Home > 千視協について > 概要

概要

  • 2013-01-23 (水) 16:28

千葉県視覚障害者福祉会館の開館曜日及び時間

・開館曜日  毎週月曜日から金曜日
・開館時間  10:00~16:00
・休館日  土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始・お盆>

千視協福祉会館は、千葉県視覚障害者福祉会館の略
    千支ボ連は、千葉県視覚障害者福祉協会支援ボランティア連絡会の略

◆概要

 千葉県視覚障害者福祉協会は、千葉県下に在住する視覚障害者の生活環境を改善して、自立と社会参加を実現し、もって福祉増進を図るべく活動する当事者主体の公益社団法人です。そのため、運営は、年1回開催される最高議決機関である定時総会の意向を受けて、視覚障害当事者自身が務める役員会(理事会)が中心となって進めています。
 運営に関わる費用は、会員及び賛助会員が収める会費、千葉県からの補助金や事業の受託費、それに加えて共同募金会からの助成金、さらに県民各層から投じられる寄付金等によって賄われています。とりわけ、高齢会員の多い本協会では、書き損じ葉書や寄付金による資金の比重が大きく、県民の皆様の温かいご支援ご協力をお願いしているところです。

◆ご寄付のお願い

 本協会は、平成23年4月1日より、公益社団法人となり、名実ともに、より公益性の高い事業活動が求められるようになりました。そこで、私たちは、視覚障害者の当事者団体として、視覚障害者がより積極的に社会に参加し、障害があっても社会の構成員として生き生きと生活できる共生社会の実現に向けて事業活動を推進して行こうと考えています。
 しかしながら、残念なことに現況では資金不足が否めません。県下に1万2千名いる視覚障害者の大半は高齢者であることが分かっています。本協会の当事者会員の組織率の低迷も、こうしたところに原因していますが、そのような状況を少しでも改善して多くの視覚障害者に社会に参加していただけるようにするためには、私たち千葉県視覚障害者福祉協会のさらなる活動強化が必要です。是非、県民各層の団体・個人からのご寄付をお願いする次第です。
事業活動に対するご寄付のお願い

◆書き損じ葉書事業について

 千葉県視覚障害者福祉協会では、県下の保育園、幼稚園、小・中学校の協力を得て毎年度、皆様のご家庭にある書き損じ葉書をご提供いただいております。例年2月から3月の初旬にかけて、本協会の回収員が各学校等を訪問し、その集まった書き損じ葉書を回収させていただくことにしています。
 この事業を通して回収された書き損じ葉書は換金され、当協会の運営資金の一部として充当し使用されます。
 財政基盤の脆弱な本協会ではこの事業によって得られた資金が事業活動の継続にとって欠かせないものとなっています。是非、この事業に協力いただける個人・団体がございましたら、本協会事務所までご連絡くださるよう、お願いいたします。また、地域の学校等に赴いて回収の業務をお手伝いいただける方もまだ不足しており、こうした支援に携われる方も事務所までご一報ください(僅かですが、お礼をいたします)。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://tisikyo.jp/wp/kk-suisin/wp-trackback.php?p=5
Listed below are links to weblogs that reference
概要 from 会員活動

Home > 千視協について > 概要

Search
Feeds
Meta

Return to page top