(以下、本文)
1.ご案内
■「クローバー就職フォーラム」のご案内
 障がい者のための合同就職説明会「クローバー就職フォーラム」が開催されます。
障がい者雇用に特に積極的な企業が、多数出展する予定です。参加費は無料ですが、
事前に予約が必要となります。詳細は次のとおりです。

<東京会場>
日時:2013年5月11日(土)13:00~17:00(受付開始12:15~)
会場:東京都立産業貿易センター 浜松町館3階
・JR「浜松町」駅(北口)より400m
・ゆりかもめ「竹芝」駅(西口)より160m
・都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」駅(B2出口)より640m

事前予約制:次の方法からご予約ください。
1.クローバーナビ(PCより):http://www.clover-navi.com/
2.クローバーナビモバイル(携帯電話より):http://www.clover-navi.com/mb/
3.TEL:0120-309-968 平日9時~18時
4.FAX:03-5537-3315(クローバー事務局宛)
※お名前(フリガナ)・ご住所・連絡先・日程と希望会場を必ずご記入ください。
その他:新卒・第二新卒・中途を問わずどなたでも参加OK
 入退場自由/就職相談コーナー/手話通訳・要約筆記者常時待機


コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ ヘレンケラー・フェスティバル&ジャズ発祥の地、ニューオリンズ」と「五感で楽しむ、地球最後の秘境 仮面の国・パプアニューギニア」、「五感で楽しむ、船旅 東北夏祭りクルーズ」いうツアーです。

①「五感で楽しむ ヘレンケラー・フェスティバル&ジャズ発祥の地、ニューオリンズ」
期間:2013年6月28日(金)から7月4日(木)までの7日間
募集定員:10名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
費用:
 323,000円(お一人様料金)
旅行申込締切日:2013年5月22日(水)

②「五感で楽しむ、地球最後の秘境 仮面の国・パプアニューギニア」
期間:2013年7月13日(土)から7月20日(土)までの8日間
募集定員:10名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
費用:
 419,000円(2名様1室利用のお一人様料金)
旅行申込締切日:2013年6月12日(水)

③「五感で楽しむ、船旅 東北夏祭りクルーズ」
期間:2013年8月2日(金)から8月7日(水)までの6日間
募集定員:20名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
費用:
 200,000円(3名様1室利用のお一人様料金)
 249,000円(2名様1室利用のお一人様料金)
 324,000円(1名様1室利用のお一人様料金)
 *船室は、コンフォートステートを利用
旅行申込締切日:2013年7月12日(金)
問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部
 電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 ホームページ: http://www.teamcom.co.jp/
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)


ビッグ・アイ「アートプロジェクト」入選作品展「共振×響心 2012」のご案内
 ビッグ・アイ「アートプロジェクト」は、アートを通じて、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を促進し、感動やよろこびを共にするプロジェクトです。
 今回の展示会では、国内外より応募のあった520作品の中から、アート界で活躍する審査員により厳選された50作品を紹介しています。また、視覚に障害のある人への鑑賞サポートとして、音声ガイド(DAISY)を用意しています。 入場料は無料です。詳細は次のとおりです。

<東京会場>*東京会場では、会期中にⅠ期・Ⅱ期の展示替えがあります。
●Ⅰ期:2013年5月2日(木)~5月7日(火)
●Ⅱ期:2013年5月8日(水)~5月12日(日)
●時間:10:00~19:30(5月6日・12日 12:30まで/5月7日 17:00まで)
会場:Bunkamura Box Gallery
 (〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL:03-3477-9174)
アクセス:
・東急東横線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩7分
・東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 3a出口より徒歩5分

<横浜会場>*横浜会場では、全作品を展示しています。
会期:2013年5月16日(木)~5月20日(月)
時間:10:00~18:00(5月19日・5月20日 17:00まで)
会場:横浜ラポール(障害者スポーツ文化センター)
(〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1752 TEL:045-475-2001)
アクセス:
・JR横浜線「新横浜」駅北口・地下鉄「新横浜」駅8番出口から徒歩約10分
 *新横浜駅前(北口)からリフト付き送迎バス(障がい者優先)を運行(無料)
お問い合わせ先:ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1 TEL:072-290-0962 FAX:072-290-0972
 Eメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 ホームページ:http://www.big-i.jp/


■「タムタムアート工房」のご案内
 一般社団法人 多夢(タム)多夢(タム)が主催する「タムタムアート工房」のご案内です。対象は、障害をもつ小学生から大人の方まで、障害特性に応じて、作品の素材や作り方を学びます。詳細は次のとおりです。

開催日:毎月第1土曜日、第3土曜日
時間:午前10時~12時
●講師:喜屋武(きやたけ) 貞男(さだお)(彫刻家・美術教師として20年間指導)
内容:絵画(水彩や油絵、立体画など)
 造形(粘土やプラスチック、柔軟素材等で彫刻やモニュメント作り)
 *障害特性に応じて、素材や作り方を学びます。
受講料:月額3,000円
対象:障害をもつ小学生から大人の方まで(体験 1回1,000円 要予約)
申し込み、お問い合わせ先: 多夢多夢 事務局(ポコアポコ内)TEL:04-7136-0505(FAX同) 一般社団法人 多夢多夢 (〒277-0827 柏市松葉町6-8-1)


■「第11回 オンキョー世界点字作文コンクール」作品募集のご案内
 オンキョー株式会社と公益財団法人「日本教育科学研究所」、毎日新聞社点字毎日が主催する「第11回 オンキョー世界点字作文コンクール」の作品を募集しています。
詳細は次のとおりです。
テーマ:点字を通して「生き方が変わった」「生きがいにつながった」
 「日々の生活の中での幅広い体験やエピソード」「平和、教育への思い」
応募資格:点字使用対象(身障者手帳1、2級)の視覚障害者
  パソコンによる活字での応募も可
  過去の応募者の再応募は可能です。(最優秀と優秀受賞者は入選の対象外)
分量:点字32マス120行以内、活字2000字以内
 パソコン使用の場合は 点字=BES・BASE 活字=印刷原稿とテキストかワードのデータをFDかCD-ROMで添付のこと
締め切り:5月末日(消印有効)
発表:10月下旬 毎日新聞、点字毎日、同活字版、オンキョーHP上
応募について:応募には所定の応募票が必要です。募集要項(点字あり)は下記までお申し込みください。
 〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞社点字毎日 点字作文コンクール係
 電話:06-6346-8386 FAX:06-6346-8385 E-Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


2.支援センターからのお知らせ
■用具部からのお知らせ
 仕入価格値上げのため、一部の商品の価格を5月より値上げさせていただきます。対象商品は以下のとおりです。タックテープ12mm幅490円を新価格530円、タックテープ9mm幅400円を新価格410円、となります。また、試験的に販売しておりました、白(はく)杖(じょう)のアドバンテージ折りたたみパームチップですが、こちらは新商品として新価格表から掲載し、価格も現在の7,720円から新価格7,200円になります。販売は、5月からは新価格にて取り扱います。なお、新価格表につきましては、現在作成中です。配布できるようになりましたら、改めてお知らせいたします。もうしばらくお待ちください。


iPadを活用したIT講習会実施のお知らせ
 視障センターちばのITサポートでは、今年度5月よりiPadを活用したIT講習会を行います。iPadでは、メールを読み書きする、ニュースを閲覧する、ラジオを聴く、部屋の明るさを識別する、色を識別する、写真を撮影してそれが何かを確認する、ツイッターやスカイプをするといったことが可能です。
 らくらくフォンからiPhoneに乗り換えを検討されている方、タッチ操作が我々視覚障害者にどれぐらい使えるか知りたい方、iPadやiPhoneを購入し使い方に慣れていない方、どうぞお問い合わせください。
 視障センターちばでは現在iPadとiPad Miniをご用意しております。なお、台数にかぎりがありますので、しばらくの間は受講を一回お一人までとさせていただきます。皆様の受講をお待ちしております。

お問い合わせ 043-424-2546(担当 御園)


■「点字毎日(新聞)」リサイクル回収しています。
 視覚障害者総合支援センターちば6階の就労継続支援B型「ワークショップ四街道」では、点字用紙をリサイクルして自主製作品、封筒や大・中・小の袋を作っています。
 読み終えた「点字毎日」がご家庭にありましたら、ご持参下されば幸いです。

お問い合わせ先:ワークショップ四街道(TEL:043-424-2598)
 〒284-0005 四街道市四街道1-9-3 視覚障害者総合支援センターちば6F


平成25年度「NHK放送番組時刻表」について
 日本放送協会より、平成25年度「NHK放送番組時刻表」の点字版(総合・Eテレ/ラジオ第1・第2・FM/BS1・BSプレミアム)と、デイジー版(1枚)が寄贈されました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。また、4月下旬からNHKのHP(読み上げ版)でも、自由にダウンロードできます。電話による放送時刻案内も開設されております。詳細は次のとおりです。
NHKのHP(読み上げ版)について *4月下旬よりダウンロード可
   URL: http://www.nhk.or.jp/pr/daisy/

電話による放送時刻案内について
 ・電話番号(ハローダイヤル):050-5541-8600 (全国共通)
 ・受付時間:午前8時~午後10時(年中無休)
※通話料は、利用者の負担となります。


点字雑誌のご案内
次の点字雑誌が蔵書になりました。貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・ エスケービー発行『2013年度プロ野球選手名鑑』(プロ野球を面白くする会 編)全5冊
〔各球団の監督、コーチ、投手、捕手、内野手、外野手の全ての横顔を、データと共に紹介。〕

次の点字雑誌は定期的に貸出ができますので、どうぞご利用ください。
・東京点字出版所 発行 『点字の友』(月刊) 点字1冊
〔主にあはき関係の記事を収録した、月刊点字雑誌。〕


小笹会・新入録音図書のご案内
 小笹会製作の新入録音図書の貸出ができますので、どうぞご利用ください。
『中国台頭(たいとう)の終焉(しゅうえん)』(津上(つがみ) 俊(とし)哉(や) 著)デイジー(8:10)
〔GDPで中国が世界ナンバーワンになる日はやってこない。いまのままでは遠からず成長が失速し、深刻な停滞を迎えることになる…。中国の経済・ビジネス事情に通暁した著者が、経済大国・中国の真実を説き明かす。〕


寄贈資料のご案内
●次の資料は貸出ができますので、どうぞご利用ください。
 ご希望の方は貸出係(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
・ 内閣府政府広報室 発行 『ふれあいらしんばん(Vol.30)』点字1冊
・ 内閣府政府広報室 発行 『活字広報 ふれあい(Vol.2)』拡大文字1冊(SPコード付き)
・ 内閣府政府広報室 発行 『明日(あす)への声(Vol.30)』一般CD1枚
・ 日本盲人会連合 発行 『厚生(第236号)』点字1冊
・ 全国盲導犬施設連合会 発行 『盲導犬情報(第10号)』点字1冊
・ 国際障害者交流センター ビッグ・アイ 発行 『i(アイ)-co(コ)(Vol.10)』点字1冊
・ 全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第228号)』点字1冊
・ 天理教点字文庫 発行 『ひかり(第659号)』点字1冊
・ 地域活動支援センター ポコアポコ 発行 『ポコアポコ通信(第17号)』デイジー1枚

次の資料はご希望の方に差し上げます。ただし、部数に限りがあるため先着順となります。
・ 桜雲会点字出版部 発行 『視覚障害者と健常者が共に楽しめるスポーツ』点字1冊
・ アイメイト協会 発行 
 『EYEMATE(アイメイト)――視界を拓くパイオニア(アイメイト55周年記念誌)』墨字1冊
・ 弱視者問題研究会 発行 『弱問研つうしん(No.405)』拡大文字1冊


3.新入図書の紹介
[分類番号(NDC)、書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
188 仏説阿弥陀(あみだ)経(きょう)――書き下(くだ)し文・現代語訳版(浄土真宗本願寺派 社会部社会事業担当[編])1冊 [本願寺出版社] 2013年
〔「仏説阿弥陀経(書き下し文・現代語訳)解説」、「仏説阿弥陀経(書き下し文)」、「仏説阿弥陀経(現代語訳)」を収録。〕


304*本多勝一(かついち)の日本論――ロシア、アメリカとの関係を問う(本多 勝一 著)2冊 新日本出版社 2012年
〔大国の侵略と支配に屈した日本でいいか! ジャーナリスト本多勝一が、ロシアの日本領土侵略、アメリカの日本支配、マスコミの堕落とジャーナリズムについて論じる。〕


367*ありがとう(水谷(みずたに) 修 著)2冊 日本評論社 2011年
〔不登校、セクハラ被害、引きこもり、万引き、援助交際、家庭内暴力…。明日への希望を見失い、過去と今に苦しんでいた10人の「生徒」たちが、自らの手で笑顔を取り戻した記録。〕


369 盲ろう者コミュニケーション訓練促進事業報告書 平成24年度(全国盲ろう者協会[編])2冊 全国盲ろう者協会 2013年
〔盲ろう者向けパソコン指導者の拡充を図るとともに、盲ろう者へのコミュニケーション訓練個別訪問指導の実施、およびパソコン等情報機器の活用によって、盲ろう者のコミュニケーション能力を向上させ、社会参加の促進を図ることを目的とした、本事業の報告書。テキストデータ版・Word版・PDF版もあります。〕


779*死にたくなったら、これを読め!(島田 洋七 著)2冊 潮出版社 2012年
〔人は泣くために、生まれてきたわけじゃない。人は誰かと繋がって、誰かを笑顔にして、誰かの手を取って希望を見つけて、笑うために生まれたんや――。波瀾万丈の人生を歩んできた著者が、逆境の乗り越え方を説く。〕


780 視覚障害者と健常者が共に楽しめるスポーツ(桜雲会[編])1冊 桜雲会点字出版部 2013年
〔「グランドソフトボール」、「ゴールボール」、「サウンド・テーブル・テニス」など、視覚に障害があってもできるスポーツ(13種目)を解説。〕


<文学書>
913*琵琶湖周航殺人歌(内田 康夫 著)3冊  講談社 1992年
〔琵琶湖畔、ひとり旅を楽しむ史(ふみ)絵(え)のまどろみは、唸るような男の歌声で破られた。翌日、そのメロディを遊覧船できいた頃、「琵琶湖の水を守る会」のリーダーが密室で死亡。自殺か他殺か、友人の窮地を救うため、浅見光彦が奔走する。やがて究明される湖水をめぐる陰謀とは?〕


913*号泣する準備はできていた(江國 香織 著)2冊 新潮社 2003年
〔体も心も満ち足りていた激しい恋に突然訪れた破局。詩のように美しく、光を帯びた文章が描く、繊細で透明な12の物語。〕


913*岳(がく)物語(椎名 誠 著)3冊 集英社 1989年
〔おとうなんてエラくない!椎名家の長男・岳(がく)は、親をもバカにするナマイキざかりの小学生。プロレスと釣りが大好き、ケンカも1番。そんな息子の成長を描いた愛情物語。〕


914*ももこの話 (さくら ももこ 著)2冊 集英社 2006年
〔テーマは読者期待、作者得意のこども時代。山本リンダの熱狂ライブ、バレンタインの思い出など、大爆笑の桜前線またまた到来。〕


914*そうか、もう君はいないのか(城山 三郎 著)2冊 新潮社 2008年
〔癌とわかった妻。私は言葉が出なかった。かわりに両腕をひろげ、その中へ飛びこんできた容子を抱きしめた。「大丈夫だ、大丈夫。おれがついてる」夫婦の絆を綴る、愛惜の回想記。「遺稿」の単行本化。〕


914*老いること暮らすこと(平岩 弓枝 著)2冊 講談社 2006年
〔老人介護、孫のお守り、主婦業に、もの書き仕事…よくもここまで生き延びて来たものだと感謝したい。老いというのは七面倒なものだと思いながら、少しずつ老いを甘受するのが、我々の年齢の頃なのだろうか。今回つくづく自分が老年になっているという事実を認識した。〕


<児童書>
J918*小さな童話 低学年用 平成24年度版(千葉点字図書館[編])1冊 [原本不明]2012年
〔「スイッチョねこ」「ぬまをわたるカワセミ」「じゃんけんねこ」など、9編を収録した、
 短編童話集。〕


J918*小さな童話 高学年用 平成24年度版(千葉点字図書館 [編])1冊 [原本不明] 2012年
〔「ひろしのしょうばい」「みそかいばし――日本の民話」など6編を収録した、短篇童話集。〕


J923 西遊記10 迷の巻(斉藤 洋(ひろし) 文,呉(ご) 承(しょう)恩(おん) 原作)2冊 理論社 2012年
〔孫悟空は以前、人をあやめたことを理由に、三蔵法師に破門されたことがある。その悟空が、盗賊団につかまった三蔵法師を救い、勢い余って首領たちを殺してしまう。またしてもあやまちを繰り返してしまった悟空は、再び破門されるのか?〕


J949 海の深み――ステフィとネッリの物語3(アニカ・トール著,菱木(ひしき) 晃子(あきらこ) 訳)4冊 新宿書房 2009年
〔ウィーンのユダヤ人姉妹ステフィとネッリがスウェーデンへ来て4年目の春。母国の両親はチェコスロバキアのテレジン収容所へ送られ、連絡も途絶えがちになる。〕


J949 大海の光――ステフィとネッリの物語4(アニカ・トール著,菱木(ひしき) 晃子(あきらこ) 訳)4冊 新宿書房 2009年
〔ようやく第二次世界大戦が終結し、イェーテボリの人々は平和の訪れを心から喜んでいた。だが、ステフィとネッリには、もはや帰る家はなく、父親の安否も知れない。シリーズ完結編。〕


(テープ図書の部)
<一般書>
369*希望――僕が被災地で考えたこと(乙武 洋匡(ひろただ) 著)4巻 講談社 2011年
〔障害者の僕に、何ができるのか? しかし、立ち止まっていても、だれかの役に立つことはできない。だから僕は、被災地に向かった――。石巻での特別授業、仙台での始球式…。東日本大震災での「乙武洋匡らしい」支援を綴る。デイジーもあります。〕


369 厚生労働白書 平成24年版――社会保障を考える(厚生労働省 編)6巻 日経印刷 2012年
〔日本の社会保障の目的や機能、日本の社会と社会保障の現状、これからの課題等についてわかりやすく説明。さらに、東日本大震災からの復興に関する厚生労働省の取組みなど、現下の政策課題への対応も紹介する。デイジーもあります。〕


(CD図書の部)
<一般書>
143*男女両性具有 1――性意識の新しい理論を求めて(ジューン・シンガー 著,藤瀬 恭子 訳)デイジー(13:50)人文書院 1981年

143*男女両性具有 2――性意識の新しい理論を求めて(ジューン・シンガー著,藤瀬 恭子 訳)デイジー(8:32)人文書院 1982年
〔個人の内面にある女性性と男性性は宇宙の全体性とどう関わるのか。様々な神話や文献に当たって、この主題を展開する。ユング派による女性論・人間論。〕


210*葛城(かづらき)と古代国家――河内王朝論批判(門脇 禎二(ていじ) 著)デイジー(8:19)教育社 1984年
〔葛城の地に視点を据え、諸史料の綿密な検討と、考古学、地理学を合わせた長年の実地調査によって、「大和(地域)国家」の内実に迫る。〕


369 厚生労働白書 平成24年版――社会保障を考える(厚生労働省 編)デイジー(8:24)日経印刷 2012年
〔日本の社会保障の目的や機能、日本の社会と社会保障の現状、これからの課題等についてわかりやすく説明。さらに、東日本大震災からの復興に関する厚生労働省の取組みなど、現下の政策課題への対応も紹介する。テープもあります。〕


369*手話で生きたい―デフアート絵本(乗富(のりとみ) 秀人(ひでと) 著)デイジー(0:55)生活書院 2008年
〔「わたしは生まれ変わっても、ろう者でありたい。そして手話で話したい」 デフアートに取り組むろう者の画家が、手話を奪われてきた哀しみと、それを乗り越えて手話で生きる喜びを、デフアート作品とともに綴る。点字もあります。〕


392 中国人民解放軍の内幕(富坂(とみさか) 聰(さとし) 著)デイジー(5:57)文芸春秋 2012年
〔統帥権を握るのは誰か? 日本に照準を合わせたミサイル基地はどこにあるのか? 周辺諸国との領土紛争を抱える中で、秘密のベールに包まれた中国人民解放軍の軍事力の正体を明らかにする。〕


<文学書>
913 殺人予告( 安東(あんどう) 能(よし)明(あき) 著)デイジー(8:03)朝日新聞出版 2010年
〔予告の電話は悪戯か、本物か。社会部記者・岩田が駆ける!起死回生の特ダネを狙う社会部記者・岩田のもとに、かつて取材した服役囚から電話がかかってくる。〕


913 12(トゥウェルブ)オクロック・ハイ――警視庁捜査一課特殊班(安東 能明 著) デイジー(10:19) 中央公論新社 2012年
〔高層マンション建設現場のタワークレーンで立てこもり事件が発生。運転手の女性は緊縛され、空中に吊された箱には人質が。警視庁捜査一課特殊班の川田らは現場に急行するが…。凶悪な敵に、SIT(シット)が立ち向かう!〕


913  ポセイドンの涙(安東 能明 著)デイジー(11:14)幻冬舎 2005年
〔新進ファッションデザイナー・三上は、少年の頃、ある人間を殺して青函トンネルの内壁に塗り込めて隠した。それから25年、パリの第一線で活躍する彼のもとに、脅迫状が送りつけられる。〕


913*鳥類学者のファンタジア(奥泉 光(ひかる) 著)デイジー(25:05)集英社 2001年
〔ジャズ・ピアニストの希梨子は、幻の音階「オルフェウス」に導かれるようにベルリンへとワープする。芥川賞作家による、時空を越えたミステリー。〕


913*祖父・小金井良(よし)精(きよ)の記(星 新一 著)デイジー(25:52)河出(かわで)書房新社 1974年
〔かぎりない愛情をこめていきいきと描く祖父・人類学者・小金井良精とその時代。そして著者自身の魂の故郷――105の短章で構成された会心の長篇小説。〕


913 シティ・マラソンズ(三浦 しをん,あさの あつこ ほか著)デイジー(4:32)
 文芸春秋 2010年
〔彼らは、ふたたびスタートラインに立った…。NY、東京、パリ。アスリートのその後を描く、3つの都市を走る物語。アシックスのWEBサイト及びモバイルサイトに掲載の小説をまとめる。〕


914*首輪をはずすとき(丸山 健二 著)デイジー(3:45) 駿河台出版社 2011年
〔社会が強いる枷をはずし、事大主義のせいで自分から求めた首輪をはずさなければ、悲劇は依然として連続性を具えたままだろう…。東日本大震災と東電福島第1原発事故、そして日本の未来について、熱く語り下す。〕

 

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1305.txt)図書館だより1305.txt[ ]20 kB