以下、本文
1.「わくワークちばてんフェスタ2018」へのお誘い
所長 川崎 弘
 6月18日に発生した大阪北部地震において、被災された皆様にお見舞い申し上げます。日頃の備えについて見直す意味で身の引き締まる思いです。
 さて、7月を迎えました。梅雨明けとともに暑い夏到来です。皆様、夏はお好きですか? 暑さは苦手という方もおられるでしょう。逆に何をするにもわくわくする方もおられるでしょう。そんな夏真っ盛りの7月27日金曜日に「千視協プレゼンツ わくワークちばてんフェスタ2018」を開催します。
 これまで2日間で行っていた公開イベントですが、それをぎゅっと1日に絞ってお届けします。現在、実行委員会を中心にすべての職員が、皆様をお迎えする準備を進めています。 行事内容の詳細はあとのご案内に譲りますが、今年はゆるキャラが2体登場します。地元四街道市社会福祉協議会のイメージキャラクター「モモちゃん」、そして千葉市から加曾利貝塚のPR大使「かそりーぬ」が皆様をお出迎えします。昨年の「チーバくん」も人気でしたが、今年もみんなに囲まれることでしょう。撮影スポットも用意しますので、ぜひ触れてみてください。
 盲導犬体験は今年も日本盲導犬協会のご協力のもと行われます。こちらもぜひお立ち寄りください。各フロアごとのイベント、体験コーナーも回を重ねるごとに力が入ってきました。普段なかなか足を運んでいただけないスペースも公開しますので、是非まわってみてください。思わぬ出会いが待っているかもしれません。模擬店はお近くのお店のご協力を頂いております。味は確かです。
 今年は「楽しく知ろう!五感の可能性」をキャッチコピーとしました。音楽イベント、アロマ体験、各フロアイベント等すべてが五感に訴えるものです。暑い夏の一日をぜひ千視協(ちしきょう)でお過ごしください。お待ちしています。
 多くの皆様に支えられ、私たち職員一同これからも、これまで以上に皆様に利用していただける施設づくりを目指しますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2.支援センターからのお知らせ
図書整理日について
 毎月第1金曜日は「図書整理日」のため、貸出業務は休止となります。
また、電話でのお問い合わせも休止とさせていただきます。皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
7月の図書整理日:7月6日(金)  7月7日(土)は開館しております。
8月の図書整理日:8月3日(金)  8月4日(土)は開館しております。


千葉県視覚障害者福祉協会パンフレット(オーディオCD版)について
 社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会(千視協(ちしきょう))のパンフレットの、
オーディオCD版が完成しました。配布を希望される方は、代表電話(043-424-2501)までご連絡ください。


「わくワークちばてんフェスタ2018」について
 施設公開行事「わくワークちばてんフェスタ2018~楽しく知ろう! 五感の可能性~」を次のとおり開催します。入場は無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

日時:2018年7月27日(金)10:00~15:30
会場:視覚障害者総合支援センターちば(イベント会場:5階 会議室)
 四街道市四街道1-9-3(JR四街道駅 北口より徒歩3分)

≪イベントプログラム≫
7月27日(金)
10:00~10:30
 開会式(場所:5階 イベント会場)

10:30~12:00 音楽イベント
オカリナ演奏(視覚障害当事者による演奏
 演奏:多田(ただ) 芳彦(よしひこ) 氏
 伴奏:松丸(まつまる) 修二(しゅうじ) 氏

多田芳彦(ガチョウ)氏・プロフィール】
昭和27年生まれ。千葉盲学校卒。
23年前にオカリーナと出会い、土笛独特の音色のとりこになった。オカリーナは我流。
ガチョウのオカリーナの音色は、ガチョウ式奏法でなければ出せない、クリスタルサウンド! コンサートは自主企画と依頼によるものを合わせて、年に十数回行っている。本業は鍼灸師。しかし、本業に費やす時間よりも、オカリーナに費やす時間の方が、はるかに上回っている。

<演奏曲目>
「ひまわり娘」、「さとうきび畑」、「グリーングリーン」、「となりのトトロ」、「大きな古時計」、「月の砂漠」、「結婚するって本当ですか」、「野に咲く花のように」、「花は咲く」、「コンドルは飛んでいく」、「フニクリフニクラ」。

フラメンコギター演奏
 演奏:フラメンコギターデュオ池川(いけがわ)兄弟

池川兄弟・プロフィール
「日本中にフラメンコの情熱・元気・感動を伝えたい!」をコンセプトに活動する兄弟フラメンコギターデュオ。ラテン歌手である父親の影響で兄6歳、弟5歳のときにフラメンコギターを高橋秀男に師事。中学の頃よりフォーク・クラシック・ジャズ・ラテンなどの様々なジャンルの音楽を経て、大学時代より再びフラメンコギターに戻り、伊藤日出夫、東権(とうごん)正男(まさお)に師事。

 2002年夏、「フラメンコギターデュオ池川兄弟」結成。
 2003年、本場のフラメンコを求めスペインへ留学。
 帰国後は中国公演を皮切りに、全国のライブハウスやイベントにて活動。
 保育園、老人ホームでの定期演奏も精力的に行っている。

参照:株式会社内藤音楽事務所
ホームページ(http://www.naito-m-e.co.jp/artist/view/36/)、
池川兄弟オフィシャルサイト(http://bros.guitarrista.jp/)より

 

13:00~15:00
アロマ体験(場所:5階 会議室)
 内容:アロマオイルを使って手作りしよう!(材料費:500円)
 講師:飯髙(いいだか) 祥子(しょうこ) 氏
 定員:20名(事前予約:10名、当日受付:10名)

≪その他≫
盲導犬体験歩行(日本盲導犬協会)10:00~15:30
モモちゃん(四街道市社会福祉協議会:イメージキャラクター)、かそりーぬ
(加曽利貝塚PR大使)が来場予定。※ゆるキャラ撮影スポットあり。
各フロアで様々な体験コーナー、小学生以下のスタンプラリー、
模擬店(パン、お弁当、クレープ、ドリンク各種ほか)を予定。

≪アロマ体験の事前受付について≫
7月27日(金)のアロマ体験について、電話による事前予約を受け付けます。
受付開始:7月2日(月)より ※定員(10名)になり次第、締め切ります。
受付時間:9:00~17:00
電話:043-421-5199(総合窓口)
当フェスタについてのお問い合わせは、電話(総合窓口) 043-421-5199 まで、お願いします。


「わくワークちばてんフェスタ2018」当日の用具部、貸出受付について
 「わくワークちばてんフェスタ2018」当日の、用具および貸出の電話でのお問い合わせは、休止します。貸出は返却のみ受付いたします。どうぞご了承ください。緊急の場合は、代表電話(043-424-2501)へ お願いします。


声の花束 吉成(よしなり)庸子(ようこ)作品朗読と歌の会――視覚障害者支援チャリティー公演2018のご案内

日時:2018年7月21日(土)開場:13:00~ 開演:14:00~
会場:千葉市文化センター3階アートホール
入場料:一般 4,000円、小・中学生 1,000円(全席自由)
前売券売所:
 千葉市文化センター  TEL:043-224-8211
 千葉市民会館     TEL:043-224-2431
 千葉市若葉文化ホール TEL:043-237-1911
 千葉市美浜文化ホール TEL:043-270-5619
 千葉市男女共同参画センター TEL:043-209-8771
 
 千葉県視覚障害者福祉協会 TEL:043-421-5199
 ※予約で受付し、代金は当日会場でお支払いただきます。
出演:朗読「七夕情話」若林 豪(ごう)(俳優)、朗読「くちなしの花」川島 昭恵(あきえ)
(視覚障害当事者の語り部)、朗読「木枯らし」清郷(きよさと) 流号(りゅうごう)(俳優)、
 トークと歌のショー 高田 恭子(きょうこ)(歌手)ほか
主催:声の花束実行委員会
お問い合わせ先:株式会社双美(ふたみ)(TEL:043-215-7015 FAX:043-215-8068)
吉成庸子(TEL:090-2201-8080)


寄贈資料のご案内
●次の資料が寄贈されました。貸出を希望される方は、貸出担当(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
・日本盲人会連合 発行 『点字 厚生(第267号)』点字1冊
・東京都盲人福祉協会 発行 『東京都盲人福祉協会』点字1冊・拡大1冊

●次の資料は差し上げます。ただし部数に限りがあります。
・TBSラジオ 発行
 『TBSラジオ点字・拡大文字音声コード番組表(春夏号)』1冊
・弱視者問題研究会 発行
 『弱問研(じゃくもんけん)つうしん(№467)』拡大1冊


3.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書)
<一般書>
293 南スペイン・アンダルシアの風景(川成(かわなり) 洋(よう),坂東(ばんどう) 省次(しょうじ) 共編)4冊 丸善 2005年
〔セビーリャ、コルドバ、グラナダ、コスタ・デル・ソル…。フラメンコや闘牛、白い家並みといったアンダルシア地方に魅せられた、各界で活躍する37名が自身の体験をベースにしながら、その魅力を余すところなく語りつくす。〕


320 刑法 ストーカー行為等の規制等に関する法律 再犯の防止等の推進に関する法律 2冊 総務省e(イー)-Gov(ガブ)法令検索 2017年
〔平成28年6月3日改正の「刑法」、平成28年12月14日改正の「ストーカー行為等の規制等に関する法律」、平成28年12月14日公布の「再犯の防止等の推進に関する法律」を収録。〕


320 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律 2冊 総務省e-Gov法令検索 2017年
〔組織的な犯罪に対する処罰の強化、犯罪による収益の隠匿行為等の処罰、犯罪による収益の没収・追徴の特例等を定めた法律。平成28年6月3日改正。〕


320 マンションの建替え等の円滑化に関する法律 2冊 総務省e-Gov法令検索 2017年
〔マンションの建替え又は除却する必要のあるマンションに係るマンション敷地売却の円滑化を図ることを目的とした法律。平成26年6月13日改正。〕


338 日銀を知れば経済がわかる 改訂新版(池上(いけがみ) 彰(あきら) 著)3冊 平凡社 2017年
〔デフレ脱却のための異次元緩和、マイナス金利導入…。強力な金融緩和策を推し進める日銀の動向に注目が集まっている。2009年刊の旧版以降のデータを更新し、日銀誕生から最新の政策までを池上彰が丁寧に解説。〕


369 高齢社会白書(概要版)平成29年版[内閣府政策統括官(共生社会政策担当)編]2冊  内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2017年
〔我が国の高齢化の状況等を分析するとともに、平成28年度に政府が講じた高齢社会対策の実施状況及び平成29年度に講じようとする対策の概要をまとめる。〕


557*タイタニック号99の謎 新装版(福知(ふくち) 怜(れい) 著)3冊 二見(ふたみ)書房  2012年
〔なぜ氷山警告信号は無視されたのか? 見張り台の双眼鏡はなぜ消えたのか?
海底のタイタニック発見でわかった衝撃の真実とは? 超大型豪華客船タイタニック号の悲劇に秘められた99の謎を紹介。〕


767*大人のSMAP(スマップ)論(速水(はやみず) 健朗(けんろう)[ほか]著)2冊 宝島社 2016年
〔2016年12月31日、SMAPが解散した。ジャニーズの“落ちこぼれ”といわれたグループは、なぜ国民的アイドルになり得たのか? 革命的アイドルの奇跡と偉業を語り尽くす。〕


<文学書>
911.1 馬上(ばじょう)――小島ゆかり歌集(小島 ゆかり 著)1冊 現代短歌社
 2016年
〔2013年夏から2015年夏までの作品の中から519首を収録した、著者の第13歌集。第67回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。〕


913*ようするに、怪異ではない。(皆藤(かいとう) 黒助(くろすけ) 著)4冊 KADOKAWA 2015年
〔高校に入学した皆人(みなと)が出会ったハル先輩は、筋金入りの妖怪マニア。彼女は皆人のもとに「妖怪がらみの事件」とやらを次々に持ち込んできて…。爽やかでほろ苦い青春ミステリ。〕


913*Bの戦場――さいたま新都心ブライダル課の攻防(ゆきた 志旗(しき) 著)
3冊 集英社 2016年
〔「絶世のブス」ながら、気立ての良さでウェディングプランナーとして活躍する北條(ほうじょう)香澄(かすみ)。ある日、超イケメンでハイスペックな上司の久世(くぜ)から求婚(プロポーズ)されるが、彼は「ブス」を崇拝し、敬愛する変人で!? 痛快お仕事小説。〕


<児童書>
J648 焼き肉を食べる前に。―― 絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた(中川 洋典(ひろのり) 聞き手) 2冊 解放出版社 2016年
〔普段の生活で当たり前に食べているお肉は、もともとは生きた動物の肉体であり、
食肉業という職についた人の手によって食べ物になっている。食肉業についている9人の職人たちの、屠蓄という仕事に対する思いや喜び、悩みを丁寧に伝えるインタビュー集。〕


J913 三まいのおふだ――日本(にっぽん)昔ばなし1(小澤(おざわ) 俊夫(としお) 再話)1冊  くもん出版 2016年
〔薪を拾いに出かけた帰り道、小僧は恐ろしい「やまんば」につかまってしまう。そこで小僧は、和尚さんからもらった、不思議なおふだを使って、何とか「やまんば」から逃げようとする。〕


J913 ねずみのよめいり――日本昔ばなし2(小澤 俊夫 再話)1冊 くもん出版 2015年
〔大事に育てた娘ねずみが年頃になった。世界でいちばんえらいものに、嫁にやりたい親ねずみ。そこで、次々にえらいものを渡り歩きながら、ついに見つけた最高のお婿さんとは…?〕


J913 とら猫とおしょうさん―― 日本昔ばなし3(小澤 俊夫 再話)1冊 くもん出版 2017年
〔貧乏寺の和尚さんは、とら毛の猫をかわいがっていた。ところが、その猫は夜中になるといなくなるので、不思議に思った和尚さんは、ある晩、こっそりあとをつけた。〕


J913 仙人のおしえ――日本昔ばなし4(小澤 俊夫 再話)1冊 くもん出版 2016年
〔あるところに、目の見えない母親と暮らす親孝行の若者がいた。ある日、「母親の目をなおしたければ、仙人にお願いしてみよ」という夢のおつげを得た若者は、仙人を探す旅に出かけた。〕


J913 うらしまたろう――日本昔ばなし5(小澤 俊夫 再話)1冊 くもん出版 2016年
〔亀を助けたうらしまたろうは、竜宮城に招かれる。故郷に戻ると長い時が過ぎていて、家はなくなっていた…。本作では、島根県に古くから伝わるストーリーがベースとなっている。〕


J913 ようふくなおしのモモーヌ(片山 令子 作)1冊 のら書店 2015年
〔町からやって来たきつねのモモーヌは、シナモン村の丘の上、中庭のある小さな家で洋服直しの店を始める。モモーヌと店を訪れる村の動物たちの、心あたたまる物語。〕


J913 狐霊(こりょう)の檻(おり)(廣嶋(ひろしま) 玲子 作)3冊 小峰(こみね)書店 2017年
〔富と権力をほしいままにする阿豪家(あごうけ)に囚われた狐霊「あぐりこ」。解放され、美しい故郷の森へ帰ることを切に願うあぐりこを助けるため、千代は命をかけて阿豪家に立ち向かう。〕


J933 ボノボとともに――密林の闇をこえて(エリオット・シュレーファー 作,ふなと よし子 訳)5冊 福音館(ふくいんかん)書店 2016年
〔夏休みにアメリカから、母のいるコンゴ民主共和国にやってきた14歳のソフィーは、ボノボ(ヒトに最も近いといわれるサル)の保護センターを経営する母のもとで、オットーと名付けたボノボの子の世話をすることになる。〕


J933 アーデン城の宝物(E.ネズビット 著,井辻(いつじ) 朱美(あけみ)[ほか]訳)6冊 東京創元社 2014年
〔姉のエルフリダと弟のエドレッドは、崖の上の家におばさんと住んでいる。ふとしたことからエドレッドがアーデン家の当主であることがわかり、二人はアーデン城に移り住むことになる。〕


J953 バイバイ、わたしの9さい!(ヴァレリー・ゼナッティ 作,伏見(ふしみ) 操(みさお) 訳)1冊 文研出版 2015年
〔もうすぐ10歳になるタマラは、ある日、新聞で「世界では、4秒に1人が、餓えで命を失っています。」という言葉を見つけた。ニュースを見て見たら、なんと世界は不幸であふれていた。〕


(音声デイジー図書)
<一般書>
007 My(マイ) File(ファイル)活用術(ラビット[編])(3:16)ラビット 2016年
〔PC-Talkerの付属ソフト・MyFile。フォルダの作成やファイルのコピーなどを始め、
ファイル検索や圧縮・解凍など、MyFileの知られざる魅力を網羅した教材。〕


019*死ぬ前に後悔しない読書術(適菜(てきな) 収(おさむ) 著)(4:03)ベストセラーズ 2016年
〔「情報を仕入れるための読書」からいい加減、卒業しよう。「本の読み方」で人生は確実に変わる。作家・哲学者である著者が先人の知恵に学びながら、後悔しない読書術を示す。〕


290*世界一周バイクの旅十五万キロ――アフリカ・中東編(坪井(つぼい) 伸吾(しんご)著)(7:59)ラピュータ 2011年
〔ライオンと追いかけっこ、トゥルカナ族の結婚式、義賊たちの素顔…。バイクで世界一周を達成した著者が、未知の地であるアフリカ・中東を旅した際のエピソードを綴る。超オモシロ実話も満載。〕


367*ルポ老人地獄(朝日新聞経済部 著)(8:30)文芸春秋 2015年
〔男女混合で雑魚寝、汚物の処理もせずノロウイルスも蔓延…。こんな老後に誰がしたのか? 硬骨の本格的社会派ルポ。〕


686*総武線・京葉線――街と駅の1世紀(生田(いくた) 誠(まこと) 著)(5:32)
 アルファベータブックス 2015年
〔首都と関東平野の東端を結ぶ鉄道路線、総武線。湾岸地域を通る京葉線。東京から船橋、千葉、銚子までの総武線と、東京から新木場、新浦安、蘇我までの京葉線の、各駅の歴史、街、名所などを写真とともに紹介。〕


<文学書>
913*異世界落語1(朱雀(すじゃく) 新吾(しんご) 著,柳家(やなぎや) 喬太郎(きょうたろう) 落語監修)(9:50)主婦の友社 2016年
〔魔族の侵攻により滅亡の危機を迎えていた世界・ターミナルでは、異世界から救世主を召喚することに。「サムライ」「ニンジャ」等、特殊技能を持つ者の中から選ばれたのは「ハナシカ」で…。『小説家になろう』掲載を書籍化。〕


913*異世界落語2(朱雀 新吾 著,柳家 喬太郎 落語監修)(10:05)主婦の友社 2017年
〔多くの落語を異世界落語にしてターミナルに浸透させていく一福(いっぷく)。そんな中、サイトピアに一人の老騎士が帰ってきた。かつては勇敢な剣士だったが、今や酒浸りの彼に一体何が起きたのか…。〕


913*仇討(あだうち)旅(たび)――孫連(まごづ)れ侍(ざむらい)裏稼業(うらかぎょう)(鳥羽(とば) 亮(りょう) 著)(7:10)幻冬舎(げんとうしゃ) 2017年
〔家督を譲った嫡男を妻女もろとも何者かに惨殺された伊丹(いたみ)茂兵衛(もへえ)。
下手人が江戸に向かったと知らされ、孫の松之助(まつのすけ)を従えて国を後にする。仇討を誓う茂兵衛だったが、暮らしのため、いつしか闇の仕事に手を染めるようになり…。〕


933*パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊(テッド・エリオット[ほか]原案,ジェフ・ナサンソン 脚本,エリザベス・ルドニック 著,入間 真(しん) 訳)(6:38)宝島社 2017年
〔孤高の海賊ジャック・スパロウへの復讐に燃える、海の死神・サラザールが、“魔の三角海域”から解き放たれた――。これまで明かされることのなかったジャック誕生の瞬間がついにベールを脱ぐ! 2017年7月に公開された映画を小説化。〕


4.おすすめ図書の紹介(センター職員より)
 伊坂幸太郎作品の面白さは、あちこちに引いた伏線を竜巻のように回収していく気持ちの良さと、登場人物の魅力だろう。言葉遊びのように交わされる会話や、作品間でちらほら顔を出す癖のある脇役的登場人物。いくつかの作品を読む事でも新たな面白さを感じられる。
(生活支援担当 K)

 

『ラッシュライフ』新潮文庫(2005年)
 章ごとに次々と切り替わる数日間。仙台駅展望台前で数人の男女が間接的に出会い、それぞれの人生に少しだけ影響し合う。バラバラ殺人事件が、「お金」と「宗教」と「捨て犬」とそれ以外、それぞれが大切にするものは何かを浮き彫りにする。一体どこが始まりでどこが終わりなのか。ひどく絡んだ糸がほぐれていくような爽快感を感じられる作品だ。

 

『マリアビートル』角川文庫(2013年)
 息子を殺され仇討ちを目論む父親、裏社会で活躍する腕利きのコンビ、不運に憑りつかれた殺し屋。東北新幹線内で繰り広げられるトランクの奪い合いと、思いもよらない数々のトラブルと殺し屋七尾の救いようの無い不運。3つの目線から見る事で、少しずつ輪郭がはっきりしてくる問題と共に、終点で問題は決着する。物語はどのようなラストを迎えるのか。最後まで先の読めない高揚感を抱ける作品だ。

 

『首折り男のための協奏曲』新潮文庫(2016年)
 「首折り男」はバランスをとる為に時々人を助ける。短編集であるが、それぞれの物語のキーパーソンとなるのがこの男。彼のストーリーは描かれず、他の登場人物の物語によって浮かび上がってくる。「天網恢恢疎にしてそこそこ漏らす」。人生は時々救われる。肩の力が抜けるような気持ちの良い作品である。
以上

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1807.docx)図書館だより1807.docx[ ]86 kB
このファイルをダウンロード(図書館だより1807.txt)図書館だより1807.txt[ ]18 kB