会長挨拶

                              会長 古山 日出男

 

 皆様、こんにちは。

 季節は秋から初冬へと移り、朝晩はだいぶ冷え込むようになって来ましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、先日の福祉大会に参加された会員の皆様、お疲れ様でした。コロナ感染症のため、3年ぶりに開催となった福祉大会と白い杖の文化祭、いかがだったでしょうか。久しぶりにお会いになった方たちとは話に花が咲いたことでしょう。

 千葉市民会館での開催も10年ぶりでした。思い起こせば10年前、千視協への理解を深めて頂く為と各地域支部の活性化を目的として地域支部のある地元で開催しようとなって、四街道市を皮切りに柏市、木更津市、成田市、市原市、市川市、我孫子市、旭市の8会場で開催して来ました。そこで一応県内を一巡したことから、また会場を千葉市民会館へ戻そうとした一昨年前に新型コロナ感染症の拡大のため、やむなく中止となり、昨年も同様の理由から2年続けての中止となってしまいました。十年ひと昔と言いますが、
時の経つのは本当に早いものです。来年は福祉大会も70回目を迎えます。

 さて、今年もコロナに明けてコロナに暮れる一年となってしまいましたが、来年こそは穏やかな日常が取り戻せたら良いと切に願っております。今年も残すところ一月余り、風邪などひかれないようお元気でお過ごし下さい。

                              (11月5日記す)