最新ITトピックス」カテゴリーアーカイブ

Zoomアカウントの作成方法

初めに

Zoomにセキュリティーの脆弱性が見つかって以降、Zoomの使い方の掲載を見送っておりましたが、ある程度改善されたとの報道を受け、連載を再開いたします。
アプリの更新がまだの方は、https://zoom.us/download#client_4meeting にアクセスして、最新版の「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードし、インストールしてください。

Zoomクライアントの更新及びインストール

操作方法は以下の通りです。
1.Chromeまたは最新版のEdge、Firefoxの何れかで https://zoom.us/download#client_4meeting にアクセスします。
※InternetExplorerは拡張子が文字化けするエラーが出る為使用しないでください。
2.Tabキーで「ダウンロードリンク、ミーティング用Zoomクライアント」を選び、エンターを押します。
Chromeと最新版のEdgeではShift+F6でダウンロードバー領域に切り替え、ZoomInstaller.exeでエンターを押します。
3.しばらく待つと、Zoomが起動します。
※ユーザーアカウント制御画面やファイアウォールの画面が出た時はTabキーで「はい」や「許可」を選んでエンターを押してください。

Zoomアカウントの作成

1.Start zoomを起動します
2.タブキーでサインインボタンに移動し、エンターを押します。
3.タブキーで無料でサインアップに移動し、エンターを押します。
参考)Googleアカウントやfacebookアカウントをお持ちの場合は、それらのアカウントのいずれかでもサインイン出来るようです。
Webブラウザが開きます(以降Google Chromeで説明します)
4.タブキーで移動すると、
アプリマンス
アプリデイ
アプリイヤー
概要
と移動します。
マンス、デイ、イヤーで下矢印を押すと、項目を選べます。選んだ月などでエンターすると選択されます。
画面には、
「検証のために誕生日を確認して下さい」
と出ており、
マンスでshift+tabキーを押して、ブラウズモードで「サインアップは無料です」から下矢印キーでこの文章を確認出来ます。
また、
「この情報は保存されません」と出ています。
イヤーからタブキーで「概要」まで行ったあと、上矢印キーで、この文章を確認出来ます。
逆向きでは、コンボボックスの操作になってしまうため、上記の方向で矢印キーで移動するようにしています。
マンス、デイ、イヤーを入力し、タブキーを押し、続けるボタンでエンターを押します。
5.画面が切り替わります。タブキーで仕事用メールアドレスを入力エディットに移動し、メールアドレスを入れます。
6.タブキーでサインアップボタンに移動し、エンターを押します。
7.入力したアドレスにメールが送られます。
8.アクティブなアカウント リンクを押します。(メールソフトにより操作が異なります)
9.Webブラウザに切り替わります(Google Chromeとします)
10.タブキーで進んで行くと「Are you signing up on behalf of a school?」はいラジオボタン
と読まれます。学校関係者の場合ははいのままにし、違う場合は右矢印キーでいいえに切り替えます。
タブキーで、続けるボタンに進み、エンターを押します。
11.タブキーで、サインアップは無料ですまで進み、もう一度タブキーを押すと、名エディットと言います。名前を入力します。
12.もう一度タブキーを押すと、姓エディットと言います。姓を入力します。
13.もう一度タブキーを押すと、パスワードと言います。パスワードを決めて入力します。
14.もう一度タブキーを押すと、パスワードの確認と言います。同じパスワードを入れ、タブキーで続けるボタンに移動してエンターを押します。
※パスワードは次の条件に適合していなければなりません。
文字は8字以上である
1つ以上の英文字(a、b、c…)を含む
大文字と小文字の両方を含む
1つ以上の数字(1、2、3…)を含む
パスワードは次のものは使用できません。
1種類の文字のみで入力(11111111またはaaaaaaaa)
連続の数字または連続の文字(12345678またはabcdefgh)

15.友達の招待画面に切り替わります。
16.タブキーで、手順をスキップするボタンに移動し、エンターを押します。
17.テストミーティングを開始画面に移動します。タブキーでマイアカウントへボタンに移動し、エンターを押します。
18.これでアカウントが出来上がります。
19.Start zoomを起動します。
20.メールエディットメールを入力、で、設定したメールアドレスを入力します。
21.タブキーで移動して、パスワードエディットで、設定したパスワードを入力します。
22.次へのサインインを維持のチェックを入れるか、入れないか選びます。スペースキーで切り替えが出来ます。チェックが入っていると、Start Zoom起動時のサインイン画面が次回省略され、同じアカウントで入ります。
23.タブキーで、サインインボタンまで移動し、エンターを押します。
24.これで、Start zoomでのサインインが完了します。

ミーティングの開催方法につきましては、
テレワークやオンライン講習に役立つアプリ「Zoom」のご紹介の「ホスト側」の部分を参照してください。

Google Chrome及びMozilla FirefoxでYouTubeを視聴する

YouTubeがインターネットエクスプローラーのサポートの終了を発表しました。 インターネットエクスプローラーからYouTubeにアクセスすると「このブラウザのサポートはまもなく終了します。快適な視聴をお楽しみいただくためには、ブラウザをアップデートしてください」と表示されたり、ヘルプページでは「YouTube は Internet Explorer のサポートを終了しました。
引き続き YouTube をご利用になるには、ブラウザを Chrome にアップデートしてください。」と言うメッセージが表示されます。

Google社の詳細ページはこちら
快適に視聴するためにブラウザをアップデートする – YouTube ヘルプ

上記のご案内を受けまして、今回はGoogle Chrome及び、Mozilla FirefoxでYouTubeを視聴する方法をご紹介いたします。
尚、Microsoft Edgeにつきましては、4月以降に日本でもChromium版に正式移行する予定が発表されており、移行後はGoogleChromeとほぼ同等の操作で扱える為、移行後はGoogleChromeの部分を参照し、Edgeに読み替えて操作してください。現行のEdgeでは日本語入力を上手く読まない為、説明を省略させていただきます。

Google ChromeまたはMozilla FirefoxでYouTubeを視聴する(JAWS及びNVDAの場合)

1.Google ChromeまたはMozilla Firefoxを起動します。
2.https://www.youtube.com/ にアクセスします。
3.検索欄に移動し、エンターを押します。(JAWSではフォームモードオンと読まれます、NVDAではカシャっと鳴った状態のフォーカスモードになります。)
4.視聴したい動画のキーワードを入力し、エンターを押します。
5.検索結果が表示されたら、Hを押して行くと、検索結果のタイトル部分を辿れますので、目的の動画を選びます。(NVDAでHが無反応な時はInsertまたは無変換+スペースでブラウズモード(ポンと鳴った状態)に切り替えます。)
6.エンターを押すと動画の読み込みが開始されます(環境により自動的に再生がスタートします。)
7.JAWSではInsertまたは無変換を押しながらZを押し仮想PCカーソルをオフにします。NVDAではInsertまたは無変換を押しながらスペースを押しフォーカスモードに切り替えます。
8.fを押すとフルスクリーンモードに切り替わり、jで巻き戻し、kで再生/一時停止、lで早送りの操作が出来るようになります。 ※動画の先頭とスクリーンリーダーの読み上げが重なってしまう時は、Ctrlキーで読み上げを止めてから、jで巻き戻すと先頭からスムーズに聞き取れます。
9.再生終了後や途中で一時停止してからエスケープキーを押すと全画面表示を終了します。
10.検索結果一覧に戻るにはAlt+左矢印を押してください。
11.完全に終了するには、Alt+F4を押し、ChromeまたはFirefoxを終了させます。

Google ChromeまたはMozilla FirefoxでYouTubeを視聴する(PC-Talkerの場合)

1.Google ChromeまたはMozilla Firefoxを起動します。
2.https://www.youtube.com/ にアクセスします。
3.検索欄に移動し、検索キーワードを入力します。
4.Tabキーで「検索の 確認」と読まれる部分に移動し、エンターを押します。
5.検索結果が表示されたら、「ナビゲーションのスキップの 確認」と読む部分でエンターを押します。
6.Tabキーで目的の動画を選び、エンターを押すと動画の読み込みが開始されます(環境により自動的に再生がスタートします。)
7.Ctrl+スペースを押し、ナビゲーションキーをオフにします。
8.fを押すとフルスクリーンモードに切り替わり、jで巻き戻し、kで再生/一時停止、lで早送りの操作が出来るようになります。 ※動画の先頭とスクリーンリーダーの読み上げが重なってしまう時は、Ctrlキーで読み上げを止めてから、jで巻き戻すと先頭からスムーズに聞き取れます。
9.再生終了後や途中で一時停止してからエスケープキーを押すと全画面表示を終了します。
10.検索結果一覧に戻るにはAlt+左矢印を押してください。
11.完全に終了するには、Alt+F4を押し、ChromeまたはFirefoxを終了させます。

シナノケンシ株式会社より プレクストーク新型コロナウイルス感染症対策によるお問い合わせ窓口の一時的な業務内容変更のご案内

 

新型コロナウイルス感染症対策に関連しまして、シナノケンシ株式会社より、プレくストークのお問い合わせ窓口の業務内容変更のお知らせがありました。

変更期間 : 2020年3月27日(金)~事態終息の目途が立つまでの間
変更する業務: プレクストークの使い方に関する電話相談の受付中止
※修理、サービスパーツのご注文は受付けております。
電話番号 : 050-5804-1177
営業時間 : 平日11:00から16:00までの受付

全文はこちら
新型コロナウイルス感染症対策によるお問い合わせ窓口の一時的な業務内容変更のご案内

上記の期間、取扱説明書及びメーカー公式のヘルプで確認可能な使い方については視覚障害者総合支援センターちばでも使い方のご案内の対応出来るようにいたします。

電話番号 : 043-424-2546

尚、担当スタッフが不在の場合やすぐに対応出来ない場合、折り返し対応させていただく場合がございますので、予めご了承願います。

パソコン教室・スマートフォン教室について(3月26日現在)

視覚障害者総合支援センターちばでのパソコン教室は、多くの方々よりお申し込みをいただいております。
ありがとうございます。
千葉県でも不要不急での外出の自粛要請がありました。
こんな時だからこそ、オンラインでの講習大歓迎です。
オンラインでの受講を希望される方は、下記お電話かメールにてお問い合わせください。
しっかりとサポートいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

電話:043-424-2546
メール:its[アットマーク]tisikyo.jp
[アットマーク]を@に置き換えて入力してください。

サイトワールド 2019 無料の画面読み上げソフト NVDA ほか

こんにちは、御園です。

本日より、年に1度の視覚障害者の祭典「サイトワールド」が開催されます。

今年の見所は、家電メーカーの出展。AIが家庭に普及し、AIを活用した視覚障害者向け支援技術も開発が行われています。その一端をのぞき見られそうです。

また、本日、初日のイベントでは、無料の画面読み上げソフトとして知られている「NVDA」の相談会も行われます。ITからは職員1名を派遣し相談会において協力します。

NVDAの認定資格「NVDAエキスパート2019」には、現在、日本の視覚障害者4名が合格しており、こちらについても合格者をさらに増やすべく私からも指導を続けています。

高知システム開発 最近の新着情報

高知システム開発からの最近の新着情報についてお知らせします。

詳細につきましては、各URLでご参照ください。

・台風により被災された皆さまへ
http://www.aok-net.com/hcmes.html
「被災されたお客様で、当社のソフトウェア製品の再発行などが必要なかたには、該当する製品を無料で提供させていただきます。」との案内があります。

・学生割引のご案内
http://www.aok-net.com/news/gakuwari.html
「この度弊社では 学生の方のご負担が少しでも軽くなり 弊社製品をご利用頂けるようにと 学生割引を始めました。」との案内があります。

・Windows 10 Update(1809)の不具合について
http://www.aok-net.com/service/winupdqa1809.html
「Windows 10 Update(1809)が原因で、音声が出なくなる・コンピューターが再起動を繰り返す・データが消失するなどの問題が報告されていました。また、点字入力KTOSをお使いのかたは、点字入力が利用できなくなったり、コンピューターが停止したりする場合がありました。最新のWindows 10または、KTOSの最新版では、これらの問題が修正されています。」との案内があります。

・PC-Talker 10・NetReaderⅡの販売に関します、お詫びと訂正
http://www.aok-net.com/news/pctkneofixnews.html
「先日配信いたしました「PC-Talker Neo」と、「PC-Talker Neo Plus」のご案内の中で、『PC-Talker 10・PC-Talker 8Ⅲ・PC-Talker 7Ⅴ・NetReaderⅡ』は、2019年8月30日で販売終了とお知らせしておりましたが、お客様への周知や、新しい定額システムの導入や準備にお時間がかかるお客様(法人・団体様)に配慮して販売期間を延長させていただくことになりました。」との案内があります。

NVDAがJAWSを超えて首位に、

こんにちは、御園です。

NVDAがJAWSを抜いて世界シェア1になったという調査結果が発表されています。

今回、NVDAのユーザー数の増加について少し考えてみると、JAWSやその他のスクリーンリーダーを使っていた人が、
コストのかからないNVDAに乗り換えたのか、それとも、新たにパーソナル・コンピューターを使用し始めた視覚障害者が、
経済的に負担の少ない範囲で、無料のスクリーンリーダー「NVDA」を導入したのか、気になっています。
世界的な視覚障害者の貧困層を支援する技術としてNVDAが導入されつつあるという、現実を確かめてみたいです。

いずれにせよ、NVDAの開発の末端でたずさわる身として、
NVDAの目的の一つ視覚障害者がより貞コストでコンピューターを使えるようにすることについては達成されつつあると考えています。

・ユニバ・リポート:NVDAがJAWSを超えて首位に、Androidも上昇--WebAIMのスクリーンリーダー利用状況調査 – 毎日新聞
https://mainichi.jp/universalon/articles/20191002/org/00m/040/013000c

9月20日リリース iOS 13 更新は要注意!

こんにちは、御園です。

Appleでは、9月20日にiPhone等の最新OS「iOS 13」をリリース予定です。
iOS 13 対象の機種においては、お手元のiPhoneでは通知等でiOS13への更新を促されると思います。

沢山の新機能がつまった iOS 13 ですが、現状は、更新しないでください。
開発者向け・テスト協力者向けに配布されているパブリックベータ版では、一部のアプリが正常動作しないことを
確認しています。先日来から評判の Anvision は、9月19日現在、動きません。

改善された修正プログラムもまもなくリリースされると思いますので、それをお待ちください。

視覚障害者のエンジニアが開発「高機能白杖」の優れた性能とは

日本国内でも注目を集めています。

視覚障害者のエンジニアが開発「高機能白杖」の優れた性能とは – ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/17062941/?fbclid=IwAR3jhPfaiXznAsLLz9kLbNKyFo7jBHMIg1NXFBv5IUT7OQF_oQd-gLn15Ls

上記より抜粋

従来の白杖は、道上の点字ブロックや足下にある障害物の有無などを確認するための、最低限の役割しか持っていない。
一方で「WeWALK」は、使用者が目的地に安全に、効率的に、そして自力でたどり着けるように最新技術を駆使したいくつかの優れた機能を持っているのだ。
まず、障害物は足下だけではないという認識のもと、センサーで、胸の高さより上にある障害物を検知し、振動で教えてくれるという。
そして、特定アプリをスマホにインストールすると、Bluetoothを介してスマホと「WeWALK」が連動する仕組みになっている。

Windows 10 Update(1809)の不具合について

高知システム開発より、以下のような記事が出ていますので、ご案内いたします。

Windows 10 Update(1809)が原因で、音声が出なくなる・コンピューターが再起動を繰り返す・データが消失するなどの問題が報告されていました。記事の詳細は高知システム開発のお知らせページをご覧ください。

当センター、ITでは。最新のWindows10 Update 1903へのアップデートのおてつだいをさせていただいております。

お気軽にご相談ください・

電話:043-424-2546

メール:its@tisikyo.jp