Home > 千視協について > 沿革

沿革

  • 2012-11-26 (月) 14:15

★昭和17年11月23日
  「大日本盲人会」結成 (現在の社会福祉法人日本盲人会連合の前身)
★昭和18年5月2日
  「大日本盲人会千葉県支部」結成
  現在の「公益社団法人千葉県視覚障害者福祉協会」の前身
★昭和21年
  「大日本盲人会千葉県支部」を「千葉県盲人会」(県盲会)と改称
★昭和23年8月18日
  「日本盲人会連合(略称、日盲連)」誕生
★昭和31年
  第1回千葉県盲人福祉大会開催(盲人福祉協会主催、県盲会、県師会共催)
★昭和38年
  それまでは、業団体(鍼灸マッサージ業)と福祉団体が一体となって活動して
  来ていたが、この年に分離独立し、千葉県盲人会として純粋に福祉団体とし
  ての道を歩み始める。
★昭和44年
  視覚、聾、肢体障害者の団体が統合一本化し「千葉県身体障害者福祉協
  会」(千身福)が結成され、千葉県盲人会もその一員となる。
★昭和49年4月18日
  千葉県身体障害者福祉協会から独立し名実ともに「千葉県視覚障害者福祉
  協会」(略称「千視協」)と称し、視覚障害者の福祉活動に専念するようにな

  る。
★昭和52年5月25日
  「社団法人千葉県視覚障害者福祉協会」として法人格を取得、新たな一歩を
  踏み出す。
★昭和58年10月21日
  「第31回千葉県盲人福祉大会並びに第4回白い杖の文化祭」(千視協が単独
  主催開始)
★平成6年4月1日
  事務所を、千葉市稲毛区小仲台から四街道市四街道に移転、この年から、
  政令都市千葉市が分離独立。
★平成21年3月24日
  事務所を、四街道市四街道から、四街道市鹿渡へ移転。(それまで社会福祉
  法人愛光の施設を借用していたのを、単独で建設した福祉会館内の事務所
  に移転し、会員の願いが結実する。)
★平成23年4月1日
  公益社団法人格取得に伴い、この法人の名称を「公益社団法人千葉県視覚
  障害者福祉協会」とし、更に公益性の高い事業活動へ踏み出す。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 千視協について > 沿革

Search
Feeds
Meta

Return to page top