亥鼻時代

 

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 
 

1945(昭和20)年

太平洋戦争終結

 
 

1948(昭和23)年

ヘレン・ケラー来日

 

前身の「千葉県盲人福祉協会」設立 千葉市亥鼻町86番地(現在の千葉市中央区亥鼻)の旧県立盲学校校舎を借り受け「千葉県盲人会館」とする(7月)

1949(昭和24)年

身体障害者福祉法公布

 

同会館内に「千葉県点字図書館」開館 (初代館長・加藤一郎、保有図書は約1,000冊) (10月1日)

1951(昭和26)年

   

「千葉点字出版所」を併設

1953(昭和28)年

   

千葉県盲人福祉協会が社会福祉法人格取得 (初代理事長・加藤一郎)(3月)

厚生省指定点字図書館となる(5月)

1955(昭和30)年

   

県の委託事業として、点訳奉仕の普及を図る一般向けの点字講習会を、県下各地の高校を会場にして開始する

1958(昭和33)年

   

声の図書事業として、テープライブラリーを新設 (日本点字図書館製作テープの中継貸出のみ)

1961(昭和36)年

郵便法の改正により、点字郵便の無料化実施 (6月)

 

小仲台前期

 

千葉市小中台町(現・千葉市稲毛区小仲台5丁目)に事業所全面移転し「盲人福祉センター」と称す。点字図書館は敷地内に残された千葉大学文理学部の旧7番教室、330.57平方メートルを利用して業務を開始、名称を「千葉点字図書館」に改める(11月)

1963(昭和38)年

   

図書館報「千葉点字図書館だより」と機関誌「らんぷ」が創刊される

千葉市の委託による点字版「千葉市政だより」 (月2回、50ページ、140部)の発行を開始する

1968(昭和43)年

   

法人名を「視力障害者愛の友協会」と改称

「千葉点訳奉仕会」(現・千葉点字図書館点訳会)結成

1969(昭和44)年

   

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 

千葉県の委託による点字版「県民だより」(隔月刊、 40ページ、650部)の発行を開始する

点字版「小さな童話」の発行を開始する(全国の盲学校へ無料配布)

1970(昭和45)年

   

録音図書の自館製作を始めるため朗読奉仕者を募集、第1回朗読奉仕勉強会を開催、テープ雑誌「声の週刊朝日」の製作を開始する

1971(昭和46)年

   

「千葉朗読奉仕会」(現・千葉点字図書館音訳会) 結成、機関誌「さざなみ」が創刊される

月刊テープ雑誌「中学生」「高校生」「生活の知恵」の製作を相次いで開始する(いずれも墨字原本の休刊に伴い、平成11年までに廃刊)

1972(昭和47)年

   

小仲台後期

 

千葉点字図書館改築・落成(2月)

点訳者養成のための点字通信教育、中途失明者への点字指導やカナタイプ講習、盲人用具の販売を開始する

1974(昭和49)年

   

日本盲人社会福祉施設協議会(日盲社協)第23回全国盲人福祉施設大会を主管施設として開催

国立国会図書館における学術文献録音サービス開始に伴い、その受付館に指定される

1975(昭和50)年

   

第2代館長として七五三久雄就任(4月)

館主導による朗読者養成講座開始に伴い、朗読指導外部講師として稲垣勝彦氏を迎える(平成2年度まで)

音訳図書をオープンテープ方式からカセットテープ方式に切り換える

第1回読者懇談会を開催(昭和63年以降は講演会に変更)

1977(昭和52)年

全国点字図書館協議会(現・特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会)が組織化

 
 

1981(昭和56)年

第1回日盲社協点字指導員講習会開催

 

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 
 

1982(昭和57)年

国立国会図書館によって、「点字図書・録音図書全国総合目録」が発行され、点字図書館間の相互貸借が大きく前進する

 
 

1983(昭和58)年

第1回日盲社協朗読指導技術講習会開催

 

法人第2代理事長に千田米蔵就任

1984(昭和59)年

   

テープ版「図書館だより」を創刊

1986(昭和61)年

   

千葉県の委託によるテープ版「声の県民だより」の発行を開始する

1987(昭和62)年

   

第3代館長として山口芳夫就任(4月)

1988(昭和63)年

日本アイ・ビー・エム㈱の社会貢献の一環として、点字情報ネットワーク「IBMてんやく広場」(後の「ないーぶネット」)が誕生、同社のハード・ソフト両面からの援助により、点字図書館界にパソコン点訳が普及する

 

パソコン20台と点字プリンターの寄贈を受けて「IBMてんやく広場」に加盟し、プリンティングセンターとしての活動に加えて、点字によるプライベートサービスを開始する

日本点字制定100周年記念展示会および講演会を開催(11月)

1990(平成2)年

   

第4代館長として千田米蔵就任(4月)

音訳指導外部講師として佐藤道衛氏を迎える

1991(平成3)年                            

改正身体障害者福祉法により、点字図書館は視聴覚障害者情報提供施設へと施設種別名称が変更される

 

四街道へ移転後現在まで

 

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 

事業所を四街道市四街道に移転整備。新施設6階を千葉県視覚障害者福祉協会事務所として提供。法人名を「愛光」と改称

1994(平成6)年

「てんやく広場」が個人利用者に開放される

 

点字出版を、従来の亜鉛板製版とローラー印刷からパソコン点訳と高速点字プリンターによる方式に変更する(1月)

在宅視覚障害者に対する自立訓練事業受託開始 (千葉県・千葉市・船橋市)

玄関横に石川倉次の胸像を建立する(10月)

1995(平成7)年

   
 

1997(平成9)年

デジタル音声情報システムデイジー(DAISY)が国際標準として確立される

 

在宅視覚障害者に対する自立訓練事業受託開始 (市川市・松戸市)

1998(平成10)年

   

厚労省の補正予算によってデイジー録音図書2500タイトルが製作され、全国の情報提供施設に配布されたことを受けて、当館も7月から貸出を開始する

1999(平成11)年

   

厚労省の補正予算によってデイジー図書専用再生機プレクストークが全国の視覚障害者に貸与されることになり、当館は、千葉県の受入窓口として、県内の利用者を対象に、219台の貸与作業に当たる (3月)

図書管理システムの導入に踏み切り、データ入力等準備作業に着手する(9月)

2000(平成12)年

   

第5代館長として高梨憲司就任(4月)

千葉点字図書館開設50周年記念講演会「点字と私」(講師・福島智氏)を開催し、合わせて、記念事業として、第1回懸賞作文コンクールを実施する(11月2日)

関東地区点字図書館協議会秋期職員研修会を、当センターが主管施設となって開催する

苦情解決制度創設(第三者委員の設置)

2001(平成13)年

従来のないーぶネットと図書管理システムを併せ持つ総合ないーぶネットがインターネット上で稼動開始

 

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 

法人組織改革に伴い、点字図書館に自立訓練部門を併設、視覚障害者に対する総合的支援サービス提供組織として再編。事業所名を「視覚障害者総合支援センターちば」と改称(以下では管理者を「所長」という)。法人第3代理事長に法澤奉典就任 (4月)

ホームヘルパー等養成研修事業を創設

点訳者養成方法を通信教育から講習会に変更する

2003(平成15)年

   

盲ろう者向け通訳・介助員養成研修事業を千葉県から受託する(平成20年度まで実施)

千葉県・千葉市・船橋市より補装具の取扱い事業者指定を受ける

2004(平成16)年

   

障害者支援施設リホープより、千葉県委託事業である障害者ITサポートセンター事業の移管を受ける

自館製作録音図書のデイジー化に着手する

2005(平成17)年

障害者自立支援法成立

 

千葉県より盲ろう者通訳・介助員派遣事業を受託

千葉県の大規模修繕費補助金を得て、センター外壁の塗装工事を完了する

2006(平成18)年

   

法人創立50周年記念事業の一環として「点字のあゆみ展」を開催し、同じく記念事業として『見えない世界を見てみよう──指から広がる福祉教育──』 刊行

第33回全国視覚障害者情報提供施設大会(千葉大会)を当センターが主管施設となって開催する (10月)

2007(平成19)年

参議院議員選挙と統一地方選挙において、選挙公報の音声訳化が実現される

 

「週刊朝日」のデイジーによる全文音訳版製作を開始する(従来の録音テープ2時間分の抜粋版の製作も継続)

柏市中途視覚障害者自立更生支援事業を受託する

2008(平成20)年

   

法人・施設の動き

西暦(元号)

社会・福祉の動き

 

盲ろう者通訳・介助員養成研修及び派遣事業を千葉盲ろう者友の会に移管(3月)

第6代所長として高橋恵子就任(7月)

千葉市長選挙において初めて選挙公報の点字版・音声(一般CD)版・SPコード版の3媒体による製作を実現する

関東地区点字図書館協議会秋期職員研修会を、当センターが主管施設となって開催する

6点点字の考案者ルイ・ブライユの生誕200年、日本点字の翻案者石川倉次の生誕150年に当たり、日本点字委員会顧問の阿佐博氏を招き、「ルイ・ブライユと石川倉次」というテーマで秋の講演会を開催する

2009(平成21)年

   

新規事業として、千葉県の委託事業である「視覚障害者パソコン利用促進事業」を受託し、パソコン教室36講座を開講する

点字訓練で習得した触読技術の維持・向上を図るため、サロン形式の点字教室を開始する

一般校に入学する視覚障害児に対し、生活訓練および点字教科書製作という形で支援を開始する

2010(平成22)年

改正著作権法施行

視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」が本格稼動(10月)

 

市川市視覚障害者自立生活支援事業の受託契約が終了する

愛光・あかね・トライアングル西千葉共同事業体により、千葉県の障害者IT支援事業を受託する(愛光が代表法人)

視覚障害者自立生活支援事業制度化15周年記念 フォーラム実行委員会主催による、「見えない人・見えにくい人のための支援フォーラム」を開催(当センターが事務局)(9月)

千葉点字図書館開設60周年記念式典を挙行(11月)

2011(平成23)年