(以下本文)
1.ご案内
■コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ、北海道(道北・道央)」というツアーです。

期間:2012年8月31日(金)から9月3日(月)までの4日間
募集定員:30名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
費用:135,000円(お一人様料金)
 130,000円(2名様1室利用のお一人様料金)
 128,000円(4名様1室利用のお一人様料金)
旅行申込締切日:2012年8月10日(金)
問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部・岸
 電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール:info@teamcom.co.jp
 ホームページ:http://www.teamcom.co.jp/ まで お願いします。
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)

2.支援センターからのお知らせ
■用具部からのお知らせ
(1)仕入価格値上げのため、一部商品の販売価格を値上げさせていただきました。
値上げ商品及び価格は、「ライトサポートケーン(身体を支えるタイプの白杖)5,000円」となります。よろしくお願い申し上げます。

(2)2012年度版の用具価格表ができました。墨字版と点字版をご用意いたしております。ご希望の方は、用具部(043-424-2582)までご連絡ください。

ホームページリニューアルのお知らせ
 「視覚障害者総合支援センターちば」のホームページが、リニューアルし新たに生まれ変わりました。新しいホームページではセンターで実施している各種サービス内容に簡単にアクセスできるようにしたほか、新着情報をトップページ上で確認できるようになりました。また「図書館だより」の一部をホームページ上で公開するようになりました(デイジー・カセットテープによる発行は従来通りです)。今後、ホームページを活用した様々な情報の発信の仕方を検討し、皆様のお役に立てられるよう、さらに改良・改善をしていきます。皆様からのホームページに関するご感想もお待ちしております。 
ホームページ http://www.center-aikoh.net

3.図書館からのお知らせ
■サピエ図書館「音声デイジー」対応について
 サピエ図書館は、4月下旬からシステムトラブルのため、デイジーデータの利用ができなくなっていました。特に逐次刊行物のデータをアップロードできないことで、多くの方に御不便をおかけしました。サピエ事務局からの連絡では、5月30日(水)からサービスを再開できる見通しとのことです。 再開にあたり、サービス停止中に発行された逐次刊行物、新入図書、既存の図書のうちデータを復元できなかったもの、について順次アップロードしていきます。今後、こういったトラブルが生じた場合、当センター製作の録音雑誌「週刊朝日」は、CDでの郵送貸出が可能です。他施設製作の雑誌についても対応しますので、ご不明な点などございましたら、 どうぞお気軽に貸出係(電話:043-424-2588 メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までお問い合せください。

小笹会・新入録音図書のご案内
 小笹会製作の新入録音図書の貸出ができますので、どうぞご利用ください。

『「史記」武帝紀 7』(北方 謙三 著)テープ7巻・デイジー(10:30)
〔自らに迫る老いを自覚し不安を抱く武帝・劉徹。巫虫の疑惑をかけられた皇太子は、
 謀反の末自死を遂げる。さらに、匈奴との最後の闘いが迫り…。
 中国史上最大の史書を壮大なスケールで描く。『ランティエ』掲載を書籍化。〕

『逆説の日本史18――幕末年代史編』(井沢 元彦 著)テープ8巻・デイジー(12:00)
〔黒船来航の情報を把握していたにもかかわらず、幕府はなぜ何もしなかったのか。
 アメリカを激怒させた幕末日本の外交をひもとき、日本外交のルーツをさぐる。
 『週刊ポスト』連載の単行本化第18弾。〕

『興亡の世界史00(ゼロ)――人類文明の黎明と暮れ方』(青柳 正規(まさのり) 著)デイジー(13:53)
〔いくつもの絶滅の危機を乗り越えて地球上に拡散した人類が、農耕というイノベーションを経て築いた多様な文明。シュメールからローマまで、その長大な歩みを通観し、現代文明が直面する危機を考察する。〕

寄贈資料のご案内
● 次の資料が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・テクノ福祉研究会 発行 『テクノメイト声のカタログ』デイジー(1:35)
・国民生活センター 発行 『くらしの豆知識 2012年版』デイジー(13:03)
・天理教点字文庫 発行 『ひかり(第648号・第649号)』点字 各1冊
・全国盲ろう者協会 発行 『コミュニカ(№44)』点字1冊
・日本盲人社会福祉施設協議会 発行 『日盲社協通信(Vol.64)』点字1冊
・国際障害者交流センター ビッグ・アイ 発行 『i-co』点字1冊
・公明党機関紙委員会 発行 『点字こうめい(№64)』点字1冊

次の資料はご希望の方に差し上げます。(部数に限りがあるため、先着順となります。)
・TBSラジオ編成局 編成部 発行 『点字拡大文字音声コード番組表(2012春夏号)』1冊
・ニッポン放送 発行 『ニッポン放送 点字・拡大文字番組表(平成24年度前期版)』1冊
・佐賀ライトハウス 発行 『風雲児』(白石 一郎 著)点字10冊

4.新入図書の紹介
[分類番号(NDC)書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
027*千葉点字図書館CD図書総合目録――2008年3月31日現在(視覚障害者総合支援センターちば 編集・発行) 3冊 愛光 視覚障害者総合支援センターちば 2012年
〔2008年3月31日までに受け入れた、CD図書の総合目録。デイジー版・墨字版・テキストデータ版もあります。〕 

213*郷土史事典 千葉県(河村 優(まさる) 編)5冊 昌平社出版 1979年
〔歴史のかなめは人間にあるとの観点から、各時代の織り成す人間模様をいきいきと描いた、千葉県の郷土史ハンドブック。〕

369 盲ろう者コミュニケーション訓練促進事業報告書 平成23年度 (全国盲ろう者協会[編])2冊 全国盲ろう者協会 2012年
〔盲ろう者向けパソコン指導者の拡充を図るとともに、盲ろう者へのコミュニケーション訓練個別訪問指導の実施、およびパソコン等情報機器の活用によって、盲ろう者のコミュニケーション能力を向上させ、社会参加の促進を図ることを目的とした、本事業の報告書。〕

369 盲ろう者向けパソコン指導マニュアル Windows7編 平成23年度版 
  (全国盲ろう者協会[編])3冊 全国盲ろう者協会 2012年
〔盲ろう者にパソコンを教える際の指導者の手引書。PDF版・テキスト版・ワード版もあります。〕

490*西太后(せいたいごう)最後の十三日(宮原 桂(かつら) 著)2冊 牧野出版 2010年
〔宮廷医たちはいかにして西太后の健康を守り通したのか? 中国漢方の知られざる至高の診断術「脈診断」とは? 清朝末期に君臨した女帝の脈に秘められた謎を、皇室カルテ集「清宮医案研究」から解き明かす。〕

498 食育白書(概要版)平成23年版([内閣府政策統括官(共生社会政策担当)編]1冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2011年
〔2011年3月に策定された「第2次食育推進基本計画」の概要等を紹介するともに、平成22年度に講じた食育推進施策の概要をまとめる。〕

810*新聞社も知りたい日本語の謎(橋本 五郎 監修,読売新聞 新日本語取材班 著)4冊 ベストセラーズ 2010年
〔本書は、読売新聞で連載された「新日本語の現場」をまとめたもの。方言や、様々な機器に使われるマニュアルの言葉等々、私たちの使う今の言葉はどうなっているのか、あらゆる角度からレポートする。〕

<文学書>
913*リストラ屋(黒木 亮(りょう) 著)6冊 講談社 2009年
〔カラ売り屋の北川靖は、社員を切り捨て、報酬丸儲け、強欲コストカッターの異名をとる新社長が就任した会社に、カラ売りを仕掛けるが…。現代資本主義の病根を描く長編小説。「カラ売り屋」第2弾。〕

913*トッカン――特別国税徴収官(高殿 円(まどか) 著)6冊 早川書房 2010年
〔カフェの二重帳簿疑惑や銀座クラブの罠に、特別国税徴収官(トッカン)付きの新米徴収官・ぐー子が体当たりで挑む! 爆笑・感涙の税務署エンターテインメント。『ミステリマガジン』連載に書き下ろしを加え単行本化。〕

914*米原万里の「愛の法則」(米原 万里 著)2冊 集英社 2007年
〔女が本流、男はサンプル!?世の中、男女半々で相手はたくさんいるはずなのに、なぜ「この人」でなくてはダメなのか――生物学、遺伝学をふまえ、縦横無尽に分析・考察。表題を含め4本の、著者最初で最後の爆笑講演録集。〕

933*フランダースの犬 改版(ウィーダ 著,村岡 花子 訳)2冊 新潮社 1989年
〔ルーベンスの絵に憧れるフランダースの貧しい少年ネロは、老犬パトラシエを友に一心に絵を描き続けた…。豊かな詩情をたたえた名作。〕

933*オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件(ジャイルズ・ブランドレス著,
  河内(かわち) 恵子 訳)6冊 国書刊行会 2010年
〔ロンドンで発見された美少年の惨殺死体。その死体は胸の上で両腕を交差させ、周囲をキャンドルに囲まれていた。第1発見者の「時代の寵児」オスカー・ワイルドは、コナン・ドイルの協力を得て真相究明に乗り出すが…。〕

953 悲しみよこんにちは(サガン[著],河野 万里子 訳)2冊 新潮社 2009年
〔南仏の海辺の別荘を舞台に繰りひろげられる愛の悲劇を通して、青春特有の残酷さをみごとに捉えた、著者のデビュー作。半世紀を経た新訳。〕

<児童書>
J918*小さな童話 低学年用 平成23年度版(千葉点字図書館 編)1冊[原本不明]2011年
〔「なんでもぴたりあたりやプンダ」、「くまさんじゃなくてきつねさん」など、全11編を
 収録した短編童話集。〕

J918*小さな童話 高学年用 平成23年度版(千葉点字図書館 編)1冊[原本不明]2011年
〔「ふしぎなたいこ」、「ごんぎつね」など、全7編を収録した短篇童話集。〕

J929 くじらの歌(ウーリー・オルレブ 著,母袋 夏生 訳)2冊 岩波書店 2010年
〔9歳のミハエルは、両親から突然「年とったおじいちゃんと暮らしたい」と言われて、アメリカからエルサレムへ引っ越す。むかし骨董屋だったおじいちゃんは、何でも修理できる黄金の腕の持ち主で、そのうえ、一緒に寝る人を自分の夢に連れて行く、不思議な力を持っていた。〕

J933 はみだしインディアンのホントにホントの物語(シャーマン・アレクシー著,
 さくま ゆみこ 訳)4冊 小学館 2010年
〔インディアンとして、保留地で生まれ育った主人公の「オレ」。ある日、オレは、保留地を出て、白人のエリート学校に通うことを決意した。それは一つの冒険であり、大きな発見だった…。〕

J933 ほとばしる夏(ジェイン・レズリー・コンリー著,尾崎 愛子 訳)4冊 福音館書店 2008年
〔ひと夏を、母親と共に渓谷の丸木小屋で過ごすことになったシャーナとコーディーの姉弟。壊れそうな家族のきずなに胸を痛めながらも、豊かな自然に包まれて、魚釣りをしたり、川辺の岩の上で本を読んだりと、日々、川とのかかわりを深めて行く。〕

(テープ図書の部)
<一般書>
597*断捨離のすすめ――モノを捨てればうまくいく(川畑 のぶこ著,やました ひでこ 監修)3巻 同文舘出版 2009年
〔「断捨離」とは、「心の執着を手放す」というヨガの行法哲学をもとに生まれた言葉。モノとの関係を見直し、毎日を快適に過ごす方法を紹介する。デイジーもあります。〕

(CD図書の部)
<一般書>
210*新選組――「最後の武士」の実像 再版(大石 学(まなぶ)著)デイジー(13:27)中央公論新社 2005年
〔近藤勇らが幕末の京都で活躍できた政治的基盤や、近代性・合理性といった組織としての先駆的性格に着目しつつ、各種史料を丹念に検証する新選組全史。〕

289*逆命利君  新装版(佐高 信(まこと) 著)デイジー(7:39)講談社 2010年
〔管理に全身ではむかい、陰湿な日本的企業社会を一刀両断にして逝った男。
 住友商事元常務・鈴木朗夫(あきお)が辿(たど)った反逆人生を描く。〕

289 渋沢栄一 ――雨夜譚/渋沢栄一自叙伝〈抄〉<人間の記録41>(渋沢 栄一 著)デイジー(24:52)日本図書センター 1997年
〔日本の資本主義的基盤を確立させた実業家・渋沢栄一。第一国立銀行、王子製紙、大阪紡績など、五百余りの会社を設立した、その業績をたどる自伝。〕

289 白瀬矗(しらせのぶ)――私の南極探検記 <人間の記録61>(白瀬 矗 著)デイジー(8:23) 日本図書センター 1998年
〔千島探検に次いで南極探検に向かい、1912年日本人初の南極上陸に成功した探検家が綴る探検記。〕

289 幣原(しではら)喜重郎(きじゅうろう)――外交五十年 <人間の記録64>(幣原 喜重郎 著)デイジー(10:53)日本図書センター 1998年
〔5度の外務大臣就任中、幣原外交とよばれる平和外交を展開した著者が、駐米大使時代の思い出や、太平洋戦争前後の内外の政局の知られざる秘話を綴る。〕

289 南原(なんばら)繁(しげる)――ふるさと<人間の記録70>(南原 繁 著)デイジー(6:52)日本図書センター 1998年
〔敗戦直後の東大総長としての学生への演説がひろく知られている著者。満州事変以後の超国家主義と学問的に対決した政治学者としての半生をふりかえる。〕

289 今西錦司――そこに山がある<人間の記録75>(今西 錦司 著)デイジー(6:21) 日本図書センター 1998年
〔霊長類学や進化理論などで優れた業績をあげ、また、登山家・探検家としても知られた著者。自身の半生や、愛する自然などについて綴る。〕

369 盲導犬の父 塩谷(しおや)賢一追悼CD(アイメイト協会同窓会[編])デイジー(10:08) [録音書き下ろし] 2012年 
 〔NHKラジオ番組「盲導犬チャンピー物語」、田辺光宏氏朗読:塩谷賢一著「アイメイト と生きる」などを収録。〕

376 孫の力―― 誰もしたことのない観察の記録(島 泰三 著)デイジー(6:30)中央公論新社 2010年
〔孫と祖父母との繋がりには、社会的・文化的な意味が隠されている。猿の生態を研究してきた著者が、その手法で自らと孫の繋がりを観察した記録。〕

596 コナモンをおいしく作ろう――粉物料理に取り組む粉人(こなびと)を訪ねて
  (すこやか食生活協会[編])デイジー(1:19)[録音書き下ろし]2012年
〔粉物料理の名店や、粉物料理に取り組んでいる粉人を訪ね、「粉もんづくり」のコツを伺う。視覚障害者向けに、たこ焼きやケーキ、パスタなどの粉物料理を紹介。〕

597*断捨離のすすめ――モノを捨てればうまくいく(川畑 のぶこ 著,やました ひでこ 監修)デイジー(3:30)同文舘出版 2009年
〔「断捨離」とは、「心の執着を手放す」というヨガの行法哲学をもとに生まれた言葉。
 モノとの関係を見直し、毎日を快適に過ごす方法を紹介する。テープもあります。〕

779 五代目古今亭志ん生名演大全集 16~30(古今亭 志ん生[演])一般CD
 [ポニーキャニオン] 2005年
 16 まんじゅうこわい・三年目・三味線栗毛(1:17)
 17 千両みかん・佃祭・素人相撲(1:03)
 18 あくび指南・うなぎの幇間・お初徳兵衛(1:01)
 19 お直し・安兵衛狐 (1:02)
 20 淀五郎・因果塚の由来(お若伊之助)(0:53)
 21 品川心中・文違い・居残り佐平次(1:03)
 22 三枚起請・二階ぞめき・駒長(1:05)
 23 付き馬・干物箱・つるつる(1:05)
 24 お血脈・吉原綺談(上・中)(1:05)
 25 吉原綺談(下)・五人廻し・大津絵(冬の夜)(1:00)
 26 唐茄子屋政談(上・下)・へっつい幽霊(1:06)
 27 子別れ(通し)・名工矩随 (1:12)
 28 富久・おせつ徳三郎(刀屋)(1:01)
 29 しじみ売り・道灌・小間物屋小四郎(大岡政談より)(1:05)
 30 早桶屋(付き馬/吉原風景)・おかめ団子(1:02)

<文学書>
913 木戸の悪党防ぎ――大江戸番太郎事件帳 19(喜安(きやす) 幸夫(ゆきお) 著)デイジー(6:35) 広済堂あかつき 2011年
〔木戸番・杢之助の住む左門町に市ヶ谷の老舗割烹のあるじが通う妾宅がある。杢之助はそこに住む女のもとに不審な男が何度か出入りするのに気づく。口入屋の人宿を塒とするその男の身辺を探るうち、杢之助は大店を狙う盗賊の一味ではないかと疑念を抱く。〕

913*新真田十勇士3~4――異戦国志外伝(仲路 さとる 著)デイジー 3(6:16)・4(6:20) 学習研究社 1999年
〔豊臣家再興の夢は遙か遠い真田大助たちを、服部半三の放った刺客たちが襲い、寝吉が重傷を負ってしまう。その傷が癒え、再び旅を始めた一行の元に、尼子一族の隠し財宝の情報が入る。軍資金にすべく山陽へと向かうが、そんな中、伝説の剣客・武蔵も見参する!〕

913*エトロフの教室(高田 彌彦 著)デイジー(10:31)文芸社 2010年
〔ソ連軍進駐下のエトロフ島で教鞭をふった日本人教師の知られざるドラマ。終戦から復員までの3年3か月を、事実をもとに描いた物語。「エトロフ島の俄教師の手記」(2003年刊)の改題修正。〕

913*栄光の岩壁 上・下(新田 次郎 著)デイジー 上(11:32)・下(11:12)新潮社 1977年~1978年
〔戦前に幼少時を過した竹井岳彦は18歳のとき八ヶ岳で遭難し、凍傷によって両足先の大半を失う。戦後の荒廃した雰囲気の中で、青春を賭けるものは山しかないと考えた岳彦は、鴨居からロープを吊して、まず歩行訓練をはじめる。〕

914*二度寝で番茶(木皿(きざら) 泉 著)デイジー(6:12)双葉社 2010年
〔観る者の胸に深く訴えかける作品を生みだし続けている、男女2人組の脚本家・木皿泉。夫婦で共同執筆している彼らが、家族、愛、自由、幸せ、創作などを語り合う。〕

916  万病息災――老いても病んでも「元気」でいるコツ(吉武 輝子 著)デイジー(4:34) 講談社 2011年
〔膠原病、肺切除、大腸ガン、片目失明…。「病気のデパートのオーナー」をもって任じる著者が、高齢期の現実と生きる知恵を綴る。生きる元気がふつふつとみなぎってくる一冊。〕

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1206.txt)図書館だより1206.txt[ ]16 kB