会長挨拶

                              会長 古山 日出男

 3年ぶりにコロナによる行動制限のない最大10連休のゴールデンウイークは、前半はあいにくの雨模様の日もありましたが、後半はお天気にも恵まれ、行楽地は久しぶりににぎわったようです。私の地元である木更津や富津の海岸は潮回りも良く、潮干狩りのお客さんで久しぶりににぎわっていました。皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか。

 コロナ感染症はだいぶ落ち着いて来たように見えますが、オミクロン株が蔓延し相変わらず若い人を中心に感染が続いています。3回目のワクチン接種はなかなか進みが悪いようです。そんな中、私も3回目の接種を去る4月2日に行いました。昨年に接種した1回目と2回目はたいした副反応もなく安心しましたが、今度ばかりはそうはいきませんでした。接種の翌日38度の発熱をして体全体が倦怠感に襲われました。急いで解熱剤を服用して休んでいました。みなさんはいかがでしたか。

 さて、少し先の話になりますが、来年度は千視協にとって二つの大きな行事が予定されています。一つは1943年(昭和18年)に現在の千視協の前身である大日本盲人会千葉県支部が設立されて来年で80周年を迎えます。それを記念して何らかの行事を予定しています。
もう一つは、12年ぶりに開催県となる「第58回日本視覚障害者団体連合 関東ブロック協議会千葉県大会」です。千視協では今年度から準備のため、実行委員会を立ち上げて準備を進めて参ります。また会員の皆様にもその節は何かとご協力を頂くことになると思いますので、宜しくお願い致します。

                                (5月6日記す)