1.ご案内
■第6回視覚障害者向け総合イベント「サイトワールド2011」のご案内
 社会福祉法人日本盲人福祉委員会(サイトワールド実行委員会)主催の、
第6回視覚障害者向け総合イベント「サイトワールド2011」が開催されます。
詳細は次のとおりです。

●日時:2011年11月1日(火)~3日(木) 
 午前10時~午後5時(11月3日は午後4時まで)
●会場:すみだ産業会館サンライズホール
 (JR・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅前 丸井錦糸町店8・9階)
  東京都墨田区江東橋3-9-10 墨田区丸井共同開発ビル
●入場料:無料
●内容:最先端の技術・機器、日常用品等の展示会、講演会、学会、フォーラム、体験会等
●連絡先:サイトワールド実行委員会 事務局 
 視覚障害者支援総合センター TEL:03-5310-5051 
 Eメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 URL:http://www.sight-world.com/

■千葉県文書館・平成23年度企画展「ふさのくに 商い はんじょう記」のご案内
 千葉県文書館では、平成23年度企画展「ふさのくに 商い はんじょう記」を、
平成24年2月28日(火)まで開催しています。詳細は、次のとおりです。

●会期:平成24年2月28日(火)まで
●会場:千葉県文書館 1階展示室
●入場料:無料
●展示説明会:11月12日(土)、12月10日(土)、平成24年2月10日(金)
 *各日とも13:30~15:00に開催します。事前にお申し込みください(先着20名)
●お問い合わせ先:千葉県文書館
 〒260-0013 千葉市中央区中央4-15-7 TEL:043-227-7556
 開館時間:9:00~17:00 休館日:日曜・祝日・月末最終の平日・年末年始

■コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ船旅 にっぽん丸で行く、ニューイヤークルーズ(グアム&サイパン)」という
ツアーです。

●期間:2011年12月29日(木)から2012年1月6日(金)までの9日間
●募集定員:20名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
●費用:384,000円(2名1室利用のお一人様料金)
 *船室はコンフォートステート利用(3名1室利用の場合のお一人様は、320,000円)
●旅行申込締切日:2011年11月30日(水)
●問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部・岸
  電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール:info@teamcom.co.jp
 ホームページ:http://www.teamcom.co.jp/ まで お願いします。
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)

2.支援センターからのお知らせ
■「ロービジョン・セミナー」のご案内
 千葉県視覚障害者福祉協会、四街道市視覚障害者協会と当センターの共催による
「ロービジョン・セミナー」を次の日程で開催します。最近見えにくくなって不安を感じている方、
生まれつき目が不自由で苦労している方などがいらっしゃいましたら、お気軽にご参加くださるよう
お待ちしています。

●日時:平成23年10月30日(日)10時~15時(受付 9時30分から)
●場所:視覚障害者総合支援センターちば5階会議室および研修室
●プログラム:
<午前の部> 講演会 「ロービジョン・ケアの現状」
 講師:東邦大学医療センター大橋病院眼科医 八木文彦先生(会場:5階会議室)
<午後の部> 
 第1会場・5階会議室 「あなたの見づらさの相談を受けます」
 メガネ業者がアドバイスします。
 第2会場・5階研修室 「見づらい暮らしを助けます」
 (株)ラビットによる機器展示会
●入場料:無料 (お申し込みは不要です)
●お問い合わせ先:
 千葉県視覚障害者福祉協会 (043-421-5199)
 四街道市視覚障害者協会(事務局 伊佐 勉)(043-424-5351)
 視覚障害者総合支援センターちば (043-424-2501)

■千葉点字図書館開設60周年記念式典のご案内
 当センターの全身である千葉点字図書館が開設60周年を迎えるにあたり、次の日程で式典を
開催します。これまで私どもを支えてくださった、利用者の皆様方のご参加を心よりお待ちして
おります。
●日時:平成23年11月12日(土)午後1時30分から4時まで
●会場:京葉銀行文化プラザ6階会議室 欅2・3(JR千葉駅下車、徒歩5分)
●プログラム:
<第1部> 式典 功労者に対する感謝状贈呈、来賓挨拶
<第2部> 記念講演
 情報は「いのち」~「視覚障害者と情報・コミュニケーション」60年の歩みから
 講師:日本ライトハウス常務理事・前全国視覚障害者情報提供施設協会理事長
 岩井和彦氏
<第3部> アトラクション 四街道市出身の落語家・桂 文雀 師匠による落語
 なお、準備の都合上、参加を希望される方は10月21日(金)までにTEL043-424-2588まで
お申し込みください。また、その際、駅と会場間の誘導が必要な方はご相談ください。

■パソコン教室のご案内
 10月のパソコン教室は、10月4・11・18・25日の火曜日、午前10時から午後3時までです。
どうぞ、ふるってご参加ください。お申し込み・お問い合わせは、TEL043-424-2501までお願いします。

■自動販売機の点字表記についてのお知らせ
 当センター入口に自動販売機を設置することに伴い、自動販売機の前面に商品名や料金等の点字表記を
貼っておりましたが、度々の貼り替えのために貼付部分のプラスチック面が傷んでしまい、点字表記を
貼れない状態になってしまいました。
 そのため、自動販売機の商品に関する点字表記は番号を貼るのみとし、商品に関する点字表記一覧を
別途事務所に置くことにいたしましたので、自動販売機をご利用の際に点字表記をご覧になりたい方は
、事務所までお願いいたします。大変ご面倒、ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
なお、自動販売機の商品に関して口頭での説明を希望される方も、事務所までお申し付けください。

3.図書館からのお知らせ
■小笹会・新入録音図書のご案内
 小笹会製作の新入録音図書(テープ・デイジー)の貸出をしておりますので、どうぞご利用ください。

『史記 武帝紀 5』(北方 謙三 著)テープ7巻・デイジー(9:41)
〔中国・前漢の時代。宿星の導きか、苛烈な試練か。朋友を引き裂く時の奔流。李陵と蘇武、
 それぞれの戦地へ…。中国史上最大の史書を壮大なスケールで描く、北方「史記」慟哭の
 第5巻。〕

■寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・ことばの道案内 発行 『ウォーキングナビ』 デイジー(52:39)
・日本点字委員会 発行 『日本の点字(第35号)』点字1冊
・広島市 発行 『平和宣言 平成23年』点字1冊
・ 全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第209号)』点字1冊

●次の資料はご希望の方に差し上げます。(部数に限りがあるため、先着順となります。)
・総務省 テレビ受信者支援センター(デジサポ) 発行
『お知らせ アナログテレビ放送は終了しても…地デジのテレビ音声は、いろんな方法で
 お楽しみいただけます。』 (墨字リーフレット2枚・点字・一般CDで1組)

4.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
188*一日一生(酒井 雄(ゆう)哉(さい) 著)1冊 朝日新聞出版 2008年
〔「大丈夫、明日はまた、新しい人生が生まれてくるから」なぜ生きるのか、苦しみや
 死をどう受け止めたら良いのか。人生に迷い悩む人におくる、現代の“生き仏”
 酒井雄哉・大阿闍梨の慈雨の言葉集。〕

210*人と動物の日本史 2――歴史のなかの動物たち(中澤 克(かつ)昭(あき)著)5冊 吉川弘文館
  2009年
〔儀礼や政治的演出に組み込まれた馬や犬、食料や動力として利用された牛や豚、乱獲と
 保護の合間で翻弄された鯨や鹿…。歴史上に刻まれた人と動物たちの関係性を多面的に
 描き出し、新たな歴史叙述の可能性を模索する。〕

326 犯罪被害者白書(概要版)平成22年版([内閣府政策統括官(共生社会政策担当)編])1冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2010年
〔地方公共団体における犯罪被害者支援の現状をまとめるとともに、犯罪被害者等基本
 計画に基づき、これまでに講じた犯罪被害者のための施策を総括する。〕

368*犯人目線に立て!――危険予測のノウハウ(小宮 信夫 著)4冊 PHP研究所
  2007年
〔続発する児童殺傷事件、通り魔事件、地域の身近な事件。しかし、犯罪は予測できれば
 防げる! 犯罪者が好む「入りやすく見えにくい場所」を、犯人目線に立って
 見つけるという、「場所で防ぐ」危険予測のノウハウを提示する。〕

369 福祉行政報告例結果の概況 平成21年度(厚生労働省大臣官房統計情報部社会統計課
 [編])1冊 厚生労働省大臣官房統計情報部社会統計課 2010年
〔各都道府県、指定都市、中核市の社会福祉関係業務の実績報告の概要をまとめたもの。
 身体障害者福祉、老人福祉、児童福祉等の実績が数量的に把握できる。〕

430 化学の世界(加藤 皓一(こういち),藤瀬 裕(ゆたか) 共著)1冊 [点字書き下ろし]2009年
〔化学史、物理化学、無機化学など、視覚障害者のために化学全般を解説。〕

783*一流の習慣術――イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方(奥村 幸治(こうじ) 著)
  2冊 ソフトバンククリエイティブ 2010年
〔能力や体格の差を埋めるための考え方や行動には、凡人が一流になるための本質が
 存在する。かつてイチローの専属打撃投手であり、のちに中学時代の田中将大投手を
 指導した著者が、一流になるための習慣術を紹介する。〕

829 ますだ式ダジャレで覚える韓国語(ますだおかだ増田 著,チョ・ヒチョル 監修)
  1冊 学研パブリッシング 2010年
〔お笑いコンビ・ますだおかだの増田が考案した、韓国語をダジャレで覚える方法を紹介。
 旅行に行く際に役立つ単語や短い文章を厳選し、計544個を収録。笑っているうちに
 韓国語がぐんぐん身につく。〕

<文学書>
913*丼(どぶ)池(いけ)太閤記(梅林 貴(き)久生(くお) 著)4冊 日本放送出版協会 1977年
〔空襲によって、わずかに焼け残ったビルの間にヤミ市ができ、人々はその日の糧を
 求めて歩き廻っていた。復員姿の男が派手な女と喧嘩して連れてこられたのは、
 大阪駅前の派出所だった。〕

913*わくらば日記(朱(しゅ)川(かわ) 湊人(みなと) 著)4冊 角川書店 2009年
〔姉さまが亡くなってもう30年以上が過ぎた。おてんばな子供だった私は、お化け煙突の
 見える下町で、母さま、姉さまと3人でつましく暮らしていた。〕

913*幸福な食卓(瀬尾 まいこ 著)3冊 講談社 2004年
〔父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。
 そして、その悲しい出来事のあとも…。とても切なくて、ちょっとおかしくて
 あたたまる、心にふわりと響く長編小説。〕

913*ホカベン――ボクたちの正義(中嶋 博行 著)3冊 講談社 2008年
〔正義感に燃える新米弁護士(ホカベン)・堂本孝に、五歳の娘を連れた母親が離婚相談に
 訪れる。夫のDV(ドメスティック・バイオレンス)を察知し奔走する堂本。ところが、
 依頼人は夫を刺殺してしまう。〕

914*郊外へ(堀江 敏幸 著)3冊 白水社 2000年
〔パリを一歩離れるといつも新しい発見があった。卓越した仕掛けによって、パリ郊外を
 歩く悦びを語り尽くした魅惑の書。「壁の外」をめぐって紡ぎだされる夢想と思索の
 ふしぎな結晶。〕

932*最後の特ダネ(ジェフリー・アーチャー 著,永井 淳 訳)2冊 新潮社 1993年
〔ザ・クロニクル紙の編集室では、二人の犯罪担当記者が熾烈な争いを繰り広げていた。       編集長は有能と評判の若手記者デクスターと専属契約を結ぼうと必死で、数々の
 特ダネをものにしてきたベテラン記者ハリーを冷たく扱う。〕

<児童書>
J913 オバケだって、カゼをひく!――内科・オバケ科ホオズキ医院(富安 陽子 作)
  1冊 ポプラ社 2006年
〔鬼灯医院は、今ぼくたちが住んでいる世界とは、ちょっとべつの所にたっていて、
 だれもが、そこへいけるってわけじゃない。世界にたったひとりのオバケ科の名医、
 鬼灯京十郎先生とぼくが、なぜ、あうことになったかというと…?〕

J933 火曜日のごちそうはヒキガエル――ヒキガエルとんだ大冒険1
 (ラッセル・E・エリクソン 作,佐藤 涼子 訳)1冊 評論社 2008年
〔ウォートンとモートンはヒキガエルのきょうだい。2匹はなかよく土の中の家で暮らし
 ている。冬のある日、雪の野原でミミズクにつかまったウォートンは、ミミズクの
 誕生日のごちそうにされることに。〕

J933 消えたモートンとんだ大そうさく――ヒキガエルとんだ大冒険2
 (ラッセル・E・エリクソン 作,佐藤 涼子 訳)1冊 評論社 2008年
〔春の終わり頃のとても気持ちのいい朝、ウォートンとモートンはハイキングに出かけ
 ました。ところが、夜になると大雨が降って、川はあふれんばかり。2匹はテントごと
 押し流され、離れ離れになってしまいますが…。〕

J933 ウォートンのとんだクリスマスイブ――ヒキガエルとんだ大冒険3
  (ラッセル・E・エリクソン 作,佐藤 涼子 訳)1冊 評論社 2008年
〔クリスマス・イブが待ちきれないウォートンは、昼の時間があっという間に過ぎるよう
 にと池にスケートに出かけました。けれど、帰りに道に迷ってしまい、吹雪を避けて
 逃げ込んだほら穴は、クマのすみかでした。冬眠中をじゃまされたクマはカンカンに
 おこって…。〕

J933 チャンプ――風になって走れ!(マーシャ・T・ジョーンズ作,もき かずこ訳)3冊 
 あかね書房 2008年
〔スポーツが苦手なライリーは父親の期待に応えられず、ストレスだらけの毎日を送って
 いた。ある日、交通事故で片方の前脚を失ったショードッグのチャンピオン犬
 「チャンプ」を引き取ることになる。ライリーはチャンプのために、犬の障害物競走
 「アジリティー」の練習を始める。〕

J943 サンダーレの夢――マンホールの少女(カロリン・フィリップス著,
 たかお まゆみ 訳)3冊 合同出版 2008年
〔ルーマニア、ブカレストのストリートで暮らす少女サンダーレ。晴れの日は駅前の  
 公園を、雨の日はマンホールを家にして、物乞い、スリ、ゴミ箱あさり、ドラッグの
 毎日。けれども、サンダーレには、たったひとつだけ夢があった。それは、自分を
 捨てたお母さんと暮らすこと。〕

(テープ図書の部)
<文学書>
913*白の十字架(森村 誠一 著)10巻 角川書店 1978年
〔人生に債務を負って苦悩する男たちの生きざまを描く傑作長編推理小説。
 テープ再製作。〕

(CD図書の部)
<一般書>
289 毛沢東の同志馬(まあ)海(はい)徳(で)先生――アメリカ人医師ジョージ・ハテム
(エドガー・A.ポーター著,菅田(すがた) 絢子(あやこ) 訳)デイジー(18:43)海竜社 2010年
〔20世紀初頭、混乱の上海に上陸し、やがて医師となり、蔓延する性病・ハンセン病の
 根絶に情熱を傾けたひとりのアメリカ人医学生がいた――。毛沢東、周恩来とともに
 激動の時代を歩んだ、楽天的で誠実な男の数奇な運命の物語。〕

317*警察の裏事情――誰も書かなかった警官の本音とタテマエ(北芝 健(けん) 著)デイジー
 (6:49)幻冬舎 2007年
〔情報屋からネタを買うのは自腹?犯人は現場に戻ってくる?刑事はニックネームで
 呼び合う?政治家の圧力で捜査はストップする?警視総監賞は何がもらえる?銃、麻薬、
 DV、強姦といった凶悪犯罪の撲滅に命を賭ける警官の知られざる内幕。〕

336*承認欲求――「認められたい」をどう活かすか?(太田 肇(はじめ) 著)デイジー(6:38)
 東洋経済新報社 2007年
〔社員の「認められたい」という欲求を刺激して動機づけるにはどうするか…。日本人が
 抱く承認についての特殊な期待や願望を明らかにし、その現実を踏まえ、社員を
 積極的に承認する職場づくりの具体的方法を提言する。〕

336*20代から身につけたいドラッカーの思考法(藤屋 伸二 著)デイジー(4:39)
 中経出版 2010年
〔若い人向けのドラッカー思考法の入門書。ドラッカーが説いた「マーケティング」「戦略」
 「目標管理」「組織マネジメント」「イノベーション」などの各テーマを、実際の
 ビジネスシーンに合わせてわかりやすく解説する。〕

369 原発事故 自主防災マニュアル――東海地方 2011年版(チェルノブイリ25周年
 救援企画in名古屋実行委員会 編)デイジー(0:29)チェルノブイリ救援・中部
 2011年
〔チェルノブイリ原発事故とは(Ⅰ・Ⅱ)、安全神話の崩壊・福島原発事故、電力会社の安全
 軽視体質、行政は頼りになるか(Ⅰ・Ⅱ)、東海地方に最も危険な原発はどこか、被害予測・
 敦賀原発と浜松原発、原発(原子力)事故の特徴、原発事故を知ったとき…を収録。〕

383*きょうも料理――お料理番組と主婦 葛藤の歴史(山尾 美香 著)デイジー(9:11)
  原書房 2004年
〔明治から平成まで、「日本のごはん」は何に翻弄されてきたのか? 「きょうの料理」
 「ビストロSMAP」「カリスマ料理研究家」など、古今のメディアとブームを俎上に
 のせて読みとく。〕

490*野の花ホスピスだより(徳永 進(すすむ) 著)デイジー(6:45)新潮社 2009年
〔死が遠くではない患者さんの希望と選択を支えたい――。そんな思いで開設した野の
 花診療所。旅立つ人、見送る人の、言葉と涙と笑顔を綴る。〕

492 鍼灸医学における実践から理論へ パ-ト3――いかに弁証論治するのか その2
 (藤本 蓮風 著)デイジー(10:08)たにぐち書店 2004年
〔40年にわたる臨床実践に基づいた著者主宰の北辰会における弁証論治の問題点を
 中心に論を展開。原穴の虚実について、胃の気の脈診、気色診、腹診、舌診、多面的
 観察の問題、病因病理と弁証、など。〕

492 鍼灸医学における実践から理論へ パート4――いかに弁証論治するのか その3
 (藤本 蓮風 著)デイジー(15:21)たにぐち書店 2007年
〔古典に依拠し、実践を繰り返しながら以下のテーマで、いかに弁証論治すべきかを問題
 提起する。テーマは、癌について、肝鬱とその周辺の病理と治療、出血のメカニズム、
 風邪一般の診断と治療、インフルエンザについて、少陽病の症例、黄疸の症例など。〕

518*リサイクル幻想(武田 邦彦 著)デイジー(6:03)文芸春秋 2007年
〔今のリサイクルには環境をいよいよ悪化させる無理・矛盾があることを、分離工学の
 原理からかみくだいて明らかにし、21世紀の日本にどのような循環型社会を
 築くべきか、科学的提言を行なう。〕

675*団塊・シニアビジネス7つの発想転換――多様性市場の壁を突き破れ!
 (村田 裕之 著)デイジー(6:10)ダイヤモンド社 2006年
〔団塊世代=ビートルズ世代とは限らない! 近年、シニアビジネスに多くの企業が参入。
 だが、ほとんどが苦戦をしている。その理由と「7つの壁」を突き破る発想転換の
 ヒントを提示。〕

762*わが心の歌――望郷のバラード(天満(てんま) 敦子(あつこ) 著)デイジー(7:36)文芸春秋 2000年
〔大いなる母の愛、井上光晴ら文学者との交流、秘曲「望郷のバラード」との出会い…。
 「天才」の人生を彩る豊潤な旋律、ヴァイオリニスト・天満敦子初の自伝。〕

767*冬の馬(イルカ 著)デイジー(4:58)講談社 1984年
〔主婦であり、母親であり、シンガーソングライターなど、様々な肩書きを持つ著者。
 出産から仕事復帰までの日常の生活を綴った、育児日記風エッセイ。〕

779 落語大百科 3(川戸 貞吉 著)デイジー(14:51)冬青社 2001年
〔著者がこれまで聞いてきた落語の筋書きとエピソードをつづった、落語を聞いたことの
  ない人への案内書。本巻には、「し」~「な」を収録。巻末には五十音順の注釈あり。〕

779 落語大百科 4(川戸 貞吉 著)デイジー(15:31)冬青社 2002年
〔本巻には、「な」~「ほ」を収録。巻末には五十音順の注釈あり。〕

779 落語大百科 5(川戸 貞吉 著)デイジー(18:10)冬青社 2002年
〔本巻には、「ほ」~「わ」を収録。巻末には五十音順の注釈あり。〕

<文学書>
910*小説から遠く離れて(蓮(はす)實(み) 重彦著)デイジー(11:31)日本文芸社 1989年
〔村上龍、村上春樹、井上ひさし、丸谷才一、大江健三郎、中上健次ら’80年代以降の
 代表的な小説に説話論的な還元を施すなかから、小説の擁護をうちだし、’90年代の
 文学シーンに決定的な影響を与えた、画期的な長編評論。〕

913*日曜日の女たち(真野(まの) 朋子 著)デイジー(5:24)幻冬舎 2009年
〔毎月第3日曜日に開催される「日曜倶楽部」。メンバーは26歳から38歳までの
 5人の女たちで、その全員が不倫中の独身。飲んで食べて本音を語る、訳ありの恋愛を
 続けていくための、ガス抜きの場だ。ある日、不倫歴12年でクールな笙子が初めて
 本音を告白する。〕

913*『源氏物語』が読みたくなる本(山本 淳子(じゅんこ) 編)デイジー(4:23)グラフ社 2009年
〔光源氏、その妻たち、愛人たち、彼らを取り巻く男君たち。個性的で魅力にあふれる
 登場人物たちを選び、その横顔を紹介。〕

933*人喰い鬼の探索――魔法の国ザンス5(ピアズ・アンソニイ著,山田 順子 訳)
  デイジー(18:44)早川書房 1986年
〔人喰い鬼といえば、恐ろしい怪物と相場がきまっている。だが、メリメリは気が
 優しくて、お人よし。おかげで、真の人喰い鬼としてのアイデンティティーを求めて
 探索の旅に出ることになった。ところが、彼の行くところ次々と美女が出現。しかも、
 皆それぞれ悩みを抱えていた。〕

5.読書の話題――向田邦子 没後30年
 今年は、作家・脚本家の向田邦子(1929~1981年)没後30年の年です。
向田邦子の作品を蔵書の中からご紹介します。貸出ができますので、どうぞご利用ください。

<点字図書>
『思い出トランプ』2冊
〔―日常生活の中で、誰もがひとつやふたつは持っている弱さや、狡さ、後ろめたさを
 人間の愛しさとして捉えた13編。テープもあります。〕

『父の詫び状』4冊
〔父のいる懐かしい家庭の息遣いを、ユーモアを交じえて見事に描き出し、“真打ち”と
 絶賛されたエッセイの最高傑作。〕

『隣りの女』2冊
〔人妻の恋の道行を描いた表題作をはじめ、おひとり様の恋心を衝いた「胡桃の部屋」、
 絶筆「春が来た」他、全5篇を収録した珠玉の短篇。〕

<テープ図書>
『男(お)どき女(め)どき』5巻
〔どんな平凡な人生にも、心さわぐ時がある。その一瞬の輝きを描いた短編小説と
 珠玉のエッセイを収録。〕

『思い出トランプ』5巻
〔―日常生活の中で、誰もがひとつやふたつは持っている弱さや、狡さ、後ろめたさを
 人間の愛しさとして捉えた13編。点字もあります。〕

『忍宿借夫婦巷談 せい子宙太郎 上・下』上3巻・下4巻
〔葬儀屋・玉木家に住み込みで働くせい子、宙太郎夫婦。玉木家の家族との交流を軸に、
 時には反目し時には助け合いながら、一つ屋根のもとで暮らす家族の愉快なドラマ。〕

<CD図書>
『きんぎょの夢』デイジー(4:11)
〔おでん屋を営む砂子には結婚してもいいと思っている編集者がいたが、ある日、その男の
 妻が店に現れ……向田ドラマの小説化第四弾。〕

『だいこんの花 前編・後編 向田邦子TV作品集』
 デイジー 前編(10:51)・後編(11:44)
〔元海軍大佐・巡洋艦艦長の永山忠臣は、14年前に妻の繁子に先立たれた。今は雑誌
 「女性時代」の編集者である息子・誠(次男坊)とふたりで暮らしていた。〕

『無名仮名人名簿』デイジー(9:01)
〔さわやかな感性をほのぼのとしたユーモアにつつんで、日常生活の中でめぐり合う
 親しい人やゆきずりの人が演じる、ささやかなドラマを描き出す、大人のエッセイ集。〕

『向田邦子作品集 1~14』(岸田今日子 朗読)一般CD
1 隣の女 上(0:45)
2 隣の女 下(0:47)
3 胡桃の部屋(1:05)
4 狛犬(0:59) 
5 鮒・ビリケン(1:05)
6 三角波・嘘つき卵(1:02)
7 かわうそ・だらだら坂(0:55)
8 はめ殺し窓・三枚肉(0:57)
9 マンハッタン・犬小屋(0:56)
10 男眉・大根の月(0:56)
11 りんごの皮・酸っぱい家族(0:56)
12 耳・花の名前(0:53)
13 ダウト・子供たちの夜(0:49)
14 父の詫び状・身体(しんたい)髪膚(はっぷ)・ごはん(1:04)

1