(以下、本文)
謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。職員一同

1.ご案内
■「クローバー就職フォーラム」のご案内
 障がい者のための合同就職説明会「クローバー就職フォーラム」が開催されます。
障がい者雇用に特に積極的な企業が、多数出展する予定です。参加費は無料ですが、
事前に予約が必要となります。詳細は次のとおりです。

<東京会場>
●日時:2012年1月14日(土)・2月5日(日)・3月10日(土)
  13:00~17:00(受付開始12:15~)
●会場:東京都立産業貿易センター浜松町館
 ・JR「浜松町」駅(北口)より400m
 ・ゆりかもめ「竹芝」駅(西口)より160m
 ・都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」駅(B2出口)より640m

● 事前予約制:次の方法からご予約ください。
1. クローバーナビ(PCより):http://www.clover-navi.com/
2. クローバーナビモバイル(携帯電話より):http://www.clover-navi.com/mb/
3. TEL:0120-309-968 平日9時~18時
4. FAX:03-5537-3224(クローバー事務局宛)
 ※お名前(フリガナ)・ご住所・連絡先・日程と希望会場を必ずご記入ください。
●その他:新卒・第二新卒・中途を問わずどなたでも参加OK
 入退場自由/就職相談コーナー/手話通訳・要約筆記者常時待機

■コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ、沖縄&船旅<新垣勉>船上コンサート」というツアーと、
「五感で楽しむ、クルーズinアジア<シンガポール・ペナン・プーケット>」です。

①「五感で楽しむ、沖縄&船旅<新垣勉>船上コンサート」
 ●期間:2012年2月18日(土)から2月20日(月)までの3日間
 ●募集定員:40名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
 ●費用:
  125,000円(3名1室利用のお一人様料金)
  132,000円(2名1室利用のお一人様料金)
  152,000円(1名1室利用のお一人様料金)
 ●旅行申込締切日:2012年1月27日(金)
②「五感で楽しむ、クルーズinアジア<シンガポール・ペナン・プーケット>」
 ●期間:2012年3月10日(土)から3月16日(金)までの7日間
 ●募集定員:20名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
 ●費用:254,000円(2名1室利用のお一人様料金)
 ●旅行申込締切日:2012年1月24日(火)
 ●問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部
    電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール:info@teamcom.co.jp
  ホームページ:http://www.teamcom.co.jp/ まで お願いします。
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)

2.支援センターからのお知らせ
■デイジー版「声の県民だより」発行について
 皆様からのご要望をうけ、平成24年1月号より、「声の県民だより」のデイジー版を
製作する予定です。点字版・テープ版も引き続き製作し、点字・テープ・デイジーとも同一内容となります。
現在テープ版をご利用の方は、テープ・デイジーのどちらをご希望かセンターまでお知らせください。返却時に手紙を同封していただいてもよいですし、電話やメールでもかまいません。どうぞよろしくお願いします。
●電話:043-424-2390 ●メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

■テキストデータ版「図書館だより」について
 「図書館だより」テキストデータ版のメール配信を開始しました。
テープ版・デイジー版から、メール配信へ変更を希望される方は、 以下のメールアドレス当てに、
氏名、メールアドレスを明記の上、お申し込みください。
なお、テキストデータ版は著作権法の関係でセンターからのお知らせと、新入図書の紹介のみとなりますのでご了承ください。
 ●申込先メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

3.図書館からのお知らせ
■「千葉点字図書館 点字図書総合目録」について
 「千葉点字図書館 点字図書総合目録」の墨字版(2008年3月31日現在、普通サイズ・ゴシック体)と、
テキストデータ版(CD-R1枚)が完成しました。
 総合目録の配布を希望される方は、貸出係(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
なお、テキストデータ版については、デイジー図書ではないため、視覚障害者用ポータブルレコーダーでは再生できません。
あらかじめご了承ください。
 また、点字版は現在製作中です。完成次第、お知らせします。

■寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・ 千葉県文書館 発行 
 『平成23年企画展 ふさのくに商いはんじょう記』点字1冊・デイジー(0:41)
・ 日本盲人会連合 発行 『厚生(第228号)』点字1冊
・ 全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第212号)』点字1冊
・ 日本盲人社会福祉施設協議会 発行 『日盲社協通信(第63号)』点字1冊
・ 家電製品協会 発行 
  『ユニバーサルデザイン配慮 家電製品リスト(平成23年度版)』点字1冊
・ 内閣府政府広報室 発行 『ふれあいらしんばん(第22号)』点字1冊
・ 内閣府政府広報室 発行 『明日(あす)への声(第22号)』一般CD1枚
・ 天理教点字文庫 発行 『ひかり(第643号・第644号)』点字1冊
・ ソニーマーケティング株式会社 発行 
  『ソニー「聞くカタログ」(第50号)』 一般CD1枚

●次の資料はご希望の方に差し上げます。
・ 弱視者問題研究会 発行 『弱問研つうしん(№389)』拡大文字1冊

4.新入図書の紹介
[書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
021 解説著作権法施行令の一部を改正する政令等について(文化庁長官官房著作権課[著])1冊 著作権情報センター 2010年
〔2010年1月に施行された改正著作権法施行令等の概要と、各改正事項などを解説。視覚障害者等のための複製等が
認められる者についても解説。〕

159*道をひらく(松下 幸之助 著)2冊 PHP研究所 1968年
〔自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
時を越えて語り継がれる珠玉の随筆集。〕

324*鉄槌(てっつい)!(いしかわ じゅん 著)4冊 角川書店 2003年
〔厳寒の山中でスキーバスに取り残された著者。バス会社から何の謝罪も受けぬばかりか逆に
訴えられるはめに…。実体のつかめない弁護士の仕事ぶりにいらだち、必要書類のいいかげんさにあきれ、
あげくのはてには偽証人の出現に驚愕!裁判の不条理さや不可思議さを徹底的に綴る。〕

369 視覚障害リハビリテーション概論 改訂(坂本 洋一(よういち) 著)5冊 中央法規出版 
 2007年
〔視覚障害者のためのリハビリテーションの理念から実践まで、図や写真を多用してわかりやすく解説する。
障害者自立支援法の施行に伴う制度の改革点や盲導犬などを新たに加えた改訂版。〕

378 千葉県立千葉盲学校 創立100周年記念誌――新たな世紀を歴史に刻め
 (千葉県立千葉盲学校創立100周年記念事業記念誌編集委員会[編])4冊
  千葉県立千葉盲学校 2011年
〔千葉県立千葉盲学校が、創立100周年を記念して発行した記念誌。〕

<文学書>
911.3 星(せい)涼(りょう)――大木あまり句集(大木 あまり 著)1冊 ふらんす堂 2010年
〔命への切実な祈り。2002年から2010年までの377句を収めた句集。
第62回読売文学賞詩歌俳句賞受賞。〕

913*再生(石原 慎太郎 著)2冊 文芸春秋 2010年
〔東京大学教授福島智氏の論文等を参考に氏が次第にそして完全に光を失い、
そのうえ聴力を完全に失ってゆく苦悩、恐怖、孤独を感動的に小説に描いた小説。〕

913*愛(井上 靖 著)1冊 角川書店 1959年
〔「愛」をテーマにした3編。「結婚記念日」は結婚後5年の貧しい勤め人の夫婦、
「石庭」は龍安寺の石庭を訪れた新婚の夫婦、「恋と死と波と」は海岸に自殺をしに来て結びつき生きる気持ちを
取り戻す男女を描く。〕

913*快適生活研究(金井 美恵子 著)4冊 朝日新聞社 2006年
〔快適生活を送るには、鈍な自己愛とお金が必要? 輝く知性と繊細・過激・流麗な文体が炸裂する、
愛とイロニーと笑いに満ちた連作短編小説集。『小説トリッパー』連載を単行本化。〕

913*希望ケ丘の人びと(重松 清 著)9冊 小学館 2009年
〔70年代初めに開発された街・希望ケ丘。そこは、2年前にガンで逝った妻のふるさとだった――。
そこに引っ越してきた父と子の、かけがえのない日常を描く感動長編。〕

913*恋する伊勢物語(俵 万(ま)智(ち) 著)3冊 筑摩書房 1992年
〔「伊勢物語」125段中特に「恋」の段を取り上げ、原文の行間にひそむ背景を探り、
和歌を中心に解説した“万智流”「伊勢物語」である。〕

913*光媒の花(道尾 秀介 著)4冊 集英社 2010年
〔印章店を細々と営み、認知症の母と二人、静かな生活を送る中年男性。
ようやく介護にも慣れたある日、幼い子供のように無邪気に絵を描いて遊んでいた母が、
「決して知るはずのないもの」を描いていることに気付く…。〕

914*しあわせのねだん(角田(かくた) 光代 著)2冊 新潮社 2005年
〔魅惑の電化製品、財布の理想的中身、母との忘れられない旅。その値段は?
お金は何をしてくれて、何をしてくれないのか。直木賞作家が、日々の物欲のくらしから垣間見た、
幸福のかたちを綴るエッセイ。〕

916*明るい原田病日記――私の体の中で内戦が起こった(森 まゆみ 著)4冊 亜紀書房2010年
〔100万人に5人しかいない原田病に突然かかった著者。失明は免れたが、病を抱えながら父を看取り、
仕事をこなす。約1年半に渡る闘病生活を明るく綴る。〕

933 ナイン・ストーリーズ(J.D.サリンジャー著,柴田 元幸(もとゆき) 訳)3冊
  ヴィレッジブックス 2009年
〔はかない理想と暴虐な現実との間にはさまれ、抜き差しならなくなった人々の内面を抉る
9つの物語。自選短編集の35年ぶりの新訳。〕

<児童書>
E たんぽぽ ぽぽたん(赤坂 裕美(ひろみ) 作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター 2005年
〔春に草原など一面に咲くたんぽぽ。寒い冬から目覚めたらどんどん大きく成長していく。
たんぽぽの「ぽぽたん」が美しく育つ姿を描く。点字絵本。〕

E ももたろう(安部 昇(のぼる) 作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター  2006年
〔誰でも知っている、昔話のももたろうが、ユニバーサルデザイン絵本になりました。
みんなに悪さをする鬼をももたろうは果たして退治することができるのか!?〕

E イーマン (Win 樹々(じゅじゅ) 原作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター 2005年
〔頭上に輝くアンテナが正義の証・イーマンと、悪をつらぬく「ワルロボ」のたたかいを描く。
点字絵本。〕

E おでかけまるちゃん(嘉村(かむら) 靖子 作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター
2004年
〔小さいまんまるな「まるちゃん」が、今日はひとりでおでかけします。
ジグザグ道やグネグネ道をコロコロ行ったその先は?点字絵本。〕

E かみさまにえらばれた12のどうぶつ――オリジナルストーリー(福本 正幸 作)
  1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター 2008年
〔昔からある十二支の物語をもとにしたオリジナルストーリー。イラストを浮き上がらせ、
点字・墨字を併記。見える人も見えない人も一緒に楽しめる絵本。〕

E でこぼこえかきうた――みんなでさわってレッツおえかき(MACこば 作)1冊 
  ユニバーサルデザイン絵本センター 2002年
〔この絵本は、歌にあわせて絵をかく、えかきうた。絵のセンをもりあげて、
文字も墨字と点字をつかっているので、目のみえる人も不自由な人も、一緒に楽しむことができる。〕

E  なないろのクラ(Macこば 作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター 2004年
〔ここはふかくてくらいウミのなか。そこにはとうめいな『クラゲのクラ』がすんでいます。
クラはいつもおもっていました。「ボクもキレイないろのからだがほしい…」と。
点字絵本。〕

E へんしんまるちゃん(嘉村(かむら) 靖子 作)1冊 ユニバーサルデザイン絵本センター 2007
〔まんまるな、まるちゃんが友達と一緒に変身ごっこ。イラストを浮き上がらせ、
点字・ 墨字を併記。見える人も見えない人も一緒に楽しめる絵本。〕

(テープ図書の部)
<一般書>
019*脳が読む(養老 孟司(たけし)著)6巻 法蔵館 1994年
〔『利己的な遺伝子』『サル学の現在』からディック・フランシスの競馬小説、S・キングのホラー、
『サッチャー回顧録』『ファザーファッカー』まで73本の絶品読書エッセイ。〕

027*千葉点字図書館テープ図書総合目録――2008年3月31日現在(視覚障害者総合支援
     センターちば 編集・発行)11巻 愛光 視覚障害者総合支援センターちば 2011年
〔2008年3月31日までに受け入れた、テープ図書の総合目録。テキストデータ版・デイジー版も
あります。〕

369 障害者白書 平成23年版(内閣府 編)6巻 佐伯印刷 2011年
〔近時の障害者制度改革の動きをはじめ、平成22年度に政府が講じた障害者施策の概況を記述。
また、東日本大震災における障害のある人たちへの緊急支援などについても紹介する。
デイジーもあります。〕

(CD図書の部)
<一般書>
027*千葉点字図書館テープ図書総合目録――2008年3月31日現在 
(視覚障害者総合支援センターちば 編集・発行)デイジー(15:37)
愛光 視覚障害者総合支援センターちば 2011年
〔2008年3月31日までに受け入れた、テープ図書の総合目録。テキストデータ版・テープ版もあります。〕

027*千葉点字図書館CD図書総合目録――2008年3月31日現在
(視覚障害者総合支援センターちば 編集・発行)デイジー(10:14)
愛光 視覚障害者総合支援センターちば 2011年
〔2008年3月31日までに受け入れた、CD図書の総合目録。テキストデータ版もあります。〕

339*基本からわかる生命保険完全ガイド(御簾(みす)納(の) 弘 編著)デイジー(6:24)
ビジネス社1998年
〔「生命保険の基礎知識」、「生命保険商品の種類を整理する」など、生命保険に関する
基本的なことから、かなり高度なことまで網羅的に説明。〕

369*We Love コミュニケーション――情報・コミュニケーションは生きる権利
(聴覚障害者制度改革推進中央本部 編)デイジー(0:52)
 聴覚障害者制度改革推進中央本部 2011年
〔このパンフレットは「聞こえない、聞こえにくい」はどういう障害か、
情報コミュニケーション保障が重要であり大切なこと、そして聴覚障害者の要望を一人でも
多くの人に理解していただくために編集したものである。〕

369 障害者白書 平成23年版(内閣府 編)デイジー(8:43)佐伯印刷 2011年
〔近時の障害者制度改革の動きをはじめ、平成22年度に政府が講じた障害者施策の概況を記述。
また、東日本大震災における障害のある人たちへの緊急支援などについても紹介する。
テープもあります。〕

376*生きていくための短歌(南 悟(さとる)著)デイジー(5:18)岩波書店 2009年
〔生きることの意味を問い続ける歌、親や友だちの死の悲しみから立ち直ろうとする歌、
生きることが辛くても生きなければならない歌…。定時制高校の生徒たちが詠い上げた青春の短歌を紹介。〕

459 「鉱物」と「宝石」を楽しむ本(堀 秀道(ひでみち) 編著)デイジー(6:59)PHP研究所
  2009年
〔食卓にある塩など、身のまわりには鉱物と関わりのあるものが多い。鉱物の名前の由来から
マメ知識までを紹介した、鉱物ガイドブック。〕

495*ママ、生まれる前から大好きだよ!(池川(いけがわ) 明(あきら) 著)デイジー(5:23)
   学研パブリッシング 2009年
〔「世界中をさがして、ママがいちばんよかったの」「だれがいい?ときかれて、お母さんを選んだ」…。
子どもたちが語る、いのちの不思議を教えてくれる7つの物語を紹介。
また、「胎内記憶」についても説明する。〕

597*老前整理――捨てれば心も暮らしも軽くなる(坂岡 洋子(ようこ) 著)デイジー(3:43)
  徳間書店 2011年
〔気力・体力があるうちに、「使う!」だけを厳選しませんか?モノの整理の前提となる、
頭と心の整理に主眼をおいて、充実した人生を送るうえで本当に必要なモノだけを取捨選択する方法を教えます。〕

779 桂歌丸 真景(しんけい)累ヶ淵(かさねがふち) 1~5(桂 歌丸[演],三遊亭 円朝[原作])一般CD
  [テイチクエンタテインメント] 2006年
1.深見新五郎(0:50) 2.勘蔵の死(0:56) 3.お累(るい)の自害(0:56)
4.湯灌場(ゆかんば)から聖(しょう)天山(てんやま)(0:52) 5.お熊の懺悔(ざんげ)(0:40)

779 桂歌丸 牡丹(ぼたん)燈(どう)籠(ろう) 1~4(桂 歌丸[演],三遊亭 円朝[原作])一般CD
  [テイチクエンタテインメント]2006年
1.お露と新三郎(0:45) 2.お札はがし(0:43) 3.栗橋宿(0:53)
4.関口屋のゆすり(0:45)

779 『牡丹燈籠』通し公演記念対談(桂 歌丸,玉置(たまおき) 宏[対談])一般CD(0:36)
  [テイチクエンタテインメント] 2006年
〔『牡丹燈籠』通し公演初日の2006年7月6日。桂歌丸と当時の横浜にぎわい座館長・玉置宏が行なった
楽屋での対談。リラックスした雰囲気の中、牡丹燈籠との出会い、その聞きどころ、そして落語とは…。
桂歌丸落語の全てに迫る会心の対談。〕

779 初代 桂春団(はるだん)治(じ) SP盤編(桂 春団治[演])一般CD(1:14)
  [コロムビアミュージックエンタテインメント] 2006年
〔「いかけ屋」、「鼻ねじ」、「近日息子」、「からし医者」、「喧嘩仲裁」、「寄合酒」を収録。〕

<文学書>
912 にぎやかな部屋(星 新一 著)デイジー(3:35)新潮社 1972年
〔金もうけに策をめぐらす金貸しの亭主といんちき占い師の夫人、その金を狙う詐欺師、強盗。
現代世相を軽妙に描く異色コメディー。〕

913 撃てない警官(安東 能(よし)明(あき) 著)デイジー(8:10)新潮社 2010年
〔模範的な警官になろうと、誰よりも強く思ってきた。管理部門から抜擢され、エリート部署へ
配属された。だが、待っていたのは不祥事の責任を被る屈辱の左遷……。
若き警部・柴崎令司が、飛ばされた所轄署で体験する人生初の悪戦苦闘。〕

913 丼(どぶ)池(いけ)太閤記(たいこうき)(梅林 貴(き)久生(くお) 著)デイジー(6:28)日本放送出版協会 1977年
〔空襲によって、わずかに焼け残ったビルの間にヤミ市ができ、人々はその日の糧を求めて歩き廻っていた。
復員姿の男が派手な女と喧嘩して連れてこられたのは、大阪駅前の派出所だった。点字もあります。〕

913 涛(なみ)の彼方――妻は、くノ一10(風野(かぜの) 真知雄 著)デイジー(5:04)角川書店
 2011年
〔星が降るような夜空の下、織江と初めて出逢ったのは、もう2年近くも前のことだった。
長崎へと進む船の上で、彦馬は出逢いの時のこと、そして離れ離れの月日のことを想っていた。
諸外国を巡るよう静山から任ぜられた彦馬は、一緒に日本を脱出するため、織江を待ち続ける。〕

913*小説新井(あらい)白石(はくせき)――幕政改革の鬼(童門 冬二(ふゆじ) 著)デイジー(7:07)河出(かわで)書房新社
 2010年
〔元禄時代の経済崩壊を立て直すべく、貨幣の正常化政策など「正徳の治」と呼ばれる
徳川幕府最初の政治・財政改革をまっすぐに断行した儒者政治家・新井白石の苦心と決意の生涯を描く。
『月刊総務』連載を単行本化。〕

913*Nのために(湊 かなえ 著)デイジー(8:38)東京創元社 2010年
〔瀬戸内の島の東屋で、ビルの窓掃除のゴンドラの上で、古いアパートの一室で、
わたしは「N」を守ることを決意した…。悲劇的な殺人事件の真実を、モノローグ形式で解き明かす
連作長編。『ミステリーズ!』連載を単行本化。〕

913*酔いどれ天使(渡辺 淳一 著)デイジー(5:01)角川書店 1976年
〔克彦は深酒をして関係をした時の子供は、脳性欠陥児の産まれる確率が高いという話を聞く。
妻は妊娠していたが、逆算すると当夜確かに酔っていた。不安にかられて堕してしまった。
しかしそれは…。〕

914 人生の収穫(曾野 綾子 著)デイジー(6:22)河出書房新社 2011年
〔老いてこそ、人生は輝く――。自分流に不器用に生き、失敗を楽しむ才覚を身につけ、
老年だからこそ冒険し、どんなことでも面白がる。世間の常識にとらわれない独創的な老後の生き方を提案する。〕

933*王女とドラゴン――魔法の国ザンス7(ピアズ・アンソニイ著,山田 順子 訳) 
     デイジー(17:40)早川書房 1989年
〔獰猛な谷ドラゴンが、忘却のまじないとともに大裂目から解き放たれた!
さっそくドオアはザンスの魔法使いのメンバーを集めて対策会議を開いた。
その時、問題の谷ドラゴンが出現。あたりは騒然となった。〕

933*誰が頭取を殺したか――P2スキャンダルと法王庁
  (ラリー・ガーウィン著,飯島 宏 訳)デイジー(13:33)新潮社 1985年
〔1982年6月、ロンドンで、イタリア最大手銀行頭取の首吊り死体が発見された。
彼の死によって銀行の経営は危機に瀕し、ヨーロッパ政財界は未曾有の金融スキャンダルに直面した。
事件の背後には政治家、マフィア、フリーメーソン系秘密結社などの影がちらついていた。〕

5.読書の話題――文化勲章受章・丸谷(まるや)才(さい)一(いち)さん
 昨年、文化勲章を受章した作家・丸谷才一さんの本を蔵書の中からご紹介します。
貸出ができますので、どうぞご利用ください。

<点字図書>
『男のポケット』3冊
〔昼寝、散歩、酒、料理、女、スポーツ…。男の世界の森羅万象を語る大百科。テープもあります。〕

『たった一人の反乱』8冊
〔出向を拒否して通産省をとび出し民間会社に就職した馬淵英介は若いモデルと再婚する。
殺人の刑期を終えた妻の祖母が同居し始めたことから、新家庭はとめどなく奇妙な方向へ傾く。
谷崎潤一郎賞受賞。〕

『長距離走者の孤独』(シリトー著,丸谷 才一ほか訳)3冊
〔優勝を目前にしながら走ることをやめた非行少年の孤独な心・怒りを描いた表題作等、
本物の経験と本能的な正確さで描いた異色の傑作8編を収録。〕

『日本語で一番大事なもの』(大野 晋(すすむ),丸谷 才一共著)5冊
〔柿本人麻呂から芭蕉、そして「サラダ記念日」までを数多く例に引きながら、
日本語の本質と機能を探る。〕

<テープ図書>
『青い雨傘』5巻
〔なぜ怪獣の名前には「ラ」が付くのか、ブランコが春の季語になった理由、ビキニの水着はいつ誕生したか…。
思わずニヤリとさせられる問いが、日本文学、世界歴史の大問題につながる。デイジーもあります。〕

『犬だって散歩する』5巻
〔犬だって散歩する。広大な知性とユーモアの宇宙を駆けめぐる、ご存じ丸谷氏一流、読む散歩。
傑作エッセイを収録。〕

『裏声で歌へ君が代――名作いまむかし』1巻
〔中年の独身画商・梨田は、知り合ったばかりの若い美貌の未亡人を伴って
「台湾民主共和国」準備政府の大統領就任パーティに出席する。〕

『男のポケット』8巻
〔昼寝、散歩、酒、料理、女、スポーツ…。男の世界の森羅万象を語る大百科。点字もあります。〕

『笹まくら』13巻
〔徴兵を忌避して、逃避の旅を続ける男の戦時中の内面と、20年後の表面的安定の裏の
よるべない日常にさす暗影――戦争の意味を問う。〕

『女性対男性』7巻
〔ユーモアにあふれ、駆け引きがあり、少し知性をきかせた男と女のおしゃべりには、
時の経つのを忘れさせる快楽がある。女と男の粋で洒落た会話を綴ったエッセイ集。〕

『日本語で一番大事なもの 対談』(大野 晋,丸谷 才一 共著)9巻
〔柿本人麻呂から芭蕉、そして「サラダ記念日」までを例に引きながら、日本語の本質と機能を探り、
日本文法を明らかにする国語学者と小説家の対談。〕

<デイジー図書>
『青い雨傘』(6:42)
〔なぜ怪獣の名前には「ラ」が付くのか、ブランコが春の季語になった理由、ビキニの水着はいつ誕生したか…。
思わずニヤリとさせられる問いが、日本文学、世界歴史の大問題につながる。テープもあります。〕

『男もの女もの』(6:16)
〔源氏物語からピタゴラス、古今東西の文学、思想、ゴシップ…。本を読む楽しさ、
考える喜びを満喫させる丸谷さんの至福のエッセイ集。〕

『女ざかり』(13:00)
〔大新聞の女性記者論説委員・南弓子に政府・与党から圧力がかかった。
友人身内を動員しよく窮地を脱しえるか?〕

『現代日本のユーモア文学 3』(吉行淳之介,丸谷才一,開高健(たけし) 編)(10:37)
〔丸谷才一著「思想と無思想の間」など、全15編を収録した短編集。〕

『どこ吹く風』(3:55)
〔今日は天丼を論じ,明日は男の威厳を考える。縦横無尽、痛快無比、随筆の贅沢ここにあり。〕

『ユリシーズ 1』(ジェイムズ・ジョイス 著,丸谷 才一 [ほか]訳)(24:32)
〔20世紀最高の文学と評される大作の最高の訳者たちによる達意の完訳。
新しい文体を創造し、表現の可能性の極限に迫ったといわれる傑作。〕