(以下本文)
1.ご案内
■「第8回ダブルレインボー音楽会」のご案内
 日本網膜色素変性症協会(略称・JRPS)千葉県支部主催によるコンサート「第8回ダブルレインボー音楽会」を、次のとおり開催します。

日時:2012年5月12日(土曜日)
 開場:午前12時30分 開演:午後1時 終演:午後4時
会場:美浜文化ホール(2階 音楽ホール・定員150名)
 住所:千葉市美浜区真砂5-15-2
 電話:043-270-5619
交通:
 JR京葉線「検見川浜駅」下車 徒歩8分
 JR総武線「新検見川駅」下車、バス4番 10分「美浜区役所前」下車
*いずれも午前12時から12時45分まで、ガイドボランティアさんがご案内します。
入場料:無料
内容:視覚障害というハンディを、工夫と努力を重ねて、邦楽、ジャズ、クラシックと
さまざまなジャンルに挑戦する会員とその支援者による熱唱、熱演にあふれたコンサートです。どうぞ出演者への励ましと同時に、勇気と感動を共有してください。
お問い合わせ:担当 伊藤勲(いさお)(電話:0475-84-3195)

■「第10回 オンキョー世界点字作文コンクール」作品募集のご案内
 オンキョー株式会社と毎日新聞社点字毎日が主催する「第10回オンキョー世界点字作文コンクール」の作品を募集しています。詳細は次のとおりです。
テーマ:点字を通して「生き方が変わった」「生きがいにつながった」
「日々の生活の中での幅広い体験やエピソード」「平和、教育への思い」
応募資格:点字使用対象(身障者手帳1、2級)の視覚障害者
 パソコンによる活字での応募も可
 過去の応募者の再応募は可能です。(最優秀と優秀受賞者は入選の対象外)
分量:点字32マス120行以内、活字2000字以内
パソコン使用の場合は 点字=BES・BASE 活字=印刷原稿とテキストかワードのデータをFDかCD-ROMで添付のこと
締め切り:5月末日(消印有効)
発表:10月下旬 毎日新聞、点字毎日、同活字版、オンキョーHP上
応募について:応募には所定の応募票が必要です。募集要項(点字あり)は下記までお申し込みください。
 〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞社点字毎日 点字作文コンクール係
 電話:06-6346-8386 FAX:06-6346-8385 E-Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

2.支援センターからのお知らせ
■音声ガイド・字幕つきDVD上映会について

社会福祉法人愛光後援会「愛の灯台基金」主催による音声ガイド・字幕付きDVD上映会を、以下の日程で開催します。皆様方のご来場をお待ちしています。

日時:平成24年5月27日(日曜日)午後1時30分より上映開始(上映時間は2時間14分)
会場:視覚障害者総合支援センターちば5階会議室
(総武本線・成田線四街道駅下車、徒歩5分、℡043-424-2501)
上映作品:「春との旅」
 なお、会場準備の都合上、来場ご希望の方は、お申し込みください。
 また、四街道駅からの誘導が必要な方は、申し込みの際お伝えください。

申し込み・お問合せ先:
「愛の灯台基金」事務局、℡043-484-6391、担当・横川、または宮部までお願いします

作品紹介

2010年公開 
原作・脚本・監督 小林政弘(こばやしまさひろ)

<出演者>
中井忠男(なかいただお)役に仲代達矢
中井春(なかいはる)役に徳永えり
忠男の兄、金本重男(かねもとしげお)役に大滝秀治
その妻、金本恵子(かねもとけいこ)役に菅井きん
弟の内縁の妻、清水愛子(しみずあいこ)役に田中裕子
愛子宅の隣人、木下(きのした)役に小林薫
忠男の姉、市山茂子(しげこ)役に淡路千景
忠男の弟、市山道男(いちやまみちお)役に柄本明
その妻、中井明子(なかいあきこ)役に美保純
春の父、津田真一(つだしんいち)役に香川照之
真一の後妻、津田伸子(つだのぶこ)役に戸田菜穂

<あらすじ>
北海道に暮らす元漁師の老人・忠男は妻に先立たれ、同居する孫娘・春の世話がなくてはならない生活を送っていた。
だがある日、春は職を失い、東京で職を探そうと考える。しかし、足の不自由な忠男を一人暮らしさせるわけにもいかず、二人は忠男の身の置き場所を求めて長年疎遠になっていた宮城県に住む親類を訪ね歩くことになる。

新年度に向けて
 新年度に向けて、転居等により住所や電話番号に変更がある方は、当センター(TEL043-424-2501)、または貸出係(TEL043-424-2588)まで ご連絡くださるようお願いします。

3.図書館からのお知らせ
■小笹会・新入録音図書のご案内
 小笹会製作の新入録音図書の貸出ができますので、どうぞご利用ください。

『十字軍物語 3』(塩野 七生(ななみ) 著)デイジー(17:03)
〔中世最大の事件「十字軍」が歴史に遺したものとは何だったのか? 本当の勝者はどちらなのか?歴史に敢然と問いを突きつける。「絵で見る十字軍物語」に続く本編第3弾、シリーズ完結。〕

新入大活字図書のご案内
 次の大活字図書が蔵書になりました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
ただし、貸出はご来館、または送料をご負担いただいての貸出となります。

『謎解きはディナーのあとで』(東川(ひがしがわ) 篤(とく)哉(や) 著)2冊 大活字文化普及協会 2011年
〔「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦!「殺人現場では靴をお脱ぎください」「殺しのワインはいかがでしょう」など、ユーモアたっぷりの本格ミステリ6話を収録。白黒反転の本。〕

寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・熊本学園大学付属社会福祉研究所 発行
 『くまもと わたしたちの福祉(第60号)』点字1冊

次の資料はご希望の方に差し上げます。
・桜雲会点字出版部 発行 『街で白い杖をみかけたら』点字1冊
・自由民主党 発行 『自由民主(第64号)』点字1冊

4.新入図書の紹介
[分類番号(NDC)、書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
159*下地(しもじ)先生の教え(下地 敏雄 著)2冊 朝日新聞出版 2010年
〔「自分の夢や希望が叶いません、どうしたらいいでしょう」「寂しくて仕方がありません、
 どうしたらいいでしょう」…。TBS系「さんまのスーパーからくりTV」で人気の現役
 国語教師が、人生の悩みについて真剣に答える。〕

289*盲ろう者として生きて――指点字によるコミュニケーションの復活と再生(福島 智(さとし) 著)11冊 明石書店 2011年
〔著者が2008年に東京大学に提出した博士論文、『福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究』に加筆・修正を
 行なったもの。〕

369 街で白い杖をみかけたら(松井 進(すすむ) ,雷坂(らいさか) 浩之 ほか著)1冊 桜(おう)雲(うん)会点字出版部 2012年
〔「視覚障害者もいろいろ」、「声をかける前に」、「援助のしかた」、「視覚障害者の案内時のコミュニケーション」、「様々なシーン」、「共生社会を実現するためのコミュニケーションの重要性~視覚障害の方へ」、「Q&A」を収録。〕

611*農協(立花 隆(たかし) 著)7冊 朝日新聞社 1984年
〔農協の諸活動を追いながら、稲作、畑作、果樹、園芸、畜産の農業各部門の生産と、
 農産物の加工・流通の問題点をとりあげる。〕

629*雑草と楽しむ庭づくり(ひきちガーデンサービス 著)3冊 築地書館 2011年
〔雑草をはやさない方法、庭での生かし方、草取りの方法、便利な道具…。
 無農薬・無化学肥料で庭をつくってきた植木屋さんが、雑草との上手なつきあい方を  教えます。オーガニック・ガーデナーのための雑草マメ知識も紹介。〕

646 ニワトリ 愛を独り占めにした鳥(遠藤 秀(ひで)紀(き) 著)4冊 光文社 2010年
〔日本人をはじめ、先進国の大多数の人々は、自分たちの栄養源となるニワトリの命が、どう生まれ、生き、殺され、運ばれてくるのかを知らずにいる。現代の「食の神話」を 支える人類の伴侶の実力と素顔を、遺体科学者が徹底公開。〕

767 古関裕而(こせきゆうじ)(古関 裕而[作])1冊 日本コロムビア 1999年
〔「とんがり帽子」「さくらんぼ大将」「君の名は」「純白の大地」「阪神タイガースの歌(六甲(ろっこう)颪(おろし))」「巨人軍の歌(闘魂こめて)」「ドラゴンズの歌」「早稲田大学応援歌 紺碧の空」「慶応義塾大学応援歌 我ぞ覇者」「栄冠は君に輝く」他全20曲と解説。〕

<文学書>
913 三毛猫ホームズの十字路――長編推理小説(赤川 次郎 著)3冊 光文社 2009年
〔友人の別れ話に立ち会った片山晴美は、男が仕掛けた爆弾で失明してしまう。
 男とその母親を追う片山刑事たちは、幼女ねらいの犯罪が多発する団地に行き着くが…。〕

913*闇は知っている 改版(池波 正太郎 著)3冊 新潮社 2003年
〔金で殺しを請け負う男が情にほだされて失敗した時、その頭に残忍な悪魔が棲みつく。江戸の暗黒街にうごめく男たちの凄絶な世界。〕

913*街の灯(ひ)(北村 薫 著)4冊 文芸春秋 2006年
〔昭和初期、上流家庭の花村家に女性運転手がやってくる。令嬢の「わたし」は「虚栄の市」の主人公にちなんで、彼女をひそかに「ベッキーさん」と呼ぶが…。〕

913 春告(はるつげ)鳥(どり)――女占い十二か月(杉本 章子(あきこ) 著)5冊 文藝春秋 2010年
〔豆だぬきに似た愛嬌のある顔をした咲江は、夫と姑に暖かく迎えられ、けなげに家に仕えていた。ところが夫の秘密を知り…。1月から12月まで、江戸の占い本が巻き起こす12人の女の泣き笑い。『オール読物』連載を単行本化。〕

914*あのころ(さくら ももこ 文)2冊 集英社 2004年
〔歯切れのいい名調子はもはや芸術。テーマは待望の「子供時代」。大爆笑モノの新作エッセイ。夏休みの宿題、遠足、マラソン大会他学校でのできごとや家の中のこと…
「ちびまるこちゃん」のこぼれ話もいっぱい。〕

973*パパの電話を待ちながら(ジャンニ・ロダーリ著,内田 洋子(ようこ)訳)2冊 講談社 2009年
〔イタリア中を旅するセールスマン・ビアンキさんが、毎晩娘に電話で聞かせていた、
 いろいろなお話を集めました。シュールな展開に吹き出し、平和の尊さに涙する、
 きらめく珠玉のショートショート。〕

<児童書>
E*トイレの神様(植村 花菜 文,とりごえ まり 絵)1冊 講談社 2010年
〔誰もが嫌がるトイレ掃除。だけどおばあちゃんの魔法の言葉で、私はトイレ掃除が大好きになった――。シンガーソングライター・植村花菜が最愛の祖母への思いを綴った歌「トイレの神様」をもとにした絵本。点字絵本。〕

J913 №.6(ナンバーシックス)#9(あさの あつこ 著)2冊 講談社 2011年
〔崩壊する矯正施設から間一髪脱出した紫苑は、瀕死のネズミを救うため、市内に突入した。そこで「No.6」にまつわる全てを知った紫苑は、人間の未来をかけて「月の雫」に向かう。近未来サバイバル小説・完結。〕

J913 なぞなぞのすきな女の子(松岡 享子(きょうこ) 作)1冊 学研教育出版 1973年
〔なぞなぞあそびの大好きな女の子と、はらぺこオオカミが森でばったり出会った。
 うまそうな女の子だぞと舌なめずりしたとたん、女の子になぞなぞを出されて、
 オオカミは大弱りする。なぞなぞがいっぱい出てくる楽しい本。〕

J933 ウィロビー・チェースのオオカミ(ジョーン・エイキン作,こだま ともこ 訳)4冊 冨山房(ふざんぼう) 2008年
〔舞台は架空の時代のイギリス。広大な屋敷ウィロビー・チェースのひとり娘ボニーの前に、ある日、住み込みの家庭教師があらわれる。両親が不在の屋敷で、ボニーといとこのシルヴィアは次々と陰謀の渦に巻き込まれていく…。〕

J933 ダリウスが飛んだ!(ビル・ハーレイ作,日(ひ)当(なた) 陽子 訳)3冊 PHP研究所 2009年
〔いじわるなおばさんの家で暮らすことになったダリウス。近所にはいじめっ子までいた。
 ある日、不思議なおじいさんに出会って…。〕

(テープ図書の部)
<児童書>
J913 母と子の読み聞かせ日本のお話120――ママおはなしききたいな(内田 伸子(のぶこ) 監修) 6巻 ナツメ社 2010年
〔日本の昔話や伝説など120話を、1話3分程度で読み聞かせできるようにまとめ、「楽しいお話」「こわいお話」など8つのジャンル別に収録。〕

(CD図書の部)
<一般書>
007 スクリーンリーダーによるExcel2010の手引き(ラビット[編])デイジー(5:15)[録音書き下ろし] 2010年

007 スクリーンリーダーによるWord2010の手引き(ラビット[編])デイジー(4:28)[録音書き下ろし] 2011年
〔基本操作を重点的に、新しくなったリボンメニューや便利な使い方をすべてキーボード操作でご紹介。〕

007 ネットリーダー活用術(ラビット[編])デイジー(3:53)[録音書き下ろし]2008年
〔「第1章 ホームページの基本操作」、「第2章 ホームページの読み方」、「第3章 ホームページの検索」などを収録。〕

007 「リンクポケット」らくらく操作ガイド(ラビット,日本点字図書館わくわく用具ショップ共著)デイジー(6:37)[録音書き下ろし]2011年
〔小型のデイジー再生機「プレクストークリンクポケット」の操作方法を分かりやすく説明した操作ガイド。「基礎編」、「サピエ編」、「PC利用編」を収録。〕

019*漂流――本から本へ(筒井 康隆 著)デイジー(4:46)朝日新聞出版 2011年
〔筒井康隆が自らの半生を追いながら、その来歴を惜しみなく開示する自伝的ブックレビュー集。幼少年期の「少年探偵団」、演劇青年時代の「精神分析入門」、デビュー前夜の「禁色」などを収録する。『朝日新聞』連載を書籍化。〕

188 なぜ生きる 朗読版(高森 顕(けん)徹(てつ) 監修,明橋(あけはし) 大二(だいじ) ほか著)一般CD 6枚 1万年堂出版 2002年
〔はたして人生の目的はあるのか、ないのか。現代人が直面する問題点を中心に
 文学者や思想家の人生論を掘り下げ、親鸞聖人の言葉を通して、古今東西変わらぬ、人生の目的を明らかにする。〕

210*シベリア抑留――未完の悲劇(栗原 俊雄 著)デイジー(6:57)岩波書店 2009年
〔日本人兵士らがソ連軍に連行され収容所生活を送ったシベリア抑留。発見された資料を交えながらその全体像に迫り、帰還者のその後の人生と闘いを描く。〕

289 樫山(かしやま)純三――走れオンワード 事業と競馬に賭けた50年<人間の記録69>(樫山 純三 著)デイジー(5:24)日本図書センター 1998年
〔三越呉服店への奉公に始まり、服飾業界屈指のオンワード樫山を創業・経営してきた50年余りの道程と、馬主人生を自ら語る。〕

289 藤原道子――ひとすじの道に生きる<人間の記録74>(藤原 道子 著)デイジー(9:16)日本図書センター 1998年
〔一貫して社会保障問題に取り組み続けた政治家が、看護婦として貧民街で働いた若き日、日本社会党の代議士として活躍した日々を綴った自叙伝。〕

289 石垣綾子――私の爪あと<人間の記録76>(石垣 綾子 著)デイジー(7:49)日本図書センター 1998年
〔満州事変、日中戦争と続く激動の時代のなかで一貫して反ファシズム、中国人民支援の活動に携わり、戦後は女性の新しい生き方を提唱した著者の自伝。〕

289 岡本太郎――挑む/夢と誓い〈抄〉<人間の記録77>(岡本 太郎 著)デイジー (7:38)日本図書センター 1998年
〔大阪万博の「太陽の塔」や、「芸術は爆発だ!」の発言などで知られる芸術家が、父母の思い出、パリ留学、芸術論などを縦横に語る。〕

311 これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
 (マイケル・サンデル著,鬼(おに)澤(ざわ) 忍 訳)デイジー(17:02)早川書房 2010年
 〔金持ちに高い税金を課し、貧しい人々に再分配するのは公正なことだろうか。「正義」をめぐる哲学の問題を、古今の哲学者の思想を例に問い直す。〕

367*炎情――熟年離婚と性(工藤 美代子 著)デイジー(7:59)中央公論新社 2009年
〔性の不一致、ギャンブル依存症、暴力男との結婚…。すれ違う欲望、キレツする心と身体に決断する女たち。取材をもとに「熟年離婚」の驚愕の真実を描く。〕

767*しあわせ運べるように CDブック(臼井(うすい) 真(まこと) 著)デイジー(5:23)付録:一般CD(0:24)アスコム 2011年
〔阪神淡路大震災で生まれ、神戸で16年間大切に歌い継がれてきた曲「しあわせ運べるように」がいま、東日本の被災地で歌われている。作詞・作曲をした音楽教諭・臼井真が、曲が生まれた経緯や広まっていった様子などを綴る。〕

772*らいふ(東(あずま) ちづる 著)デイジー(4:10)講談社 2010年
〔泣いて、笑って、感動しての50年の珍道中は、自分らしく生き方を楽しむ方法を教えてくれた。いのち、人生、世間について考えたことを綴る。〕

820 NHKラジオまいにち中国語 2011年度 4月号~9月号
 (NHKサービスセンター[発行])一般CD 各2枚組 日本放送出版協会 2011年
〔NHKラジオで2011年4月~9月までに放送された講座「まいにち中国語」を録音した
 CD2枚組。内容は入門編「おもてなしの中国語入門」、応用編「即戦力のビジネス中国語」を収録。〕

820 NHKラジオまいにち中国語 2011年度 10月号~3月号
 (NHKサービスセンター[発行])一般CD 各2枚組 日本放送出版協会 2011~2012年
〔NHKラジオで2011年10月~2012年3月までに放送された講座「まいにち中国語」を
 録音したCD2枚組。内容は入門編「実践エクササイズで学ぶ中国語」、応用編「表現力を鍛えよう!」を収録。〕

<文学書>
904*東京大学で世界文学を学ぶ(辻原 登 著)デイジー(14:00)集英社 2010年
〔旧約聖書から近・現代小説までを題材として、まるで落語か講談のような、愉しくて刺激的な10講義。この一冊で「世界文学」のすべてがわかる!24時間におよぶ東京大学での特別講義を完全収録。〕

913 下町ロケット(池井戸 潤 著)デイジー(11:09)小学館 2010年
〔佃航平は宇宙工学研究の道を諦め実家の町工場を継いでいたが、経営はまさに崖っぷち。だが世界最先端の技術で特許出願をしていた佃製作所に、ロケット開発という思わぬ展開が…。第145回 直木賞受賞作。点字もあります。〕

913*ハンガリア舞曲をもう一度(大野 芳(かおる) 著)デイジー(15:36)講談社 1989年
〔過ぎ去りし青春の日のあの旋律が、いま、よみがえる!音楽で結ばれた人々の戦中、
 戦後を描く長編小説。〕

913 切羽――密命・潰し合い中山道 巻之二十四(佐伯 泰英 著)デイジー(7:13)祥伝社 2010年
〔十日余りに迫った上覧剣術大試合に浮き立つ江戸市中。それを尻目に、金杉清之助は独り菊屋敷で淡々と鍛錬に励んでいた。〕

913 覇者 ――密命・上覧(じょうらん)剣術大試合 巻之二十五(佐伯 泰英 著)デイジー(7:56) 祥伝社 2011年
〔国中から選ばれし武芸者四十四名の矜持と野心、命をも賭した戦いがついに始まった!覇者たらんとする金杉清之助と桂次郎の命運、そして戦いの果てに待ち受けるものとは?〕

913 晩節―― 密命・終の一刀(いっとう) 巻之二十六(佐伯 泰英 著) デイジー(7:25)祥伝社 2011年
〔上覧剣術大試合から五年。金杉惣三郎は、故郷・豊後相良に隠れ住んでいた。しかし、再び暗躍する影を感じ、陰謀の根源を絶つべく因縁の地・尾張へと向かう決意をする。大河巨編が今、圧巻の終極へと達する。〕

913 誤謬(ごびゅう)だらけの『坂の上の雲』――明治日本を美化する司馬遼太郎の詐術(高井 弘之 著)デイジー(9:22)合同出版 2010年
〔司馬遼太郎「坂の上の雲」は間違いだらけである。「日清戦争に日本は受け身だった」
 「日露戦争は祖国防衛戦争であった」というゆがんだ歴史認識に批判を加え、
 明治日本を美化した司馬の詐術を明らかにする。〕

913 蜩(ひぐらし)ノ記(葉室 麟(りん) 著)デイジー(9:59)祥伝社 2011年
〔幽閉中の男の元へ遣わされた主人公。男は不義密通の罪で10年後の切腹を命じられていた。命を区切られた男の凄絶な覚悟を描く。第146回直木賞受賞。〕

913*蛇(じゃ)ノ目屋(のめや)乱(らん)兵衛(べえ)闇しぐれ――書き下ろし長篇時代小説(増田 貴彦 著)デイジー(5:18)広済堂出版 2004年
〔天相地相をみて天気の卦を占う「蛇ノ目屋」という表の顔を持つ始末人・乱兵衛。
 御定法では裁けぬ闇に逃れた許せぬやつらを、始末人の必殺の刃が冥府におとす!〕         

916*チェルカミ――ファティマの夢の行方
 ――あるいは、難病「ジストニア」に遭遇してからの永い旅の途中で手にした小さな奇跡 (柴田 英里(えり) 著)デイジー(4:35) ロコモーションパブリッシング 2010年
〔60歳を目前にして原因不明の難病「ジストニア」を患った団塊世代の女性音楽プロデューサーが、絶望からやがて一筋の希望を見出すまでの5年間を、ありのままに綴った「魂」の記録。〕

933 ゴーレムの挑戦――魔法の国ザンス9(ピアズ・アンソニイ著,山田 順子 訳)デイジー(11:40)早川書房 1994年
〔怪物退治のまじないのせいで谷ドラゴンのスタンリーが行方不明になって、はや三年。
 王女アイビィは、なんとかスタンリーを捜し出そうと必死になっていた。〕

933 彷徨える艦隊――旗艦ドーントレス(ジャック・キャンベル著,月岡 小穂(さほ) 訳)デイジー(12:31)早川書房 2008年
〔大佐が冷凍睡眠から目覚めると、そこは100年が経過していた。愕然とする彼に
 与えられた任務は、司令長官として艦隊を故郷へと連れ戻すことだった。〕

933 オリーヴ・キタリッジの生活(エリザベス・ストラウト著,小川 高義(たかよし) 訳)デイジー(14:26)早川書房 2010年
〔元数学教師の不器用な生き方は、小さな港町の住人の心を揺り動かしていく。
 かけがえのない人生を描いた、全13編の連作短編集。2009年ピュリッツァー賞受賞。〕

933 拮抗(ディック・フランシスほか著,北野 寿美枝 訳)デイジー(14:06)早川書房 2010年
〔英国最大の競馬レースの初日、男性の前に父親と名乗る男が現れたが、暴漢により殺されてしまう。父親は一体何をしていたのか。男性は謎を追い始める。〕

933*ノーホエア・マン(アレクサンダル・ヘモン著,岩本 正恵 訳)デイジー(10:32)白水社 2004年
〔紛争から逃れ、祖国を離れた「ヨーゼフ・プローネク」。サラエヴォ、キエフ、シカゴ、上海…流浪の果て、魂を震わす終着とは? ボスニア=ヘルツェゴヴィナ出身作家の処女長編。全米批評家協会賞最終候補作品。〕

<児童書>
E*奇跡の一本松――大津波をのりこえて(なかだ えり 文・絵)デイジー(0:38)汐文社 2011年
〔2011年3月11日。津波に襲われた岩手県陸前高田市の高田松原で7万本もの松が流されたなか、たった1本残った松。人々を励ましている「奇跡の一本松」が、松原の歴史、何度も襲ってきた津波、そして復興を語る絵本。〕

J933 黒猫オルドウィンの冒険――三びきの魔法使い、旅に出る(アダム・ジェイ・エプスタインほか著,大谷 真弓 訳)デイジー(9:04)早川書房 2010年
〔ちょっとした偶然から魔法使いの使い魔に選ばれた野良猫オルドウィン。さらわれた
 魔法使いたちを救うため、それぞれの使い魔たちの危険な旅が始まる。〕