(以下、本文)
1.ご案内
■「クローバー就職フォーラム」のご案内
 障がい者のための合同就職説明会「クローバー就職フォーラム」が開催されます。
障がい者雇用に特に積極的な企業が、多数出展する予定です。参加費は無料ですが、事前に予約が必要となります。
詳細は次のとおりです。

<東京会場>
日時:2013年9月8日(日)13:00~17:00(受付開始12:15~)
会場:東京都立産業貿易センター 浜松町館5階
・JR「浜松町」駅(北口)より400m
・ゆりかもめ「竹芝」駅(西口)より160m
・都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」駅(B2出口)より640m

事前予約制:次の方法からご予約ください。
1.クローバーナビ(PCより):http://www.clover-navi.com/
2.クローバーナビモバイル(携帯電話より):http://www.clover-navi.com/mb/
3.TEL:0120-309-968 平日9時~18時
4.FAX:03-5537-3315(クローバー事務局宛)
※お名前(フリガナ)・ご住所・連絡先・日程と希望会場を必ずご記入ください。
その他:新卒・第二新卒・中途を問わずどなたでも参加OK
 入退場自由/就職相談コーナー/手話通訳・要約筆記者常時待機


コムツアー参加者募集のご案内
 株式会社ティーム コムでは、視覚障害者向けの旅行の参加者を募集しています。
今回は「五感で楽しむ四国周遊」というツアーです。

期間:2013年11月4日(月)から11月7日(木)までの4日間
募集定員:25名(手配可能定員になり次第、締め切ります)
費用:
 134,800円(2名様1室利用のお一人様料金)
 132,800円(3名様1室利用のお一人様料金)
 129,800円(4名様1室利用のお一人様料金)
  
旅行申込締切日:2013年10月17日(木)
問い合わせ・申し込み先:株式会社ティーム コム(コムツアー)担当:阿部・岸
  電話:03-5775-5212 FAX:03-5411-3033 メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 ホームページ: http://www.teamcom.co.jp/
 *営業時間:平日 10:00~18:00(土・日・祝祭日休み)


2.支援センターからのお知らせ
■「第40回 国際福祉機器展 H.C.R. 2013」のご案内
 アジア最大の総合福祉機器展 16カ国、1地域より580社・団体が出展します。
期日:平成25年9月18日(水)~20日(金)各日 午前10時~午後5時
会場:東京ビッグサイト 東展示ホール 東京都江東区有明3-11-1
問い合わせ先:H.C.R.事務局 電話 03-3580-3052 http://www.hcr.or.jp


センター秋の講演会のお知らせ
 今年の秋の講演会は、日本(にっぽん)点字図書館理事長の田中徹(てつ)二(じ)氏をお招きし、11月8日(金)午後に開催します。詳細は次号でお知らせします。ぜひ、お出かけ下さい。


寄贈資料のご案内
●次の資料は貸出ができますので、どうぞご利用ください。
 ご希望の方は貸出係(TEL:043-424-2588)までお申し込みください。
・ 国立国会図書館関西館 図書館協力課 発行
  『国立国会図書館製作 録音図書目録2012』点字1冊・墨字1冊
・ 内閣府政府広報室 発行 『ふれあいらしんばん(Vol.32)』点字1冊
・ 内閣府政府広報室 発行 『明日への声(Vol.32)』一般CD1枚
・ 内閣府政府広報室 発行 『活字広報 ふれあい(Vol.3)』拡大文字1冊(SPコード付き)
・ 日本盲人会連合 発行 『厚生(第238号)』点字1冊
・ 全日本鍼灸マッサージ師会 発行 『東洋療法(第232号)』点字1冊
・ 地域活動支援センター ポコアポコ発行 『ポコアポコ通信(第19号)』デイジー1枚


3.新入図書の紹介
[分類番号(NDC)、書名、著者名、冊数、原本出版者、出版年、解説の順に読みあげます。]
 (点字図書の部)
<一般書>
320 動産及び債権の譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律 遺失物法 1冊 総務省法令データ提供システム 2012年
〔平成19年3月31日改正の「動産及び債権の譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律」と、平成24年9月5日改正の「遺失物法」を収録。〕


326*死刑と正義(森 炎(ほのお) 著)3冊 講談社 2012年
〔何が死刑と無期懲役を分けるのか? 裁判員制度で激変した死刑基準と社会の価値とは?元裁判官が秋葉原通り魔事件、光市母子殺害事件などを手掛かりに、裁判員時代の「罪と罰」をとらえなおす。〕


334 子ども・子育て白書(概要版)平成24年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)[編])3冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2012年
〔「子ども・子育て新システム」の概要、出生率等の現状について説明するとともに、平成23年度に講じた子ども・子育て支援策の概要をまとめる。〕


368 自殺対策白書(概要版)平成24年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)[編])1冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2012年
〔我が国での自殺の現状、自殺対策の基本的な枠組みと動向等を説明するとともに、平成23年度に政府が講じた自殺対策の実施状況の概要をまとめる。〕


369 高齢社会白書(概要版)平成24年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)[編])2冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2012年
〔我が国の高齢化の状況等を分析するとともに、平成23年度に政府が講じた高齢社会対策の実施状況及び平成24年度に講じようとする対策の概要をまとめる。〕


380*民俗学への招待(宮田 登 著)3冊 筑摩書房 1996年
〔なぜ私たちは正月に門松をたて雑煮を食べ、晴れ着を着るのだろうか。ひな祭りやクリスマスなどの年中行事。富士講などの民間信仰。震災とユートピア…。民俗学のまなざしから見えてくるものはいったい何か。世相の根っこから掘り起こされた日本人の文化の深層を探る、現代人のための民俗学入門。〕


498 食育白書(概要版)平成24年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)[編])1冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2012年
〔国民の食に関する意識、「食を共にすること」に関する現状と取組事例等を紹介するとともに、平成23年度に講じた食育推進施策の概要をまとめる。〕


681 交通安全白書(概要版)平成24年版(内閣府政策統括官(共生社会政策担当)[編]) 1冊 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)2012年
〔陸上、海上及び航空の分野ごとに、平成23年度の交通事故の状況及び交通安全施策の実施状況、平成24年度の交通安全施策の計画の概要をまとめる。〕


<文学書>
911.5*わたくしたちの成就(茨木 のり子 詩)1冊 童話屋 2013年
〔「あなたのかたわらで眠ること ふたたび目覚めない眠りを眠ること それがわたくしたちの成就です(「急がなくては」より)」――亡き最愛の夫に向けて生前に書きつづった、混じり気なしの愛の詩集。〕


913*カデナ(池沢 夏樹 著)7冊 新潮社 2009年
〔ベトナム戦争末期、沖縄カデナ基地の中と外を結んで、巨大な米軍への抵抗を試みた、小さな「スパイ組織」があった…。著者の10年に及ぶ沖縄での経験と思索のすべてを注いだ長篇。『新潮』連載を書籍化。〕


913*合併人事――二十九歳の憂鬱(江上(えがみ) 剛(ごう) 著)5冊 幻冬舎 2008年
〔合併してできたミズナミ銀行に勤める日未子は30歳を前に揺れていた。仕事も恋も中途半端。一方、行内では男たちが権力闘争を繰り広げていた。組織の闇を描く、超リアル企業小説。〕


913 あのとき始まったことのすべて(中村 航 著)4冊 角川書店 2010年
〔社会人3年目に、中学の同級生と10年ぶりに再会した。それが、僕らのせつない恋の始まりだった…。「100回泣くこと」の著者が贈るラブ・ストーリー。『野性時代』連載を単行本化。〕


913*ベイジン  上・下(真山 仁(じん) 著)上5冊・下4冊 東洋経済新報社 2008年
〔2008年8月8日午後8時、北京オリンピックの開会式と世界最大の原発が同時にスタートする。それは終末のはじまりなのか?五輪、原発、そして中国をテーマに、絶望と諦観を希望に変える闘いを描いた問題作。〕


913*往復書簡( 湊 かなえ 著)4冊 幻冬舎 2012年
〔高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子6人に会いに行く。6人と先生は20年前の不幸な事故で繋がっていた…。過去の「事件」の真相が手紙のやりとりで明かされる、書簡形式の連作ミステリ。〕


930 英文学の地下水脈(小森 健太朗 著)4冊 東京創元社 2009年
〔エラリー・クイーンなど英米古典ミステリの作家・作品についての論考と黒岩涙香翻案作品の原典探究を収録した評論集。第63回日本推理作家協会賞受賞。〕


(テープ図書の部)
<文学書>
913*五月雨(さみだれ)ごろし――若さま侍捕物手帖(城 昌幸 著)5巻 春陽堂書店 1951年
〔「五月雨ごろし」、「花見茶番」、「ふたつ姿」など、全6編を収録した短編時代小説。デイジーもあります。〕


913*人形佐七捕物帳全集3(横溝 正史(せいし) 著)10巻 春陽堂書店 1973年
〔「恩愛の凧」、「ふたり市子」、「神隠しにあった女」など、全12編を収録した短編時代小説。デイジーもあります。〕


(CD図書の部)
<一般書>
140 新・心理学入門(宮城(みやぎ) 音(おと)弥(や) 著)デイジー(7:51)岩波書店 1981年
〔個別領域の最新の研究成果を総合し、複雑な人間性を、行動、発達、社会化、性格の各側面からとらえ直して、社会的存在としての人間を解明する。〕


140 人間の心を探究する――私と心理学(宮城 音弥 著)デイジー(8:19)岩波書店 1977年
〔著者が心理学を一生の仕事として選んだ道を振り返りつつ、心理学の方法、アメリカとフランスの心理学的伝統のちがい、日本の心理学の特徴を語る。〕


141*心がスーっと晴れ渡る「感覚の心理学」(名越(なこし) 康文 著)デイジー(4:29) 角川マガジンズ 2012年
〔心は自分でコントロールするものであり、さわやかさは自前でつくり出すことができる。身体の中から湧き起こるさわやかな感覚、心が洗われていくような「内発感覚」をインプットすることで、心の軽さがキープできることを伝える。〕


210*「歴史」を動かす――東アジアのなかの日本史(小島 毅(つよし) 著)デイジー(8:06) 亜紀書房 2011年
〔歴史上の人物のイメージは勝者の視点を引きずって今日に至り、歴史上の事柄は、ある時代の見方や考え方の影響を受けて常に更新されつづける。日本史の枠を東アジアに広げ、歴史の見方そのものについて考察する。〕


290 世界の市場(松岡 絵里 著,吉田 友和 写真)デイジー(8:12)国書刊行会 2010年
〔パリのマルシェから、ニューヨークの農業市、はたまた南米の魔女市場まで。旅して食べて買って歩いた、世界約100の市場を徹底ガイド。〕


291*忘れかけの街・仙台――昭和40年頃、そして今(河北新報出版センター 編集)デイジー(6:14)河北新報出版センター 2005年
〔昭和40年~41年『河北新報』夕刊連載「わが町昔語り」の写真を元に、東一番丁、青葉通など仙台の市街地から生出、今市など郊外まで105の街や、街路の昭和40年ごろと最近の写真を比較掲載。その街の歴史も紹介する。〕


312*橋下(はしもと)徹(とおる)はなぜ大阪で独裁政治ができるのか?(西川 のりお 著)デイジー(9:07)ヨシモトブックス 2012年
〔消費税、原発、総選挙…。芸人・西川のりおが庶民視点の正論で、11人の政治家と語り合い、彼らの正体に迫る!松沢成文・前神奈川県知事との特別対談も収録する。〕


337 価格戦争は暴走する(エレン・ラペル・シェル 著,楡井(にれい) 浩一(こういち) 訳)デイジー(15:00)筑摩書房 2010年
〔100円ショップ、格安ブランド、量販店、ファストフード。なぜそれほどの値下げが可能なのか。安売りチェーン発祥のアメリカで、価格戦略がいかなる進化を遂げてきたかをたどり、「価格の真実」とその驚くべき罠を暴き出す。〕


367*子ども時代を失った子どもたち――何が起こっているか(マリー・ウィン 著,平賀 悦子 訳)デイジー(9:58)サイマル出版会 1984年
〔アメリカの女性ジャーナリストが、数百人の子ども、親、教師に精力的にインタビューし、子どもたちの世界に「いま何が起こっているか」を追跡、人生の初めに経験する無邪気に過ごす子ども時代の意義を、考えなおしてみる。〕


778*葛飾発アメリカ行き――映画はわが青春のチアー・リーダー(応援団)(落合 信彦 著)デイジー(6:00) 集英社 1991年
〔――映画は私に勇気を与え、未来への希望を抱かせてくれた。男の生きざま、死にざま、さまざまな愛のかたち、人生の感動などを強烈なインパクトをもって教えてくれたのは映画だった。著者が映画を通して綴る青春記。〕


<文学書>
910 新・日本文壇史 第5巻――昭和モダンと転向(川西 政明 著)デイジー(13:51) 岩波書店 2011年
〔伊藤整を彩る愛と性、最後の文士といわれる高見順の修羅の人生、川端康成と「雪国」のモデル、井伏鱒二の知られざる恋などを活写して、大正デモクラシーを継承した昭和初年の文壇の実相に迫る。〕


913*織田武神(ぶしん)伝1――天下繚乱篇(桐野 作人(さくじん) 著)デイジー(6:26)ベストセラーズ 1995年
〔天正10年(1582)6月2日、本能寺は火に包まれた。明智光秀の大軍に囲まれて、織田信長は落命した。このとき、妙覚寺に宿泊していた嫡子・信忠はどうしようとしていたのか。ドラマはそこから静かに幕を開ける。〕


913 明智光秀( 早乙女 貢 著)デイジー(10:54)広済堂出版 1992年
〔討つは今!まっしぐらに暁闇をついて京へ、本能寺へと天下取りの野望に燃えて光秀は起つ。〕


913*五月雨(さみだれ)ごろし――若さま侍捕物手帖(城 昌幸 著)デイジー(6:07)春陽堂書店 1951年
〔「五月雨ごろし」、「花見茶番」、「ふたつ姿」など、全6編を収録した短編時代小説。テープもあります。〕


913*殺人者(原田 康子 著)デイジー(9:06)角川書店 1973年
〔北海道で謹慎生活を送っていた社長令嬢は、ある夜、逃げ込んできた殺人犯を匿う。2人の間にはやがて奇妙な感情が芽生えていく。若い娘の揺れ動く複雑な心理を描いた、サスペンス・ロマン。〕


913*獣(じゅう)王子(おうじ)の花嫁[3]――雪の花の誓い(みなづき 志生(しお) 著)デイジー(8:12)集英社 2011年
〔権力をほしいままにするバルテア貴族会議長アズライエを失脚させるため、国王ロシュアントに力添えすることを決心したティーク。アズライエの謀略で失脚し、命を落とした父の家名を継いだティークに対して、次々と暗殺が企てられる。〕


913*獣王子の花嫁[4]――祝福の降る谷(みなづき 志生 著)デイジー(6:38)集英社 2011年
〔サミュアとティークの婚儀が近づくなか、「獣人の谷(ラグドファル)」には各地から異種族・亜人種たちが見物に集まっていた。ティークと交誼のある砂族の王子ヤディとその弟リートもいた。〕


913*人形佐七捕物帳全集3(横溝 正史(せいし) 著)デイジー(13:58)春陽堂書店 1973年
〔「恩愛の凧」、「ふたり市子」、「神隠しにあった女」など、全12編を収録した短編時代小説。テープもあります。〕


913*天は長く――御家人風来抄(ふうらいしょう)[1](六道(りくどう) 慧(けい) 著)デイジー(8:03)幻冬舎 2008年
〔緒方弥(や)十郎(じゅうろう)が二夜をともにしたおりょうが謎の死を遂げた。別れ際に彼女が発した「後朝(きぬぎぬ)の別れでござんすねえ」の一言が気になった彼は、この言葉を手がかりに真相を調べ始める。〕


913*日月(じつげつ)の花――御家人風来抄[2](六道 慧 著)デイジー(7:42)幻冬舎 2008年
〔色白の美女・志づかの虜になった緒方弥十郎は、彼女の兄探しを手伝い始める。そんなある日、弥十郎が不寝番を勤める女金貸し・おらくの家が押し込みに襲われる。〕


913*風雲あり――御家人風来抄[3](六道 慧 著)デイジー(8:00)幻冬舎 2009年
〔江戸では運座が流行、誰もが風流を気取って句を詠む中、弥十郎が用心棒を頼まれた佐(さ)平(へ)衛(え)の家でも「運座のようなもの」が開かれる。だがその夜、何者かに毒を盛られた佐平衛は、「長谷川平蔵」という言葉を遺して事切れた。〕


913 五月(さつき)闇(やみ)――御家人風来抄 [4](六道 慧 著)デイジー(8:49)幻冬舎 2009年
〔弥十郎に深川の乾物問屋から突然縁談話が持ち込まれ、娘の美代が行儀見習いと称して押し掛けてくる。同じ頃、津軽藩の鷹匠から殿の愛鷹探しを頼まれた弥十郎の身辺で殺しが続く。〕


913*花(はな)狩人(かりうど)――御家人風来抄[5](六道 慧 著)デイジー(7:13)幻冬舎 2010年
〔妹の出産を控え、少しの無駄遣いも許されない緒方家。しかし弥十郎が家で見たのは、値上がり必至と評判の高価な蘭の鉢だった。同じ頃、頼まれた仇討ちに乗り出した彼は、死んだ苗売りの男が何かを見た直後に殺されたことを突き止める。〕


913 恋文――御家人風来抄 [6](六道 慧 著)デイジー(7:09)幻冬舎 2010年
〔ひと仕事終えた同じ夜、賊に襲われた田原藩士・渡辺登を助けた弥十郎。三度にわたり起きた藩士襲撃の賊は風来屋を騙っていた。「月見の宴」に仕掛けられた罠を弥十郎は切り抜けられるのか?〕


914*この国のはじまりについて――司馬遼太郎対話選集1(司馬 遼太郎 著者代表,関川 夏央 監修)デイジー(11:16)文芸春秋 2006年
〔この対話選集は、各界の第一人者60人と縦断に語り合った、司馬対談の集大成といえる。第1巻には湯川秀樹との「日本人の原型を探る」、E・O・ライシャワーとの「日本人物史談」等、6篇を収録。〕


917*男と女(渡辺 淳一 著)デイジー(4:23)講談社 2002年
〔男と女が互いに、「あの人の気持ちがわからない」と言い合うのは、相手が自分と同じものだと考えているところに、最大の原因がある。著者の華麗な作品から選びぬかれた男と女の本質に迫るアフォリズム集。〕


918 土佐日記・蜻蛉(かげろう)日記・和泉式部(いずみしきぶ)日記・更級(さらしな)日記([紀 貫之ほか著],池田 弥三郎[ほか]訳)デイジー(13:58) 河出書房新社 1980年
〔わが国最初の男性による船旅日記「土佐日記」、夫婦の愛情問題を主調にした「蜻蛉日記」、三人称の自伝的物語形式による「和泉式部日記」、生涯を回顧して印象的に記録した「更級日記」。〕


933*魔女の目覚め 上・下(デボラ・ハークネス 著,中西 和美 訳)デイジー 上(16:06)・下(16:24)ヴィレッジブックス 2011年
〔その本は図書館の奥でひっそりと眠っていた。彼女を待ちわびるように…。イェール大学の若き歴史学教授ダイアナは、錬金術の研究中にオックスフォードのボドリアン図書館で一冊の写本を手にする。〕


 

 

添付ファイル:
このファイルをダウンロード(図書館だより1309.txt)図書館だより1309.txt[ ]16 kB