Home > 千視協について > 事業紹介

事業紹介

  • 2012-11-26 (月) 14:26

千葉県視覚障害者福祉協会が、実施している事業を紹介します。

●自主事業

1.福祉大会事業
 千葉県下の視覚障害者が一堂に会して、生活環境の改善と福祉増進を図るために、当面する諸問題を協議し、併せて広く県民に理解と協力を求めることを目的として毎年実施される事業です。
2.社会見学事業
 日頃単独で自由に外出することの少ない視覚障害者が、社会的見識を広げるために行う見学・研修事業です。
3.広報活動事業(千視協だよりや会報発行)
 事業活動の状況をはじめ、全国の視覚障害者に関連した情報等を全会員に伝える事業です。
4.会員支援・組織整備事業
 本協会の行う事業への賛同者を増やし、公益法人として必要な視覚障害者に対する支援を行う事業です。
5.交流メーリングの配信
 会員相互の情報や意見交換の場として活用しています。

●県からの受託事業

1.点字・音声即時情報ネットワーク事業
 厚生労働省の委託を受け、「日本盲人会連合」から、毎日インターネットを通じて配信されて来る「政治」・「経済」・「福祉」などの情報(JBニュース)を点訳し、県内の視覚障害者に、無料で送付している事業です。ご希望の方は、どなたにでも送らせていただきますので、千葉県視覚障害者福祉協会事務所までご連絡ください(電話:043-421-5199)。また、電話ナビゲーションでも、JBニュースと地域ニュースを音声でお知らせしております。ご利用ください
 (全国共通サービス電話番号:0570-021802)。
2.視覚障害者社会生活訓練教室開催事業
 この事業は、従来「盲婦人家庭生活訓練事業」及び「盲青年社会生活教室開催事業」として、それぞれ受託していたものですが、県の事情で昨年から一本化されました。本協会としては、現在のところ従来の区割りに沿って実施しています。
(1)盲婦人家庭生活訓練事業料理、手芸、編物、陶芸、ダンス、健康体操など、日々の生活に役立つ内容を取り上げて、ブロック単位で研修を実施しています。
(2)盲青年社会生活教室開催事業タイムリーなテーマを設け教養講座を開きます。また、社会見学を実施し、研修を深めています。スポーツ活動にも力を入れ、盲人卓球(サウンド・テーブル・テニス)、盲人野球(グランド・ソフト・ボール)などのサークル活動を通して視覚障害者の健康づくりをサポートしています。
3.視覚障害者生活向上支援事業
 視覚障害者のための相談・支援室を開設し、中途で視覚障害に陥った方やその家族、視覚障害児を有する保護者やその関係者からの相談に応じています。
 開設日は、原則として毎週水曜日の午前10時より午後4時までとなっていますが、お電話等でご連絡いただければ、可能な限り時間調整に応ずること ができます。また、点字教室を開設し、中途失明の方の読み書き習得の支援を行っています。
 開設日は、毎月第1・第3水曜日の午前10時から12時と午後1時から3時までとなっています。個別的にマンツーマンの指導を行っています。
4.千葉県移動介護従業者等養成研修事業
 視覚障害者の外出支援に携わる同行援護の専門家を育成する事業です。県からの委託を受けて毎年実施しています。
5.視覚障害者情報支援事業
 視覚障害者の読み書き等、コミュニケーション手段の向上のためにIT機器の活用をサポートする事業です。
 開設日は、毎週月曜日と金曜日の午後1時から3時までです。丁寧な個人指導を行います。

●その他

 視覚障害者の啓発事業
 共生社会の実現のため、広く県民に視覚障害者を理解していただく事業です。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tisikyo.jp/wp/kk-suisin/wp-trackback.php?p=19
Listed below are links to weblogs that reference
事業紹介 from 会員活動

Home > 千視協について > 事業紹介

Search
Feeds
Meta

Return to page top