1.ご案内
■四街道市・市政30周年記念「街づくりシンポジウム」のご案内
 四街道市 市政30周年記念「街づくりシンポジウム」が開催されます。
四街道を「子育てしやすい街」にするためには、どのような点に着目し街づくりを進めていけばよいかを
市民の皆様と考えるパネルディスカッションを行ないます。詳細は次のとおりです。
●日時:平成24年2月5日(日)午後2時から午後4時(1時半受付開始)
●場所:愛国学園大学 1号館 4階 大講義室
●定員:200人(申し込み不要)
●参加費:無料
●その他:
土足厳禁のため室内履のご用意をお願いします。
駐車場はございませんのでご注意ください。
●コーディネーター:見城(けんじょう)三枝子
●パネラー:宮城(みやぎ)まり子、高橋洋二(ようじ)、伊佐(いさ)勉(つとむ)、佐渡(さど)斉(ひとし)
●お問い合わせ:四街道市都市計画課 TEL:043-421-6141

2.支援センターからのお知らせ
■「ひびきあい あいとひかりのコンサート」のご案内
社会福祉法人 愛光 後援会「愛の灯台基金」主催「愛の灯台基金」チャリティコンサート
「ひびきあい あいとひかりのコンサート~クミコ“INORI”を歌う」が開催されます。
詳細は次のとおりです。
●日時:2012年2月12日 日曜日 開場13時30分 開演14時00分
●会場:京葉銀行文化プラザ
●チケット代:3,200円 全席自由
●チケット販売先:
チケットぴあ 電話番号0570-02-9999(Pコード 151-394)
愛の灯台基金事務局 電話番号043-484-6391
(窓口販売のみ、振込、郵送を希望の方はチケットぴあをご利用ください)
●その他:
今回出演のクミコは1982年シャンソン歌手としてデビュー。2010年には第61回NHK紅白歌合戦に初出場。
精力的にコンサート、テレビ、ラジオ等で活躍されています。
「愛の灯台基金」とは 福祉文化向上を推進することを目的に平成15年より活動しています。
コンサートや音声ガイド・字幕付きDVDの上映会、災害被災地への義援金募金活動などを行っています。

■点字カレンダーについて
 千葉エコーライオンズのカレンダー(点字のみの冊子体で六曜・記念日等を記載)に予備があります。
ご希望の方に差し上げますので、TEL:043-424-2501までお申し込みください。

3.図書館からのお知らせ
■テキストデータ版「図書館だより」について
「図書館だより」テキストデータ版のメール配信を開始しました。
メール配信を希望される方は、 以下のメールアドレス当てに、氏名、メールアドレスを明記の上、
お申し込みください。 申込先メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
なお、メール版には、新聞等からの転載記事は掲載していません。

■「日本年金機構アニュアルレポート2010(概要版)」について
 日本年金機構より、「日本年金機構アニュアルレポート2010(概要版)」の音声CDが寄贈されました。
貸出ができますので、どうぞご利用ください。
 また、アニュアルレポートの音声媒体は、日本年金機構ホームページにおいても、MP3形式にて掲載しており、
自由にダウンロードしていただくことができます。
(日本年金機構ホームページ:http://www.nenkin.go.jp/disclosure/annual.html

■寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・日本盲人会連合 発行 『ワールド・ナウ(第35号)』点字1冊
・全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第213号)』点字1冊
・国税庁広報広聴官 発行 『私たちの税金(平成23年度版)』点字1冊・墨字1冊
・富山県視覚障害者協会 発行 
『障害者福祉にかけた五十年』点字1冊・デイジー1枚・墨字1冊
・日本盲人社会福祉施設協議会 情報サービス部会 発行
『ひとりでできる家庭料理』墨字1冊

● 次の資料はご希望の方に差し上げます。
・自由民主党 発行 『自由民主(第63号)』点字1冊

4.新入図書の紹介
[分類番号(NDC)、書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
019*名著講義(藤原 正彦 著)5冊 文芸春秋 2009年
〔「武士道」「福翁自伝」「逝きし世の面影」「きけわだつみのこえ」等を巡り、時に激論、
 時に人生相談、時に脱線&爆笑。お茶の水女子大学の白熱の読書ゼミを公開。〕

369 共用品という思想――デザインの標準化をめざして(後藤 芳一(よしかず),星川 安之 共著)
 4冊 岩波書店 2011年
〔共用品とは、より多くの人々が共に利用しやすい製品やサービスのこと。共用品の
 これまでの取り組みの歴史と、進化を続ける日本の共用品の思想を解説。〕

369 出会い、ふれあい、心の輪――平成23年度入賞作品集 心の輪を広げる体験作文
 障害者週間のポスター(内閣府[編])1冊 内閣府 2011年
〔最優秀賞 小学生部門「障害と自分」(福岡県 美(み)根(ね)雄(ゆう)馬(ま))、
 中学生部門「友から学んだこと」(福岡県 中村誠(まこと))、
 高校生・一般部門「生きる力」(富山県 旅(たや) 誠一(せいいち)朗(ろう))、
 優秀賞9作、佳作15作などを収録。〕

378 全国盲学校弁論大会全国大会弁論集 第80回(平成23年度)
[毎日新聞社点字毎日部][編]1冊 毎日新聞社点字毎日部 2011年
〔2011年10月14日(金)大阪市立視覚特別支援学校で行なわれた、第80回全国盲学校
 弁論大会全国大会の入選作の弁論集。墨字併記。非売品。〕

379 子どもへのまなざし 続(佐々木 正美 著)6冊 福音館書店 2001年
〔「子どもへのまなざし」の読者から寄せられたたくさんの質問に答える続編。
 乳幼児期の子どもの育て方、母性と父性、障害を持つ子の育て方等の問題を、臨床の場で多くの
 子どもや家族と出会ってきた著者がわかりやすく解説。〕

379 子どもへのまなざし 完(佐々木 正美 著)4冊 福音館書店 2011年
〔子どもと向き合うときどんな心の持ちようでいればいいのか、その一番大事なところを教えてくれる本。
 迷ったり、悩んだり、困ったときに開けば、やさしく、力強く導いてくれる本。〕

590*上質生活――品格ある暮らしのルール(加藤 ゑみ子 著)1冊 
 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2006年
〔良質なものが、良質な時間と良質な空間と良質な生活行為を伴って、上質生活をつくる。
 そして、上質な生活が、上質な人を育てる。あなたとあなたの暮らしに品格をもたらす、
 本質的で実践的な方法。〕

760*双子座ピアニストは二重人格?――音をつづり、言葉を奏でる(青柳 いづみこ著)3冊 音楽之友社 2004年
〔ピアニスト、文筆家、そして朝日新聞書評委員としても活躍する著者が、音と言葉を
 めぐる世界を、軽快に、またシリアスにつづる。20年間の雑誌連載などから
 選りすぐったヴィヴィッドなエッセイ集。〕

816 オンキョー世界点字作文コンクール 入選作品集 第9回 2011年(オンキョー,
毎日新聞社点字毎日 編)1冊 毎日新聞社点字毎日部 2011年
〔オーディオ・パソコン&ビジュアル機器メーカー「オンキョー株式会社」と、「毎日
 新聞社点字毎日」が実施した作文コンクールの入選作(国内部門8編、海外部門28編)を収録。
 点字・墨字合冊。非売品。〕

<文学書>
910*作家と戦争――城山三郎と吉村昭(森 史朗(しろう) 著)7冊 新潮社 2009年
〔海軍体験と特攻への思いを書き上げた城山三郎と、東京大空襲を逃げまどった経験を
 持ち、記録文学を残した吉村昭。「末期戦中派」にあたるふたりの作家の原点・小説世界・
 作家生活を、担当編集者の視点で描く文学評伝。〕

913*ぼくは勉強ができない(山田 詠(えい)美(み) 著)3冊 新潮社 1993年
〔健全な肉体に健全な精神が宿ると思う?健全って、いったい、なんなんだよ。
 なんか、上手く言えないんだけど、窮屈なんだ。自由にしてるんだけど、
 居心地悪いんだ…。〕

914 サンチョ・キホーテの旅(西部(にしべ) 邁(すすむ) 著)4冊 新潮社 2009年
〔人間とは如何なる動物か。人生とは如何なる所業か。人間にとっての記憶と経験の真の意義を問い直す自伝的連作エッセイ。
 平成21年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。〕

931*オフ・オフ・マザー・グース(和田 誠(まこと) 訳)1冊 筑摩書房 1989年
〔――やっぱりマザー・グースは面白い。「ゆき」「ねことヴァイオリン」「風吹きわたれ」
 など、新訳60篇を収録。〕

953*ぼくの伯父さんの休暇(ジャン=クロード・カリエール著,小柳 帝(みかど) 訳)3冊
 中央公論新社 2008年
〔静かな避暑地の「海岸ホテル」。バカンスを楽しむ人々のもとへ、ユロ氏がやってきた。
 つむじ風のように災難をまきちらしながら。軽妙な笑いが溢れるジャック・タチの傑作映画を
 完全ノヴェライズ。〕

<児童書>
J913 緑(りょく)瑠璃(るり)の鞠(久保田 香里(かおり) 作)2冊 岩崎書店 2009年
〔父も母もなくした夏姫のもとへ、以前父に命を助けてもらったという若者が、恩返しを
 したいと屋敷を訪れた。その若者は大変美しく、女童のわかぎは、まるで光源氏の君の
 ようだと大喜びするが、やがて若者の正体を知ることになり…。〕

J913 西の魔女が死んだ(梨木 香歩 著)2冊 新潮社 1994年
〔中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女・まいは、季節が
 初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女である大好きなおばあちゃんから、
 まいは魔女の手ほどきを受ける。〕

J913 からほり亭で漫才!(藤田 富美恵 作)2冊 文研出版 2009年
〔仲良しの朋子が、一人暮らしの気むずかしい荒物屋のおばあちゃんにケガをさせて
 しまった。美喜は朋子と二人で家事や店番を手伝ううちに、おばあちゃんの店が
 戦前まで「からほり亭」という寄席だったことを知る。大阪の空堀商店街を舞台に、
 登場人物たちの交流を温かく描く。〕

J923 西遊記 9 妖の巻(斉藤 洋(ひろし)文,呉(ご) 承(しょう)恩(おん) [原作])2冊 理論社 2010年
〔孫悟空たちの一行は、女ばかりで男がひとりもいない西梁女人国にやってきた。
 女たちが飲んだらおなかに子どもができるという子母河の水を、そんなことは全く
 知らない玄奘三蔵と猪八戒が飲んでしまい…。〕

J930 モーツァルトはおことわり(マイケル・モーパーゴ 作,さくま ゆみこ 訳)1冊
 岩崎書店 2010年
〔新米新聞記者のレスリーは、世界的に有名なバイオリニストのパオロ・レヴィに
 インタビューをすることになる。「モーツァルトの件」については質問してはならない
 というバイオリニストの秘密は、かつてナチスの強制収容所でくり返された悲しい
 記憶とつながっていた…。〕

J943 マイカのこうのとり(ベンノー・プルードラ 作,上田 真而子(まにこ) 訳)1冊 岩波書店 2008年
〔マイカの家にある納屋の屋根の上には、ずっとこうのとりが住み着いている。ある時、
 こうのとりの一家は、色の違う1羽のひなを置いて南へ飛び立ってしまい、マイカは、
 ひなを家においてあげることにした。幼い少女と飛べないこうのとりのひなとの、
 心の交流を詩情豊かに描く。〕

J949 日曜日島のパパ(ペッテル・リードベック 作,菱木(ひしき) 晃子(あきらこ) 訳)2冊
 岩波書店 2009年
〔ヴィンニは8歳の元気な女の子。ふだんは離れて暮らすパパと、夏のあいだだけ
 「日曜日島」で過ごす。ちょっと頼りないパパとしっかり者のヴィンニの楽しい夏を
 描いた、スウェーデン生まれの物語。〕

(テープ図書の部)
<文学書>
913 人間万事塞翁(さいおう)が丙午(ひのえうま)(青島 幸男(ゆきお) 著)6巻 新潮社 1981年
〔戦中から戦後へ、激動の時代をたくましく生きた庶民たちの哀歓を、自らの生家をモデルに
 いきいきと描き出した、笑いと感動の下町物語。〕

913 愛の終りの時(石川 達三 著)13巻 新潮社 1979年
〔将来を嘱望される男に嫁ぎ、三人の子供を育て上げた茂子。子供が去り、夫と二人の
 家庭には、彼女の心を支えるものはなかった。〕

913 姥(うば)ときめき( 田辺 聖子 著)6巻 新潮社 1991年
〔1人マンションで優雅に暮す歌子サンの周りには、今日も様々な出来事が持ち上る…。
 いつまでもときめきを忘れずに生きる、77歳の歌子サンの大活躍を描く。〕

933*ジェイン・エア 上・下(C.ブロンテ著,小尾(おび) 芙(ふ)佐(さ) 訳)上10巻・下11巻 
  光文社 2006年
〔幼くして両親を亡くしたジェイン・エアは、引き取られた伯母の家で疎まれ、
 寄宿学校に預けられる。そこで心を通わせられる人々と出会ったジェインは、8年間を
 過ごした後、自立を決意。テープ再製作。デイジーもあります。〕

(CD図書の部)
<一般書>
162*多神教と一神教――古代地中海世界の宗教ドラマ(本村 凌二 著)デイジー(7:12)岩波書店 2005年
〔メソポタミア、エジプト、ギリシア、パレスチナ、ローマ…。古代地中海世界に
 次々と興亡をくり返した多神教社会の中で、一にして力ある神はどのようにして
 形づくられたか。壮大なスケールで描く宗教的心性の歴史。〕

210*昭和史発掘7~8 新装版 2.26事件(松本 清張 著)デイジー
 7(16:45)・8(17:32)文芸春秋 2005年
〔二月二十六日、遂に重臣襲撃決行。拳銃で撃たれたうえ軍刀で切り刻まれた高橋是清。
 夫人の機転で一命を取り留めた鈴木貫太郎。女中部屋に潜んだ岡田啓介。戦勝気分に
 酔いしれる青年将校らであったが…。〕

331 経済学(レスター・C.サロー,ロバート・L.ハイルブローナー共著)デイジー
(11:49)TBSブリタニカ 1984年
〔経済学および現代の経済的諸問題を、絶妙の語り口で、解き明かす入門書。〕

369 春を恨んだりはしない――震災をめぐって考えたこと(池澤 夏樹 著)デイジー
(2:51)中央公論新社 2011年
〔被災地の肉声、生き残った者の責務、国土、政治、エネルギーの未来図。旅する作家の
 機動力、物理の徒の知見、持てる力の全てを注ぎ込み、震災の現実を多面的にとらえる
 類書のない一冊。〕

493 関節リウマチ――正しい治療がわかる本(尾崎 承一(しょういち) 著,福井 次(つぐ)矢(や) 責任編集)
 デイジー(6:27)法研 2008年
〔痛みと腫れが劇的にとれる! 関節リウマチの治療法は、近年、新薬の登場により
 めざましい進歩をとげている。関節の破壊をくい止める最新の治療を中心に、今後の
 動向を含めくわしく解説する。〕

493 ぜんそく――正しい治療がわかる本(足立 満(みつる) 著,福井 次矢 責任編集)デイジー
(11:41)法研 2010年
〔吸入ステロイド薬を中心とした治療で発作を予防すれば、ぜんそくを持つ人も健康な
 人と変わらない生活が送れる。子どもからお年寄りまで、安全で効果的なぜんそくの
 自己管理法と生活上の注意を解説。〕

493 痛風・高尿酸血症――正しい治療がわかる本(川合 眞一 著,福井 次矢 責任編集)
 デイジー(5:20)法研 2010年
〔通風は、痛みがおさまってからの治療がポイント。尿酸値をいかにコントロールし、
 その後の合併症を予防するか。尿酸値高めの人に役立つ生活習慣見直しのポイント、
 病気や治療薬についての正しい知識を解説。〕

494 アトピー性皮膚炎――正しい治療がわかる本(古江 増(ます)隆(たか) 著,福井 次矢 責任編集)
 デイジー(7:08)法研 2008年
〔アレルギー体質でない人でもかかるのがアトピー性皮膚炎。まちがった対応でこじらすことも…。
 保湿を第一歩として、ステロイドの正しい使い方や最新の薬、生活上の注意についてくわしく紹介。〕

494 変形性膝(ひざ)関節症――正しい治療がわかる本(黒田 栄史(えいじ) 著,福井 次矢 責任編集)
 デイジー(5:52)法研 2009年
〔膝の痛みは「まず自分で治す」が基本。痛みに効く「運動」を多数紹介し、生活上の
 工夫や進行期の手術選択のポイントなど、変形性膝関節症の初期から進行期までの、
 膝の痛みとのつきあい方を網羅。〕

495 乳がん――正しい治療がわかる本(中村 清(せい)吾(ご) 著,福井 次矢 責任編集)デイジー
(5:47)法研 2008年
〔乳がん治療は日々進化する。いまや乳房温存は当然、いかに小さく切り、体への負担を
 軽くするかが追求されている。手術前の薬物療法など最新の標準治療を紹介した、
 「切る」前にぜひ読んでおきたい一冊。〕

779 枝(し)雀(じゃく)落語大全 第1集~第20集(桂 枝雀[演])一般CD[東芝EMI]2000年
1.高津の富・つぼ算(1:11)
2.寝床・くやみ(1:16)
3.崇(す)徳院(とくいん)・兵庫(ひょうご)船(ぶね)(1:13)
4.口入屋(くちいれや)・阿弥陀(あみだ)池(いけ)(1:04) 
5.どうらんの幸(こう)助(すけ)・植木屋娘(むすめ)(1:01)
6.宿替(やどが)え・こぶ弁慶(べんけい)(1:08)
7.くしゃみ講釈・鴻池(こうのいけ)の犬(1:00)
8.青菜・佐々木裁き(0:58)
9.天神山(てんじんやま)・日和(ひより)ちがい(0:59)
10. 地獄八景(ばっけい)亡者戯(もうじゃのたわむれ)・SR(1:16)
11.饅頭こわい・ちしゃ医者(1:13)
12.花(はな)筏(いかだ)・持参金(1:13)
13.仔猫・夏の医者(0:41)
14. 幽霊(ゆうれん)の辻・雨乞い源兵衛(0:55)
15.舟(ふな)弁慶・胴斬り(0:55)
16.蛇含(じゃがん)草(そう)・質屋蔵(ひちやぐら)(1:10)
17.千両みかん・首(くび)提灯(じょうちん)(0:59)
18.うなぎや・次の御用日(0:59)
19.猫の忠信(ただのぶ)・つる(1:13)
20.鷺(さぎ)とり・皿屋敷(1:01)

782*走る意味――命を救うランニング(金(きん) 哲彦 著)デイジー(8:19)
 講談社 2010年
〔早大中村清監督との訣別、在日としての葛藤、ガン闘病、復活のサブスリー…。箱根
 駅伝5区「山上りの木下」で名を馳せた金哲彦が、自身のランニング人生を振り返る。〕

<文学書>
910*記憶するシュレッダー ――私の愛した昭和の文士たち(水口 義(よし)朗(ろう) 著)
 デイジー(6:43)小学館 2006年
〔三島由紀夫、吉行淳之介、開高健、寺山修司など、文壇華やかなりし昭和、輝きを
 放った巨星たち25人のエピソードや知られざる横顔を愛惜の思いで綴る。
 『文芸ポスト』連載ほかに加筆修正して単行本化。〕

913 白きたおやかな峰(北 杜夫 著)デイジー(11:30)新潮社 1966年
〔ついに現れてきた。今まで夢と写真でしか見たことのない、目くるめく巨大な山塊が。
 「けったいな山やなあ」田代純二はフレンドシップ機の窓に顔をつけるようにして
 呟いた。〕

913*新真田十勇士 2――異戦国志外伝(仲路 さとる 著)デイジー(6:17)学習研究社
 1999年
〔元和2年、姫路城開城により豊臣家は崩壊し、天下は徳川幕府のもとに統一された。
 伊丹の合戦において最期を遂げた真田幸村の遺児・大助は、諸国行脚を続けるうち、
 ひょんな縁から次々と家臣を増やしていく――。もうひとつの『異戦国志』が始まった!〕

913*太陽のパスタ、豆のスープ(宮下 奈都 著)デイジー(6:49)集英社 2010年
〔わたしが選ぶもので、わたしは作られるのだ。暗闇をさまよう明日羽に、叔母の
 ロッカさんは「漂流者のリスト」を作るよう勧める。明日羽は岸辺にたどり着けるのか…?
『青春と読書』連載作品を加筆・修正して単行本化。〕

913*血脈の火――流転の海 第3部(宮本 輝 著)デイジー(15:16)新潮社 1996年
〔繊細で感性豊かな少年に育った一人息子が二十歳になるまで、自分はまだまだ
 汚濁のこの世界で戦い続けなければならぬ…昭和二十年代後半、再び大阪に居を構え、
 事業を展開する松坂熊吾。だが、豪胆に精力的に奔走する彼の行く手に、かすかな影が差し始める。〕

933*パイレーツ・オブ・カリビアン――生命(いのち)の泉(テッド・エリオット,テリー・ロッシオ脚本)
 デイジー(5:48)竹書房 2011年
〔自由を愛する孤高の海賊、キャプテン・ジャック・スパロウが禁断の宝の地図を手に
 入れてから数年、新たな冒険へと船出する時がきた。目指すは永遠の生命をもたらすと
 いうフロリダの「生命の泉」。〕

933*ジェイン・エア 上・下(C.ブロンテ著,小尾 芙佐 訳)デイジー
 上(13:17)・下(15:51)光文社 2006年
〔幼くして両親を亡くしたジェイン・エアは、引き取られた伯母の家で疎まれ、
 寄宿学校に預けられる。そこで心を通わせられる人々と出会ったジェインは、8年間を
 過ごした後、自立を決意する。テープもあります。〕

942*ドン・カルロス――スペインの太子(シラー作,佐藤 通(つう)次(じ) 訳)デイジー(8:54)
 岩波書店 1940年
〔16世紀スペイン宮廷、継母エリザベートの愛をめぐる父フェリーペ二世とドン・カルロスの葛藤。
 オランダに起こった新教徒の独立戦争を背景として、新旧両勢力が激しく対立する時代に反抗し、
 人間的高貴さを体現するポーザ候。暗い孤独な支配者の姿を配した雄大な政治悲劇。〕

5.読書の話題――文化功労者・加賀乙彦さん
 今月は昨年、文化功労者として選ばれた作家・加賀乙彦さんの本を蔵書の中から、ご紹介します。
貸出ができますので、どうぞご利用ください。

<点字図書>
『嫌われるのが怖い――精神医学講義』(笠原 嘉(よみし),加賀 乙彦 共著)3冊
〔かつては精神科医であった小説家と、精神医学者がそれぞれの経歴や考え方を語りながら、
 精神医学の歴史的背景や日本人のノイローゼなどについて、対談形式で平易に解き明かす。〕

『湿原 上・下』 上9冊・下9冊
〔大学紛争が激化した時代、暗い過去を持つ中年男と心病む女子大生が愛し合う。
 T大紛争の終結直後に新幹線爆破の嫌疑で捕らわれた二人は、冤罪を晴らすために長き闘いを始める。
 魂の救済とは何かを問いかける感動の長編小説。〕

『犯罪』 2冊
〔ある日突然、どこかでそっと殺意が芽生える!さりげない日常に隠された現代人の
 魂の惨劇が、さまざまな人間模様の底からあらわにされていく…。犯罪小説集。〕

『ヴィ-ナスのえくぼ』5冊
〔エリート商社員の夫と有名私立小に通う息子。一見めぐまれた家庭でありながら、
 息子のいじめと夫の無関心、大都会のやりきれない人間関係の中で、
 次第に倒錯した性の悦楽にのめり込んでゆく奈々子。本当の幸福とは、家庭とは…。
 繁栄の時代の影を浮き彫りにする異色の長篇。〕

<テープ図書>
『悪魔のささやき』5巻
〔精神科医、心理学者、そして作家として半世紀以上にわたり日本人の心を見つめてきた
 著者が、数々の事件の実例をもとに、その正体を分析。拝金主義に翻弄され、想像を
 超えた凶悪な犯罪が次々と起きる現代日本の危うい状況に、警鐘を鳴らす。〕

『頭医者青春記』8巻
〔「チャンバラ騒動」ほか12編を収録。〕

『あの笑いこけた日々』6巻
〔この世は牢獄である――作家、精神病医、大学教授と活躍中の著者が、独自の視点と深い洞察力で
 浮き彫りにした病める現代社会。現代の牢獄的状況を描くエッセイ集。〕

『炎都 上・下』 上16巻・下16巻
〔この小説にこそ昭和史の真実がある。時代の波に翻弄されつつ力強く生きる人間群像と、
 ある外科医一族の運命を描く、壮大なロマン。〕

『高山右近』10巻
〔「世の栄達に何の値あろうぞ」激動の戦国時代を揺るぎない信の道で貫いた高潔の
 キリシタン大名の生涯。〕

<デイジー図書>
『鴎外と茂吉』(6:35)
〔鴎外、茂吉、杢太郎、秋桜子といった、医師でありなおかつ文人であった人の心とはどんなものか。
 小説、短歌、詩、俳句の領域で一流だった彼らを、医学という領域からも解き明かす。〕

『素晴らしい死を迎えるために――死のブックガイド』(8:42)
〔柳田邦男、A・デーケン。死の碩学二人と語る「人生の結実点」への心構え。生と死を
 考えるための50冊ほか、生と死に関して相談できる組織一覧、全国緩和ケア病棟―覧
 掲載。〕