1.ご案内
■コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ、北海道(道南)&船旅」というツアーです。
●期間:2011年9月9日(金)から9月12日(月)までの4日間
●募集定員:30名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
●費用:138,000円(3名1室利用のお一人様料金)
 162,000円(2名1室利用のお一人様料金)
 195,000円(1名1室利用のお一人様料金)
●旅行申込締切日:2011年8月19日(金)
●問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部
   電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール:info@teamcom.co.jp
 ホームページ:http://www.teamcom.co.jp/ まで お願いします。
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)

■国立天文台野辺山 特別公開のお知らせ
 国立天文台野辺山観測所では、日頃行われている天体観測の様子や、最新の天文学研究の成果を
より広く知っていただくため、次の要領で観測所施設の特別公開を行ないます。

● 日時:2011年8月20日(土)午前9時30分~午後4時(入場は午後3時30分まで)
● 場所:国立天文台野辺山
● 展示・見学:通常の見学コースに加えて、45メートル電波望遠鏡や電波ヘリオグラフの各観測室などを見学できます。
また、宇宙・太陽からやってくる電波をとらえる観測装置の仕組みや最新の研究成果を実験と展示で解説します。スタンプラリーや質問コーナーなどもあります。
● 講演会等:
・特別講演会 11:00~12:00 「はやぶさ」とALMAでさぐる太陽系のはじまり
 阪本(さかもと)成一(せいいち)(宇宙航空研究開発機構 JAXA)
・ミニ講演会 12:30~13:00 太陽系外(がい)惑星のふしぎ
 眞山(まやま) 聡(さとし)(総合研究大学院大学)
・ 特別ライブ 14:00~15:00 
 「星空の詩(うた) 2011 in Nobeyama~星の歌に祈りを乗せて~」
  清田愛未(きよたまなみ)(シンガーソングライター)・牛山俊男(自然写真家)
●交通:JR小海線 野辺山駅下車 徒歩30分(野辺山駅から無料シャトルバス運行)
●ご注意:入場無料・雨天決行。スリッパを各自ご持参ください。
 ・講演会等は会場の関係で定員は200名様になります。
・特別講演会、特別ライブについては、整理券を当日講演時間の1時間前に配布する予定です。
なおミニ講演会については、整理券は配布しない予定です。
・天文台内では食事の提供・販売はいたしませんので、ご了承ください。
・当日は会場準備の都合上、一般公開は実施せず、午前9時30分から午後4時のみの開場となります。
●その他:諸事情により、中止になる場合もあり得ます。
●お問い合わせ先:国立天文台野辺山 
 〒384-1305 長野県南佐久郡南牧村野辺山462-2
 電話:0267-98-4300(代表)URL:http://www.nro.nao.ac.jp
 (詳細は随時インターネットホームページでお知らせしますので、ご参照ください)

■「競い合い、助け合うコンサート2011」のご案内
 社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター主催の「競い合い、助け合うコンサート2011~羽ばたけ視覚障害者音楽家たち」が
開催されます。詳細は次のとおりです。

●日時:2011年9月10日(土) <開場> 12:30 <コンサート開演> 13:30 
  <第9回チャレンジ賞・サフラン賞贈呈式> 14:45 <終演予定> 16:30
●会場:セシオン杉並ホール(杉並区梅里1-22-32 電話:03-3317-6611)
   東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅下車 徒歩5分
●チケット:全席自由 3,000円/学生 2,000円/ペアチケット 3,500円(前売のみ)
●出演者:読谷山(よみたんざん)こずえ(ソプラノ)、金城(きんじょう)利(とし)信(のぶ)(三味線・笛・指笛)、
  田島万(ま)祐子(ゆこ)(ピアノ)、筑波大学附属盲学校ハンドベルクラブOG会「あかね」、
  澤村祐司(ゆうじ)(筝)、小畔(こあぜ)香子(きょうこ)(十七絃・三弦)、加藤侑子(ゆうこ)(筝・三弦)、
  コール・トゥインクルスター(女声コーラス)、三好明子(ピアノ)
●その他:当日は、視覚障害関連図書とチャリティ商品の展示販売をいたします。
●お問い合わせ先:社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター
   〒167-0043 東京都杉並区上荻2-37-10 keiビル 電話:03-5310-5051
   FAX:03-5310-5053 Eメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
   HPアドレス:http://www.siencenter.or.jp

2.支援センターからのお知らせ
■パソコン教室のご案内
 当センターでは、千葉県の委託によるIT支援事業を行なっていますが、その一環として、
以下のようにパソコン教室を開催しますので、ふるってご参加ください。
 1回の教室は16時間、1日4時間で4日間です。内容は、音声読み上げソフトPCトーカー、
フォーカストークを使用しての基礎的な講座で、タイピング、文字入力、文書作成、メール、
インターネットなどです。
 日程は、8月2・9・23・30日、9月6・13・20・27日の午前10時から午後3時までです。
10月以降の日程等は、追ってお知らせします。
 なお、千葉県委託によるIT支援事業は、トライアングル西千葉(TEL:043-206-7101)、
ワーク・アイ船橋(TEL:043-336-5112)でも行なっています。日程・内容等については、
直接お問い合わせください。

■「見えない、見えにくい人のための支援フォーラム」のご案内
● 日時:9月10日(土)午後1時30分~午後5時
● 会場:船橋市東部公民館 講堂(JR津田沼駅および新京成 新津田沼駅下車 徒歩5分)
● 内容:竹下義樹氏による講演、支援事業に関するシンポジウムなど
 詳しくは、9月号でお知らせします。

3.図書館からのお知らせ
■小笹会(おざさかい)・新入録音図書のご案内
 兵庫県川西市にお住まいのボランティア・小笹(おざさ)洲(しゅう)一(いち)氏が録音された、
録音図書(テープ・デイジー)の貸出をしております。どうぞご利用ください。

『絵で見る十字軍物語』(塩野 七生(ななみ) 著, ギュスターヴ・ドレ 絵)テープ3巻・
  デイジー(3:03)
〔21世紀にもつながるキリスト教vs.イスラム教、対立の原点。聖地奪還のための大遠征は
どう始まり、どう戦われ、どう破綻したのか…。複雑に絡み合う歴史背景を解きほぐし、
美しい挿絵とともに壮大な物語へと誘い出す。〕

『十字軍物語 1』(塩野 七生 著)テープ7巻・デイジー(9:59)
〔11世紀末、聖都イェルサレムの奪還を誓い、「神がそれを望んでおられる」を合言葉に、
7人のキリスト教国の領主が結集。第一次十字軍の壮絶な戦いは、いかなる結末を見たのか――。
「絵で見る十字軍物語」に続く本編第1弾。〕

『十字軍物語 2』(塩野 七生 著)テープ7巻・デイジー(9:40)
〔聖地イェルサレムに打ち立てられた十字軍国家の希望を一身に集める若きボードワン4世と、
ジハードを唱えるイスラムの英雄サラディン。その全面対決の行方は――。
「絵で見る十字軍物語」に続く本編第2弾。〕

■寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・視覚障害者生活情報センターぎふ 発行 
 『サウンドパーク「心」(2011年6月号)』 デイジー(1:29)
・ソニーマーケティング株式会社 発行
『ソニー聞くカタログCD版(Vol.49)』 一般CD1枚
・全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第207号)』点字1冊
・京都市保健福祉局 保健福祉総務課 発行 
 『見ないで楽しむ京の旅』 墨字1冊(携帯電話・二次元コード付き)
・内閣府政府広報室 発行 『ふれあいらしんばん(第19号)』点字1冊
・内閣府政府広報室 発行 『明日(あす)への声(Vol.19)』一般CD1枚
 ※「明日への声」は、政府広報ウェブサイト「政府広報オンライン」でも公開しています。
    URL:http://www.gov-online.go.jp/pr/media/cd/index.html

4.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部) 
<一般書>
320 地方自治法 9冊 総務省法令データ提供システム 2010年
〔地方公共団体の区分、組織、運営の大綱を定めるとともに、国と地方公共団体との
基本的関係を規定した法律。現行の平成22年6月4日改正内容全文を点訳。〕

366 視覚障害者の職場定着推進マニュアル――ともに働く職場をめざして(高齢・障害者雇用支援機構 雇用開発推進部 企画)3冊 高齢・障害者雇用支援機構雇用開発推進部 2010年
〔視覚障害者の雇用促進、職場定着を目的に、雇用事例、職場における配慮事項、
支援機器や制度等を解説。最新の情報を踏まえた1999年3月初版の改訂版。〕

369 深めよう、レクリエーション――障害者の「生きる喜び」活動支援事例集(全国身体障害者総合福祉センター 編)2冊 日本障害者リハビリテーション協会 2009年
〔障害者のレクリエーション活動支援を行っている講師たちがまとめた実践事例集。
レクリエーションの考え方やレクリエーション関係機関なども紹介。〕

383 世界の野菜を旅する(玉村 豊男(とよお)著)4冊 講談社 2010年
〔野菜を食べることは、その野菜がもつ物語を食べることだ。キャベツやナスといった野菜の起源や
歴史、料理の作り方、実際に栽培した体験等を紹介する。〕

493 医師、看護師、患者・家族によるうつ病の本(衛藤(えとう) 理砂,岡村 志津(しず)英(え) ほか著)2冊 岩波書店 2010年
〔100万人を超える患者がいるといわれるうつ病。本人だけでなく、家族、友人、会社の同僚や
上司などが、どのようにうつ病に向き合ったらいいのかを具体的に紹介。病院の選び方、
日常生活の過ごし方、ひとり暮らしの場合はどうするのか、治療や生活費のこと、薬のことなど、
それぞれの体験をふまえてわかりやすく解説。〕

493 医師、看護師、患者・家族による糖尿病の本(阪本 要一,東(ひがし) めぐみ ほか著)2冊 岩波書店 2010年
〔250万人を超えるといわれている糖尿病の患者。最初のうちは身体に何の異変も起きなくて、
糖尿病であると気がつかないことが多い。専門の医師と看護師、そして患者自身が、最新の治療法、
食事療法、運動療法、医療制度などとともに、日々の暮らしで知っておいたほうが良いことを
詳しく紹介。〕

493 医師、看護師、患者・家族による認知症の本(三宅 貴夫,堀内 園子 ほか著)2冊 岩波書店 2010年
〔200万人を超えるといわれている認知症の人。最初におかしいと思ったとき、認知症と
診断されたとき、家族は本人とどのように向き合えばいいのか。その後の経過とともに、
最新の治療法、介護・看護の方法、家族の気持ちの持ち方、介護保険の利用法、
各ケア施設の特徴などを紹介。〕

519 愚者の質問――富良野自然塾・倉本聰対談集(倉本 聰(そう),林原 博光 共著)4冊 日本経済新聞出版社 2010年
〔環境保全への警告を発し続ける脚本家・倉本聰が、防災、脳科学、気象、生物など、
各分野の専門家8人との対話を通して、環境問題の本質に迫る。〕

610 農は過去と未来をつなぐ――田んぼから考えたこと(宇根 豊 著)4冊 岩波書店 2010年
〔稲だけでなく5700種にも及ぶ生き物も育てている田んぼは、人間だけの場所ではない。
環境稲作を提唱してきた著者が、「農」が持つ本来の価値を紹介する。〕

611*コメほど汚い世界はない(吾妻(あずま) 博勝 著)4冊 宝島社 2009年
〔ライスロンダリングの横行、クズ米・事故米の混入、闇で売買されるブランド米の空袋、
農協「農薬利権」の秘密、収穫量の30倍が流通する魚沼産コシヒカリの謎など、
コメ流通の知られざるカラクリと偽装の手口を完全暴露。〕

681 交通安全白書(概要版)平成22年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当[編])2冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2010年
〔陸上、海上及び航空の分野ごとに、平成21年度の交通事故の状況及び交通安全施策の実施状況、
平成22年度の交通安全施策の計画の概要をまとめたもの。〕

<文学書>
913*最後の喫煙者 (筒井 康隆 著)3冊 新潮社 2002年
〔喫煙者が国家的弾圧を受けるようになっても、おれは喫い続ける――。
地上最後のスモーカーとなった小説家の闘いを描く表題作ほか、全9編を収録。〕

913*ソルハ(帚(ははき)木(ぎ) 蓬生(ほうせい) 著)4冊 あかね書房 2010年
〔1996年9月27日、アフガン政権が崩壊し、タリバンが首都カブールを制圧。
生まれたときから戦争が日常の風景だった少女ビビは、初めてタリバンの厳しい監視下に置かれた
生活を送ることに…。戦禍を生き抜く少女の物語。〕

<児童書>
J913 ピピンとトムトム――怪盗ダンダンの秘密(たかどの ほうこ 作)2冊 理論社 2009年
〔ピピンとトムトムは大の仲良し。二人の将来の夢は、テレビの「怪盗ダンダン」になること。
そんな二人が、100歳のおばあさんチェントさんと一緒に、真夜中に聞こえてくる怪しい物音のなぞを
追うことになりますが…。〕

J929 山の上の火――エチオピアのたのしいお話(ハロルド・クーランダー,ウルフ・レスロー 文)1冊 岩波書店 2007年
〔アフリカで最も古い独立国のひとつエチオピアには、イスラム文化の香りの感じられる珍しいお話がたくさんあります。遠くの山に燃える火に励まされて一夜をあかす少年の話や、オリーブの木から落っこちて、自分は死んでしまったと言い張る木こりの話など14編を収めている。〕

J933 シルクの花(キャロリン・マースデン 作,代田(だいた) 亜香子 訳)1冊 鈴木出版 2008年
〔11歳の少女ノイは、おばあちゃんと姉のティンと一緒に森の中の空き地で過ごす時間が大好き。
画家をめざすノイが、シルクの傘に動物や植物の絵を描くことによって成長していく物語。〕

(テープ図書の部)
<一般書>
760*丸山眞男――音楽の対話(中野 雄(たけし) 著)6巻 文芸春秋 1999年
〔戦後日本の知的リーダーの一人・丸山眞男には、知られざる第二の専門――「音楽」があった。
交流四十余年。思想史・音楽の両分野で丸山に師事した、おそらくは唯一の人物である著者が、
いま初めて明かす刮目すべき「丸山眞男論」。〕

<文学書>
913*されどわれらが日々――(柴田 翔 著)6巻 文芸春秋 1974年
〔何一つ確かなもののない時代に生きる者の青春。生きることの虚しさの感覚を軸にして、
一つの時代を共にした男女大学生たちの生の悲しみを造型した青春文学。点字もあります。〕

914*人間を読む旅(城山 三郎,佐高 信(まこと) 共著)4巻 岩波書店 1999年
〔組織と人間をテーマに、あるべきリーダーの姿を探し続け、存在感のある人物を
描き続けてきた城山三郎と、企業社会日本を批判し、倫理を欠いた政治家、官僚、経済人を
告発してきた佐高信が、いま求められる人物像を語り合う。〕

(CD図書の部)
<一般書>
131*国家 上・下(プラトン 著,藤沢 令夫(のりお) 訳)デイジー 上(14:19)・下(16:28)岩波書店 1986年
〔ソクラテスは国家の名において処刑された。それを契機としてプラトンは、
師が説き続けた正義の徳の実現には、人間の魂の在り方だけではなく、
国家そのものを原理的に問わねばならぬと考えるに至る。プラトン対話篇中の最高峰。〕

291 見ないで楽しむ京の旅 みやこユニバーサル観光のすすめ(京都市保健福祉局保健福祉総務課[編])一般CD(0:35)京都市保健福祉局保健福祉総務課 2011年
〔年齢から障害の有無等にかかわらず、より多くの方に京都を楽しんでいただくため、
「見る」こと以外の四感(「聴」「音」「味」「触」)を研ぎ澄ませて楽しむことで、
「見えても」「見えなくても」同じように楽しめる京都の楽しみ方を示す。〕

304*「大変」な時代――常識破壊と大競争(堺屋 太一 著)デイジー(8:35)講談社 1995年
〔今まさに日本の常識が破壊された。世界4極の大競争がはじまった。
「大変」な時代を勝ち抜く新常識と、ローコスト化への提言。〕

495*ママを守るために生まれてきたよ!(池川 明 著)デイジー(4:37)学研パブリッシング 2010年
〔「お母さん大好き、っていうために生まれてきたんだよ」「ぼくがきたらママが笑ってくれるかな、って思ったの」…。
胎内記憶や誕生記憶をもつ子どもたちが語る、優しさと豊かさにあふれた不思議な世界を紹介。
点字もあります。〕

543 原発事故の本当の恐ろしさ 松井英(えい)介(すけ)氏に聞く(松井 英介[述])一般CD(1:00)視覚障害者生活情報センターぎふ 2011年
〔福島原発事故発生に伴い、「原発事故の本当の恐ろしさ」について、岐阜環境医学研究所所長の
松井英介氏にインタビューしたものを収録。〕

673*カラオケ秘史――創意工夫の世界革命(烏(う)賀陽(がや) 弘道 著)デイジー(5:57)新潮社 2008年
〔世界中の音楽と、生活スタイルを変えてしまったカラオケ。カラオケの「真の発明者」、
原子力博士が通信カラオケを開発した事情…。音楽を愛し、創意工夫を欠かさなかった男たちの情熱と
アイディアが結実するまでを描く。〕

783 ブラインドの皆さん、外へ出てゴルフをしよう!(半田 晴久 著)デイジー(4:04)たちばな出版 2006年
〔日本ブラインドゴルフの父が日本ブラインドゴルフ振興協会を創設、
ワールドシニアゴルフレディースオープンを開催するまでの道を綴る。〕

811 六点漢字入門講座――文字の形、ニュースの漢字(JBS日本福祉放送[編])デイジー(16:06)[原本なし]2011年 
〔JBS日本福祉放送「六点漢字入門講座」の第631回~682回までの放送内容を収録。〕

840 ドイツ語のすすめ(藤田 五郎 著)デイジー(3:22)講談社 1964年
〔ドイツ語教育の第一人者が、身近な例やユーモアをふんだんにとり入れながら、
ドイツ語習得の手引きを示す入門書。〕

<文学書>
913*美(び)姫(き)の夢――妻はくノ一 7(風野(かぜの) 真知雄 著)デイジー(4:25)角川書店 2010年
〔夫の彦馬に逢いたい。その想いを抑えられず、お庭番を抜けて逃亡中の織江は、
変装して彦馬の家に近い、妻恋坂を歩いていた。ある日、怪しげな男が落とした奇妙な形のものを拾う。〕

913*胸の振子――妻はくノ一 8(風野 真知雄 著)デイジー(4:49)角川書店 2010年
〔神田明神近く、大通りの外れにいつのまにかできたごく庶民的な飲み屋「浜路」。
彦馬も度々足を運んでいた。追っ手の影を恐れ、彦馬の周囲に注意を払っていた織江は、
彦馬が訪れるその店の正体を知る。そこには、思いもよらぬ苛酷な運命が待ち受けていたのだった。〕

913 オサキ江戸へ――もののけ本所深川事件帖(高橋 由(ゆ)太(た) 著)デイジー(5:51)宝島社 2010年
〔江戸・本所深川で、献上品の売買を行う、献残屋の手代として働く周吉。
彼はオサキという妖狐に憑かれたオサキモチであり、いつも懐にいるオサキに、恋に仕事にと、
やることなすことからかわれている。ある夜、店の一人娘・お琴がいなくなった。
プレクストークTK-300再生不可。〕

913*異戦国志 11――旌旗散ず(仲(なか)路(じ) さとる 著)デイジー(6:20)学習研究社 1997年
〔小一郎信長を失った豊臣方に、官兵衛お家乗っ取りの噂が流れる。
裏にうごめく高台院の影。西軍は諸将の不安を抱えたまま、再び家康との決戦に挑む!〕

913*異戦国志 12――将星乱舞(仲路 さとる 著)デイジー(6:29)学習研究社 1997年
〔豊臣家の内部分裂を修復するため、淀君は黒田如水の復帰を承諾した。
征夷大将軍に就任し、天下統一に王手をかけた徳川家康。果たして如水はどう動くのか!?〕

913*異戦国志 13――天下一統(仲路 さとる 著)デイジー(6:20)学習研究社 1998年
〔黒田如水と徳川家康、二つの勢力の権力者には死の影が近づいていた。最期の決戦に臨む東西両軍、天下を制する者は果たして誰か?〕

913 雨晴れて――朝帰り半九郎 書き下ろし長編時代小説(早瀬 詠一郎 著)デイジー(7:18)双葉社 2009年
〔江戸は木挽町にある直参旗本の下屋敷。その長屋門に住まう調半九郎靱負は直参旗本の三男だが、
人生修業もかねてひとり暮らしを始めたところ、若年寄配下の陰の与力から十手を預かることに
なった。プレクストークTK-300再生不可。〕

<児童書>
J933 トムは真夜中の庭で 新版(フィリパ・ピアス 作,高杉 一郎 訳)デイジー(9:24)岩波書店 2000年
〔友だちもなく退屈しきっていたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、
昼間はなかったはずの庭園に誘いだされて、ヴィクトリア朝時代の不思議な少女と友だちになり…。〕


5.読書の話題
 ① 旭日中綬(きょくじつちゅうじゅ)章(しょう) 受章・三木(みき) 卓(たく)さん
  詩人・小説家の三木卓さんが旭日中綬章を受章しました。三木卓さんの作品を蔵書の中から
ご紹介します。貸出ができますので、どうぞご利用ください。

『こぶたくん しりたがりやのこぶたくん』(ジーン・バン・ルーワン作,三木 卓 訳)
 点字1冊
〔こぶたくん、妹のアマンダ、おとうさん、おかあさん、そしておばあちゃんの「こぶたくん一家」の
なにげない日々を、あたたかくユーモアたっぷりに描いたお話。〕

『とうさんおはなしして』(アーノルド・ローベル作,三木 卓 訳)点字1冊
〔ねむりたくない子ねずみのために、とうさんは七つのお話をきかせます。
ほら話、寓話と内容は多彩で、おおらかなユーモアにあふれています。〕

『ふたりはともだち ほか』(アーノルド・ローベル作,三木 卓 訳)点字1冊
〔仲よしのがまくんと、かえるくんを主人公にした、ユーモラスな友情物語。〕

『裸足と貝殻』 テープ16巻
〔中国からの引き揚げ船に乗り、博多から、ふるさとの静岡へとたどりついた一家。
戦後の激しく変わる時代の流れの中で、少年が自らを復元していく過程を描いた自伝的小説。〕

『路地』 テープ5巻
〔鎌倉を舞台に、「人生の感触」をみごとに描いた短編連作。第33回谷崎潤一郎賞受賞作。〕

『馭者(ぎょしゃ)の秋』 デイジー(11:31)
〔久能隆夫、49歳。生命保険会社部長代理。大学生の息子が、ラグビーの試合で事故に遭った。
病院で息子のガールフレンドの多恵を見て、一瞬、立ち竦んだ。彼女はあまりにも初恋の女性に
そっくりだったのだ。第14回平林たい子賞受賞作。〕


② 第37回 川端康成文学賞受賞・津村節子さん
 作家・津村節子さんが「第37回川端康成文学賞」を受賞しました。
津村節子さんの作品を蔵書の中からご紹介します。貸出ができますので、どうぞご利用ください。

『葬女(とむらいめ)』 点字2冊・テープ4巻
〔郊外の雑木林に捨てられていた赤子の変死体。お手伝いの少女の主人に対する復讐が
思いもかけぬ悲劇を生む…。様々な死にまつわる人生模様を、葬儀屋の女主人の眼を通して描く短編集。〕

『春の予感』 点字3冊
〔若い女性にとって大都会とは何だろう、そしてまたふるさととは…。
地方で生れ育った少女が、東京で様々な経験を重ねつつ、大人へと開花してゆく。〕

『夜光時計』 点字3冊・テープ5巻
〔夫に去られた女のうつろな胸に燃え立つ、つかの間の情炎を細やかな筆で描いた表題作など、
自立をめざして生きる女の哀しみと、したたかさを綴った秀作5編。〕

『流星(りゅうせい)雨(う)』 点字5冊
〔鶴ヶ城陥落,北辺の地斗南への転封とつづく波乱の時代に、一人の会津藩士の娘は何を見、
どう生きぬいたか。実在の人物の史料をもとに、歴史の悲劇を問い、「女たちの会津戦争」を描き切る。〕