑 宗則 著)3冊 ぴあ 2016年
〔どこに行っても大丈夫! いつでも今日が“最高の日”――。川崎宗則の4年にわたるアメリカ野球奮戦記。「アメリカでどれだけ楽しく野球をしているか」が感じられるエピソードが満載。〕


<文学書>
913*流れ星が消えないうちに(橋本 紡 著)4冊 新潮社 2006年
〔玄関でしか眠れないわたしと、おバカな僕と、優しすぎる彼を繋ぐ「死」という現実。
そして、深い悲しみの後に差し込む一筋の光-。静かな愛と赦しを描く、苦しいくらいピュアなラブストーリー。〕


914*猫怪々(加門 七海 著)3冊 集英社 2014年
〔その子は、雨上がりにやって来た。数多の病と、この世にいないモノを引き連れて。
病院通いに、気功にお経。猫に振り回されながらも、しみじみいとおしさが湧いてくる。
怪談作家のあやしくも愛にあふれた体当たり「育猫(いくびょう)日記」。〕


914*世界をこの目で(黒木 亮 著)6冊 毎日新聞出版 2015年
〔金融マン時代から小説家となった今も取材で世界中を飛び回る著者が見た「世界」とは。異文化の洗礼、交渉術、旅の流儀、取材術などが綴られたエッセイ。〕


933*ミス・マープルと十三の謎(アガサ・クリスティー 著,高見沢 潤子 訳)5冊
 東京創元社 1960年
〔セント・メリー・ミードで、平穏無事な生活を送っているミス・マープル。彼女の家に毎週火曜の夜、甥の作家、女流画家、元ロンドン警視庁の総監、教区の牧師、弁護士の六人が集まり、自分だけが結末を知っている事件の話を聞かせ、それぞれの推理を提出しようということになった。〕


(音声デイジー図書)
<一般書>
130*1日で学び直す哲学――常識を打ち破る思考力をつける(甲田 純生(すみお) 著)(5:55)光文社 2013年
〔ソクラテス以前の哲学者たちや古代哲学を築いた3人、近現代フランス哲学、ドイツ観念論の時代などについて、哲学をはじめて学ぶ人にもわかるように、哲学の歴史に沿って記述し、哲学のエッセンスとおもしろさを伝える。〕


198*いのちに向かう道(羽鳥 明)[ほか]著,太平洋放送協会 企画・構成)(3:03)
 いのちのことば社 2016年
〔ラジオ牧師として活躍した、羽鳥牧師の選び抜かれた珠玉のメッセージほか収録。〕


319*安保論争(細谷 雄一 著)(9:08)筑摩書房 2016年
〔現代の世界で平和はいかに実現可能か。日本(にほん)の安全はどうすれば確保できるのか-。国際政治・外交史の標準的見地から、あるべき安全保障の姿と、そのために日本がとるべき道筋を大胆かつ冷静に説く、論争の書。〕


366*部長、その恋愛はセクハラです!(牟田 和恵 著)(4:54)集英社 2013年
〔多くのセクハラは、恋愛とのグレーゾーンで発生する。なぜ女性はノーと言わないのか。訴えられたらどうすればいいのか。セクハラ問題の第一人者が、豊富な具体例を紹介しつつ、男が嵌りやすい勘違いの構図をあぶりだす。〕


492 ‘16国試Q救隊(奥村 清和[ほか]編)(26:22)つくし会 2016年
〔第10回から第24回までの、あはき師国家試験問題を抜粋したもの。単元別、項目別にまとめられている。あはき師国家試験救援隊シリーズ。〕


610 食料・農業・農村白書 平成28年度(農林水産省 編)(1:01)農林水産省 2017年
〔平成28年11月に取りまとめた農業競争力強化プログラムと、2015年農林業センサスを用いた分析を取り上げる。〕


<文学書>
913 呪詛(じゅそ)の文(ふみ)――御広敷用人大奥記録 11(上田 秀人(ひでと) 著)(6:33)光文社 2017年
〔吉宗の世子・長福丸(ながとみまる)が病に倒れた。水城聡四郎(みずきそうしろう)は毒が盛られたことに気付く。一方、長福丸の病平癒祈願で竹姫が寺社に参詣することに。狙われる竹姫を聡四郎は守りきれるのか。四面楚歌の中、吉宗がついにとった行動とは…。〕


913*宇宙のウインブルドン(川上 健一 著)(11:25)集英社 1988年
〔杉本宇宙、17歳。彼には大きな野望がある。サーブ1本だけでウインブルドンで優勝すること。世界の強豪たちを相手に果たしてサーブのみで制覇できるのか!?〕


<児童書>
J913*おばあさんのひこうき(佐藤 さとる 作,村上 勉 絵)(0:58)小峰書店 1989年
〔おばあさんは、編み物の名人。蝶々の模様を編んでいると、編み物がすーっと、浮かび上がりました。さて、おばあさんは、この不思議な編み物でどんなことをするのでしょうか?〕


(マルチメディアデイジー図書)
テキストや画像に、音声がシンクロ(同期)しているデイジー図書です。
パソコンの専用ソフトでの再生のほか、プレクストークで音声のみの再生が可能です。

<一般書>
158 わたしが正義について語るなら(やなせ たかし 著)(3:32)ポプラ社 2013年
〔正義を生きるのは大変だけれども、その中で僕たちが目指すべき正義とは…。やなせたかしが、アンパンマンや、たくさんのキャラクターを書く中で考えてきたことを語る。〕


<児童書>
E そらいろ男爵(ジル・ボム 文,ティエリー・デデュー 絵,中島 さおり 訳)(0:19) 主婦の友社 2015年
〔鳥が飛ぶ青い空と、読書をこよなく愛した男が、爆弾のかわりに投げたものは…。二頭身でちょびひげという、とぼけた風貌のそらいろ男爵が、ユニークな方法で国と国との戦いをやめさせたお話。〕


J151 成功と失敗(ブリジット・ラベ ほか著,西川 葉澄(はすみ) 訳)(1:13)
汐文社 2008年
〔おやつを食べるように気軽に楽しく、哲学にふれてみませんか? 身近な例をとりあげ、「成功」「失敗」ってなんなのかを考えます。すぐに答えの出る問いではないけれど、今だからこそ考えたいテーマばかりです。〕


J908 わいわい文庫 Ver.1 ――マルチメディアDAISY図書2017 
(伊藤忠記念財団 製作)(3:35)伊藤忠記念財団 2017年
〔「あいうえおのえほん」「うしろにいるのだあれ」など、全23編を収録。〕


J908 わいわい文庫 Ver.2――マルチメディアDAISY図書2017
(伊藤忠記念財団 製作)(10:10)伊藤忠記念財団 2017年
〔「大きな運転席図鑑ぷらす運転手はきみだ!」「はしれ!ぐるぐるやまのてせん」など、全11編を収録。〕


J908 わいわい文庫 Ver.3[DVD版]――マルチメディアDAISY図書2017
 (伊藤忠記念財団 製作)(28:57)伊藤忠記念財団 2017年
〔「キャシーのぼうし」「空とぶ船と世界一のばか」など、全16編を収録。パソコンのみ再生可。プレクストークと、DVDプレイヤーでは再生不可。〕


J908 わいわい文庫 Ver.BLUE――マルチメディアDAISY図書2017
 (伊藤忠記念財団 製作)(7:01)伊藤忠記念財団 2017年
〔「小倉百人一首」「道後温泉の鷺石(さぎいし)と玉の石」など、全20編を収録。〕


(テキストデイジー図書)
 合成音声ソフトで読み上げさせたり、文字を大きく表示させたりして利用する、
電子テキストを収録したデイジーです。音声ファイルは入っていません。
 テキストデイジーデータは、サピエからダウンロードしてご利用ください。

<一般書>
019*読んじゃいなよ!――明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ(高橋 源一郎 編)岩波書店 2016年
〔鷲田(わしだ)清一(きよかず)、長谷部恭男(やすお)、伊藤比呂美の各氏を交え、ゼミの学生と著者が岩波新書を読み込んだ2年間の記録。本を徹底的に読み、真剣勝負の対話を重ねる。〕


198*時にかなって(羽鳥 明[ほか]著,太平洋放送協会 企画・構成)いのちのことば社 2014年
〔このメッセージ集には、聖書のことばがしっかりと記され、聖書の引照箇所も書かれているので、聖書への理解を深めることができる。〕


332*バブル―― 日本迷走の原点 1980-1989(永野 健二 著)新潮社 2016年
〔超低金利を背景にリスク感覚が欠如した狂乱の時代。日本人の価値観が壊れ、社会が壊れ、そして政・官・財が一体となった日本独自の「戦後システム」が壊れた…。「失われた20年」を経て見えてくるバブルの真実に迫る。〕


<文学書>
913*天保院京花の葬送――フューネラル・マーチ(山口 幸三郎[著])KADOKAWA 2017年
〔廃墟の洋館で起きた殺人事件。現場に集まったのは、霊感女子高生の京花と、元女装少年の人理(ひとり)、熱血刑事の竜弥(たつや)、そして霊能者の行幸(ゆきゆき)。
喪服を纏った京花がおかしな奴らと「謎」に挑むとき、事件は意外な結末を迎える…。〕


913*吾輩も猫である(赤川 次郎,新井 素子 ほか著)新潮社 2016年
〔赤川次郎、石田衣良(いら)、原田マハら猫好きの作家8名が、漱石の「猫」に挑む!
夏目漱石没後100年&生誕150年を記念した猫アンソロジー。〕


4.おすすめ図書の紹介(センター職員より)

【警察小説】
 子どもの頃から探偵小説をそこそこ読んできましたが、最近は警察小説がおもしろいと感じるようになりました。気楽な探偵さんより、同じ勤め人である警察官のほうがより共感できるのでしょう。趣味の読書からいくつかご紹介します。(石渡)

『新任巡査』古野(ふるの)まほろ 新潮社 2016年
 最終的に巨悪が暴かれる小説ですが、半分以上が新任巡査二人の交番勤務の描写に費やされています。書評を読んだときは、単調な話なのかな?と思いました。ところが読みだすととまらない。新任巡査が必死に考え行動し、成長していく姿が清々しいです。

「隠蔽捜査」シリーズ 今野(こんの)敏(びん) 新潮社 2005年~
 キャリア官僚の竜崎(りゅうざき)は、息子の不祥事のため左遷され、都内の警察署の署長となります。最初は冷ややかに見ていた署員たちは、竜崎の行動力や決断力、人柄に触れ、生き生きと動き始めます。現在、シリーズ8冊まで刊行中。

「特捜部Q」シリーズ ユッシ・エーズラ・オールスン 早川書房 2011年~
 デンマークの小説です。昨今、北欧ミステリブームと言われているものの、「何を読んだらいいのかわからない」という方にはまずこれをおすすめします。コペンハーゲン警察のカール・マーク刑事は捜査中に大けがをし、復帰後は過去の未解決事件を処理する新設部署を任され、難事件を解決していきます。どの巻もストーリー構成が巧みでおもしろいですが、個人的に好きなのは5作目の『知りすぎたマルコ』。組織から逃げ続ける少年マルコの行く末は?ハラハラドキドキ、そしてラストに心温まる場面も。シリーズは現在6作目まで刊行されています。
以上

 

 

 

 

 

 

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1711.doc)図書館だより1711.doc[ ]150 kB