(以下、本文)
1.平成30年の幕開けにあたって
所長 川崎 弘
 2017年(平成29年)が暮れようとしています。新法人設立、愛光からの事業移管、6月13日にようやくすべての事業所が揃い、6ヶ月余りが過ぎました。多くの皆様のご支援のおかげで事業も順調に推移しております。深く感謝申し上げます。さて、天皇陛下がご自身の退位を表明され、平成31年4月30日が退位の日と決まりました。平成時代もあと1年4か月と思うと、なぜか感慨にふけってしまいます。昭和天皇の崩御により昭和から平成へ、私事で恐縮ですが、働き始めて3年目、元号が平成に変わったとたんに父親を亡くしたため、特に平成という元号への思い入れが強かったのかもしれません。あらためて、2018年(平成30年)が皆様にとりましてよい年でありますよう、お祈り申し上げます。
 さて、先月号でふれました船橋市での相談会のご案内です。
 2月11日(日・祝)は船橋市西図書館3階多目的室において見えない・見えにくい方のための相談会を開催します。当日午前中は真清(しんせい)クリニック院長で眼科医の日比野久美子先生から「視覚障害者の眼疾患(がんしっかん)とその管理」と題して講演をいただきます。糖尿病網膜症、黄斑変性、網膜色素変性等具体的な内容の、時間は限られますが質問にもお答えいただく予定です。午後は千葉盲学校、千葉障害者職業センター、船橋市障害福祉課、そして私たち視覚障害者総合支援センターちばの職員が、皆様からの相談に応えます。また、便利グッズ等の展示も予定しております。会場の船橋市西図書館は、西船橋駅から総武快速線の線路側を船橋駅方向へ歩いて5分ほどのところにあります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 シナノケンシのプレクストークPTR3の無線系統の不具合による、発売時期の遅延により多くの皆様にご不便をおかけしております。有線LANでの2月暫定発売(申込者限定で無線完成時引取り修理対応)、無線LAN対応機の本格的な発売時期は、6月以降の見込みとのことです。会社側からお知らせが発出されましたので、詳しくは後述のお知らせをお聞きください。多くの皆様に支えられ、私たち職員一同これからも、これまで以上に皆様に利用していただける施設づくりを目指しますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2.支援センターからのお知らせ
プレクストーク新製品PTR3の発売に関する重要なご案内

*シナノケンシ株式会社からのお知らせを転載します。

 弊社プレクストーク新製品PTR3につきましては、長期間にわたる発売延期となり、お客様はもとより、関係の皆様にご迷惑をお掛けしている事、謹んでお詫び申し上げます。発売延期の原因である、無線ネットワーク通信の技術的問題解決に、全力を上げ取り組んでまいりましたが、未だ時間を要する状況となっております。PTR3の無線ネットワーク通信は、2018年6月頃の完成を目指し開発を継続しておりますが、具体的な時期につきましては、2018年3月頃に改めてご案内をさせていただきます。
 一方、新製品の発売を心待ちにしている、多くのお客様および関係の皆様より、一刻も早く発売をして欲しいとのご要望をいただいております。
 弊社としては、卓上型の録音可能な読書機を、ご購入いただけない状況が続いていることを重く受け止め、既にご注文をいただいておりますお客様へ、無線ネットワーク通信がないPTR3を機能限定品として、暫定的に出荷することといたしました。
 機能限定品では、サピエとのインターネット通信を、有線ネットワークにてご利用いただくことが可能です。また、機能限定品をお買い上げのお客様には、無線ネットワーク通信搭載のPTR3として、ご利用いただけるよう、開発が完了した後、無償にて製品のアップデートをさせていただきます。本来、無線ネットワーク通信を搭載してPTR3を発売すべきところ、機能限定品としての出荷となります事、重ねてお詫び申し上げます。機能限定品の出荷および無償アップデート等に関する詳細について、次のとおりご案内いたしますので、ご確認をいただけますようお願い申し上げます。


1. 機能限定品の出荷について
(1) 現在までにいただいているご注文に限り、2018年1月から2月にかけて、順次、販売店様に出荷をします。
(2) ご注文済みのお客様へは、2018年1月9日以降、機能限定品の出荷に関するご案内(CD、文書)および最新版のPTR3製品カタログ(2017年12月版)を、販売店様を通じて送付します。最新版のカタログには「2017年12月現在、無線LAN機能は搭載されておりません。後日、無償アップデートで対応いたします。(2018年度対応予定)」と記載しています。
(3) ご案内を送付した後、販売店様からお客様へ、機能限定品出荷のご希望の有無を確認させていただきます。機能限定品の出荷をご希望のお客様への製品お届け日は、ご注文先の販売店様にご確認をお願いします。なお、機能限定品には、有線LANケーブル(2m)を付属します。
(4) 今後のご注文については、機能限定品ではなく、無線ネットワーク通信機能搭載のPTR3の出荷を予定しています。ただし、販売店様への出荷は2018年6月頃を目指しており、以降、順次お客様へ製品をお届けします。具体的な出荷日程につきましては、2018年3月頃に改めてご案内します。


2. 無線ネットワーク通信対応のための無償アップデート方法について
(1) 機能限定品には、無償アップデートユーザー登録はがきを同梱します。
お客様のお名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス(任意)をご記入の上、弊社宛にご返送ください。なお、はがきへのご記入が困難なお客様は、ご注文の販売店様へ代理記入のご相談をいただくようご案内します。
(※お預かりした個人情報は、本件対応にのみ利用し、弊社個人情報保護ポリシーに基づき厳重に管理します。)
(2) 無償アップデートの準備が整い次第、弊社より、ご登録のお客様へご連絡を差し上げ、アップデートのご希望の確認と、機能限定品をお預かりする日程のご相談をさせていただきます。
(3) お客様と確認させていただいた日程にあわせ、宅配便にて機能限定品を引き取りに伺います。弊社にてアップデートを実施し、お客様へ製品を返送します。運送料も含め無償で対応します。

本ご案内についてのお問い合わせは、弊社プレクストークお問い合わせ窓口へお願いいたします。
電話 050-5804-1177
受付は、月曜日から土曜日 9時30分から17時まで承ります。

 


「わくワークちばてんフェスタ2017」ミニバザーの売上報告について
 10月27日・28日、2日間にわたり開催いたしました「わくワークちばてんフェスタ2017」内のミニバザーの売上についてのご報告です。
 このたび、センターで初めてバザーを行いました。センターの職員、ボランティアの方々、千葉県視覚障害者福祉協会会員の皆様から、たくさんの寄贈品をいただきました。誠にありがとうございました。売上金額が25,420円となりました。売上金の用途は次のとおりとさせていただきます。皆様の温かいご協力、ご支援に心より感謝申し上げます。
「視覚障害あはき師を守るための諸活動を支える募金」1万円
「千葉県視覚障害者福祉協会」1万円
「歳末たすけあい募金」5,420円


「見えない、見えにくい方のための相談会」のご案内
福祉、医療、教育、就労など、各分野の専門家が一堂に会し、相談会を開催します。

日時:平成30年2月11日(日・祝)午前10時~午後3時
会場:船橋市西図書館(千葉県船橋市西船1-20-50)
交通:JR西船橋駅から徒歩約5分または、京成本線京成西船駅から徒歩約15分
主催:社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会
内容:
 午前:眼科医・日比野久美子氏による講演及び相談会
 午後:相談会(千葉県立千葉盲学校、千葉障害者職業センター、視覚障害者総合支援センターちば ほか)
 終日:白杖、読書機(プレクストーク)、便利グッズ等の展示(予定)
お問い合わせ先:社会福祉法人 千葉県視覚障害者福祉協会 
 電話:043-424-2501


社会福祉法人愛光 後援会「愛の灯台基金」主催
 「あいとひかりのコンサート2018 ダ・カーポ」のご案内

日時:2018年4月21日(土)13:30開場 14:00開演
会場:四街道市文化センター(千葉県四街道市大日396)
交通:JR四街道駅北口より徒歩 15分
JR四街道駅から、バス利用の場合(四街道駅北口バス停)
 千葉内陸バス:「千代田団地」行き乗車 「市役所前」下車 徒歩3分
 ちばグリーンバス:「京成佐倉駅」行き乗車又は、「田町車庫」行き乗車
 「市役所前」下車 徒歩3分
チケット:3,000円(全席自由)
チケット販売先:四街道市文化センター(電話:043-423-1618)
 全国ファミリーマート(チケットペイ)
*チケットは、千葉県視覚障害者福祉協会(電話:043-424-2501)でも取り扱っています。
プログラム:「結婚するって本当ですか」「野に咲く花のように」
ニューアルバム「日本のうたファンタジー」より「みかんの花咲く丘」「糸」「いつでも夢を」他
お問い合わせ先:社会福祉法人愛光 後援会「愛の灯台基金」
電話:043-484-6391 FAX:043-484-6396
Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


図書整理日について
 毎月第1金曜日は「図書整理日」のため、貸出業務は休止となります。
また、電話でのお問い合わせも休止とさせていただきます。皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
1月の図書整理日:1月5日(金) 1月6日(土)は開館しております。
2月の図書整理日:2月2日(金) 2月3日(土)は開館しております。


寄贈資料のご案内
次の資料が寄贈されました。貸出を希望される方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
・日本盲人社会福祉施設協議会 発行
『日盲社協(にちもうしゃきょう)通信(Vol(ボリューム).75)』点字1冊
・日本盲人会連合 発行 『点字 厚生(第264号)』点字1冊
・千葉市視覚障害者協会 発行
『会報 千葉視覚(№79)』点字1冊・拡大文字1冊
・全国盲ろう者協会 発行 『協会だより(№28)』点字1冊
 
次の資料は差し上げます。ただし、部数に限りがあります。
・内閣府政府広報室 発行 
『点字・大活字広報誌 ふれあいらしんばん(Vol.58)』1冊
『明日(あす)への声(Vol.58)』一般CD1枚
・ニッポン放送 発行
『ニッポン放送 点字・拡大文字番組表(平成29年度後期版)』1冊


3.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書)
<一般書>
281*選んだ理由。(石井 ゆかり 著)3冊 ミシマ社 2016年
〔職業、結婚、進学…。人生の岐路で、あなたはなぜ「そっち」を選んだのですか?
『みんなのミシマガジン』連載「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」から抜粋した8回分を大幅に加筆・修正して収録。〕


289*おてんばキクちゃん巴里(パリ)に生きる(チェルビ菊枝 著)4冊 草思社 1999年
〔60年間パリに住む邦人女性の波乱の回想記。フランスかぶれのキクちゃんが、憧れの華の都に単身渡り、ベルエポックを体験する。戦争に翻弄されながらも、溌剌と生き抜く人生をすがすがしく綴る。〕


293 カナダ ――週刊世界遺産シリーズ(講談社[編])講談社 2011年
 46――カナディアン・ロッキー山脈国立公園群 1冊 
 60――ケベック旧市街の歴史地区 1冊


774*天才と名人――中村勘三郎と坂東三津五郎(長谷部 浩 著)3冊 文芸春秋 2016年
〔名門の天才坊やとして注目された歌舞伎界のサラブレッド、勘三郎。渋い脇役の家に重い期待を背負って生まれた三津五郎。生前親交の深かった劇評家が、対照的な二人の芸と人生を描き出す。〕


783*高校野球は頭脳が9割――野球の強化書(後原(せどはら) 富(ひさし) 著)
3冊 東邦出版 2013年
〔野球とは準備のスポーツ。頭を使って心と身体を準備することで、成功の確率が高まる――。著者のプロ、高校野球の指導を通じた経験則から得た基礎、基本、セオリーを紹介。野球訓、人生訓も収録。〕


801*ソシュール超入門(ポール・ブーイサック 著,鷲尾(わしお) 翠(みどり) 訳)4冊 講談社 2012年
〔自然言語がもつ「恣意性(しいせい)/必然性」「安定性/不安定性」「論理性/非論理性」などの不思議について、ソシュール本人の問題意識に立ち戻って、丁寧・平易・明確に記述する画期的入門書。〕


<文学書>
913*命の後で咲いた花(綾崎(あやさき) 隼(しゅん) 著)5冊 KADOKAWA 2017年
〔榛名(はるな)なずなは、第一志望の教育学部に入学したが、大学生活は苦労の連続だった。そんな日々の中、なずなは、窮地を一人の男子学生に救われる。二つの夢が出会った時、一つの恋が生まれ、その未来が大きく揺れ動いていく。〕


913*京都骨董ふしぎ夜話(獅子 ししゃも 著)3冊 KADOKAWA 2015年
〔京都祇園の路地裏にたたずむ「桃枝(ももえだ)骨董店」には、毎日不思議な“ご縁”が
品物とともに舞い込んでくる。店主・未之助(みのすけ)の孫娘・光(ひかり)が全寮制の高校を卒業し、帰ってくると同時に、馴染みの刑事からある品物の問い合わせが入る。〕


933*プレイバック(レイモンド・チャンドラー 著,村上 春樹 訳)4冊 早川書房 2016年
〔列車で到着するという若い女の尾行を依頼された私立探偵フィリップ・マーロウ。依頼主の高圧的な態度に苛立ちながらも駅に出向くと、彼女には不審な男がまとわりつき…。「私立探偵フィリップ・マーロウ」シリーズの新訳。〕


<児童書>
J210 歴史を味方にしよう(童門 冬二 著)1冊 PHP研究所 2016年
〔歴史作家である著者が、生きていくための手がかりや、足がかりとしての歴史との関わり方を、やさしく紹介。〕


J653 広島の木に会いにいく(石田 優子 著)3冊 偕成社 2015年
〔被爆樹木を守る樹木医や、被爆と木の思い出を語る被爆者たちを通して、被爆樹木と原爆について考えるノンフィクション。〕


J837 Three Stories of Fear and Madness――エドガー・アラン・ポー傑作短編集(エドガー・アラン・ポー 著)IBCパブリッシング 2014年
〔怪奇小説の巨匠エドガー・アラン・ポーの作品から、「モルグ街の殺人事件」「アモンティラードの樽」「アッシャー家の崩壊」の3編を収録。英語点字の新表記であるUEB(統一英語点字)を採用し、縮約を用いた点字と用いない点字を併記。〕


J913 西遊後記 3――河(か)の巻(斉藤 洋(ひろし) 作)2冊 理論社 2014年
〔長安の都では、日照りでもないのに芙蓉池が干上がりそうになっているという。原因をつきとめようと孫悟空が駆けつけたとき、すでに、三蔵法師の弟子が、仏法で池の水を枯らしたという疑いで、将軍に捕らわれていた。〕


J913 3+6の夏――ひろしま、あの子はだあれ(中澤 晶子(しょうこ) 作)1冊
 汐文社(ちょうぶんしゃ) 2015年
〔広島で絵画教室に通う子どもたちのスケッチブックに、突然、描いてもいない絵が現れた。これはおばけ? 六人の4年生が二人ずつ、それぞれ体験する不思議なできごと。その謎を解く鍵は、七十年前のあの日、広島で起こったことにあった…。〕


(テープ図書)
369 障害者白書 平成29年版(内閣府[編])6巻 勝美(しょうび)印刷 2017年
〔平成28年度を中心に、日本の障害者施策全体の概況を紹介する白書。相模原市の障害者支援施設における事件の検証および再発防止の取組とともに、共生社会の実現に向けた課題に関する国民の理解促進のための啓発等を記す。音声デイジーもあります。〕


(一般CD図書)
779 中沢家の人々 完全版(三遊亭 圓歌(えんか)[演])(1:06)[オーマガトキ] 2005年
〔高齢化社会を笑って乗り切れ!爆笑大人気落語「中沢家の人々」を完全収録。
通常の寄席(よせ)では時間の都合上、15分から20分で口演されている十八番(おはこ)ネタを、フルバージョンで熱演。〕


(音声デイジー図書)
<一般書>
132 オリゲネス――人と思想113(小高(おだか) 毅(たけし) 著)(7:33)清水書院
 2016年
〔キリスト教神学の揺籃期、神・キリスト・人間との間に織りなされる壮大なドラマともいうべき神学を構築したオリゲネス。不世出の思想家の生涯を描く。〕


132 トマス=アクィナス――人と思想114(稲垣 良典(りょうすけ) 著)(8:05) 清水書院 2016年
〔中世の精神文化を代表する作品「神学大全」の著者トマス=アクィナス。同時代人の伝記や、トマスの著作からの引用により、彼の思想の発展と生涯を辿る。〕


134 ホルクハイマー ――人と思想108(小牧(こまき) 治(おさむ) 著)(9:15)清水書院 2014年
〔「批判理論」をかかげるフランクフルト学派の中心人物だった哲学者ホルクハイマーの生涯をたどるとともに、彼の弁証法を探究する。〕


135 メルロ=ポンティ――人と思想112(村上 隆夫 著)(8:20)清水書院 2014年
〔視覚について考え続け、マルクス主義に希望を託して挫折した哲学者メルロ=ポンティ。生まれ育った時代背景から、その著書や思想を幅広く説明する。〕

 

147 成功している人は、なぜ神社に行くのか?(八木(やぎ) 龍平(りゅうへい) 著)
(5:58)サンマーク出版 2016年
〔科学者×霊能者の著者による、おもしろくて、運がよくなる本。日本の偉人たちは知っていた神社がもつ秘密の力や、神さまと仲良くなり成功していくための祈り方、願いをかなえる神社の見えない仕組みなどを紹介する。〕


289 西光(さいこう)万吉(まんきち)――人と思想110(師岡(もろおか) 佑行(すけゆき) 著)(10:38)清水書院 2016年
〔部落解放を求めて全国水平社の創立につとめ、戦後、不戦世界の建設を説き続けた西光万吉。彼の生涯を明らかにする。〕


289 ファラデーとマクスウェル――人と思想115(後藤 憲一(けんいち) 著)(7:33)
清水書院 2016年
〔電気磁気の法則を見いだし、電気と電波の利用の道を拓いたファラデーとマクスウェル。彼らの生涯をたどりつつ、その偉業を紹介する。〕


291*京成線さんぽ([交通新聞社][編])(10:35)交通新聞社 2015年
〔関東有数の大手私鉄でありながら、ローカル線の郷愁も持ち合わせる京成線。京成本線の京成上野駅から、京成千原線のちはら台駅まで、沿線のグルメや見どころなどを案内。データ:2015年2月現在。〕


366 私たちのしごと――障害者雇用の現場から(小山(こやま) 博孝(ひろたか) 著)(7:50)岩波書店 2015年
〔障害がある人たちの職場進出が速度を増している。障害者当人はどんな思いでいるのか、受け入れ側はどう感じているのか。40年近く彼らの働く姿を取材してきた写真家が、その現場をレポートし、新しい動きと今後の課題を語る。〕


369 障害者白書 平成29年版(内閣府[編])(8:38)勝美(しょうび)印刷 2017年
〔平成28年度を中心に、日本の障害者施策全体の概況を紹介する白書。相模原市の障害者支援施設における事件の検証および再発防止の取組とともに、共生社会の実現に向けた課題に関する国民の理解促進のための啓発等を記す。テープもあります。〕


378 吃音のことがよくわかる本 イラスト版(菊池 良和 監修)(4:37)講談社 2015年
〔子どもの気がかりな話し方。何ができるのか、どうすればよいのか…。吃音の原因、現れ方、家庭・学校での対応など、不安や悩みを解消する正しい知識と子どもを守る対策を、イラストとともに解説。〕


493 拒食症と過食症の治し方 イラスト版(切池(きりいけ) 信夫 監修)(15:18)
 講談社 2016年
〔摂食障害の治療には、本人が治そうと決心し、努力していくことが必要です。ストレスに気づき、軽減する方法、医療機関とのつきあい方など、自分でできる方法を具体的に、ひと目でわかるイラスト図解を用いて説明。〕


493*自律神経失調症の治し方がわかる本 最新版(村上 正人(まさと),則岡(のりおか) 孝子 共著)(8:11)主婦と生活社 2011年
〔自律訓練法、森田療法、認知行動療法、東洋的療法など、自律神経失調症の最新治療法をわかりやすく解説。非定型うつ、慢性疼痛との関係も取り上げる。チェックリスト付き。〕


538 ドローンの世紀――空撮・宅配から武装無人機まで(井上 孝司(こうじ) 著)
(6:57)中央公論新社 2015年
〔ドローンは、新しいビジネスを生み出す「空の産業革命」か、搭乗員を必要としない「無人暗殺機」か。ドローンの、民生・軍事両面での可能性と限界を描き、その「真実の姿」を明らかにする。〕


726*3月のライオン 3――March comes in like a lion(羽海野(うみの) チカ 著,先崎(せんざき) 学(まなぶ) 将棋監修)(2:39)白泉社(はくせんしゃ) 2009年
〔年末に体調を崩していた桐山(きりやま)だが、心配して駆けつけた川本家の3姉妹のあたたかい看病を受けて回復する。復調した桐山は、因縁の相手・後藤九段と対決すべく獅子王戦挑戦者決定トーナメントに挑むのだが…。〕


726*3月のライオン 4――March comes in like a lion(羽海野 チカ 著,先崎 学 将棋監修)(2:34)白泉社 2010年
〔島田(しまだ)八段の研究会に参加した桐山は、宗谷(そうや)名人との共通点を指摘される。一方、獅子王戦の挑戦者となった島田は、宗谷との厳しい対局で疲弊し、徐々に体調を崩していく…。桐山は体調不良の島田八段に付き添い、一路京都へ旅立った…。〕


<文学書>
913 バーにかかってきた電話(東(あずま) 直己(なおみ) 著)(10:52)早川書房
 1996年
〔いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになる。映画「探偵はBARにいる[1]」の原作。〕


913 探偵はひとりぼっち(東 直己 著)(13:19)早川書房 1998年
〔みんなに愛されていたオカマのマサコちゃんが、全身をめった打ちにされて殺された。やがて、若いころ愛人同士だったという北海道選出の代議士に、スキャンダルを恐れて消されたのではないかという噂が流れはじめる。映画「探偵はBARにいる2」の原作。〕


913 旅猫リポート(有川 浩(ひろ) 著)(7:30)文芸春秋 2012年
〔「さあ、行こう。これは僕らの最後の旅だ」秘密を抱いた青年と1匹の相棒が見る美しい景色、出会う懐かしい人々。その旅の行方は…。現代最強のストーリーテラーによる、青年と猫のロードノベル。〕


950 サン=テグジュペリ――人と思想109(稲垣 直樹 著)(7:29) 清水書院 2015年
〔パイロットであり、『星の王子さま』の著者としても知られるサン=テグジュペリ。読者をやさしい気持ちで満たしてくれる彼の作品の秘密について探る。〕


4.おすすめ図書の紹介(センター職員より)
 『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』という本をご紹介したいと思います。
山中伸弥(やまなかしんや)、羽生(はぶ)善治(よしはる)、是枝(これえだ)裕和(ひろかず)、山極(やまぎわ)壽一(じゅいち)と耳にして知らない方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか? 多くの実績を残され、今でも各界の第一線で活躍されている、著名人です。しかし、そんな偉人・天才とも呼ばれる方々も失敗を繰り返し、挫折を何度も味わい今があります。そして、「努力・挑戦」することの大切さを再認識することができる一冊です。 京都産業大学での講演・対談シリーズの中で、京都大学名誉教授である永田(ながた)和宏(かずひろ)がインタビュアーとなり、一人一人と対談した内容が書かれています。
(塚越)
以上

 

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1801.doc)図書館だより1801.doc[ ]166 kB